雑学

中高一貫校のメリットとデメリットをチェック!学費は高額?

投稿日:

中央一貫校 

中高一貫校生徒の勉強風景

今流行りの中高一貫校について、いろいろと紹介していきます!

中高一貫校とは、その名の通り6年間一貫教育で高校受験がありません。

中高一貫校が人気のある理由は、中学受験だけで高校受験がないことでしょう。

さらに、有名大学への進学率が高いこともあります。

しかし、中高一貫教育は6年間でかかる学費はとても高いのも事実です。

また、子供は厳しい中学受験を受けなくてはなりません。

そのため、子供と親にかかる負担は非常に大きいのです。

ここまでして中高一貫教育を目指す魅力とは何だと思いますか?

学費が高額というのは本当なのか、ここで考えていきましょう!

アドセンス

スポンサーリンク

中高一貫校のメリットについて

中高一貫校

中高一貫校のメリットとデメリット

何といっても

高校受験がないこと

が最大のメリットです。

高校受験がなく、6年間という長い期間で、学習、部活動などに取り組むことができます。

 

中高一貫校を受ける生徒は、中学受験で合格し、学力が同じレベルの生徒が集まります。

ですから、自分の学力に見合った授業を受けられ、学習がスムーズに行きます。

 

高校受験がないので、高校受験を意識した詰込み型教育を受ける必要がありません。

暗記中心の学習にならなくてすみます。

とくに理科や社会は、実験や課外授業などの経験を積むことで充実した学習ができます。

 

中学受験の段階で、多くの生徒は、小学6年生の時に中学2年生程度のことは終わっているのです。

ですから、ハイレベルな授業を積極的に問題なく、こなしていくことができます。

高校2年生で、高校で学習する内容はすべて終わり、大学受験へと向かう準備をはじめていきます。

 

その結果、難関校と呼ばれる

東京大学をはじめとする旧帝国大学、慶應大学、早稲田大学、上智大学、ICU(国際基督教大学)

MARCH(明治、青山学院、立教大学、中央大学、法政大学)

などに多数合格しています。

大学への推薦枠を中高一貫校が多くもっている点もあるのです。

 

その他に、中学受験の際に、学校説明会を受けます。

志望する多数の学校の教育方針、校風などを事前によく知ることができます。

そのことで、子供の性格・個性にあった学校選びができるのです。

同じような性格、気持ち、雰囲気をもった生徒が集まるということです。

 

以上のようなことから、中高一貫校では『社会問題』となっている『イジメ』や『学級崩壊』は少ないと考えられています。

 

中高一貫校のデメリットについて

『高校受験がない』ということで、一部の生徒の中には

だらだらと授業参加し、定期テストだけ何とかクリアできればよい

という状態が起きてしまいます。

それが最大のデメリットです。

 

授業がハイレベルなため、授業について行ける生徒と、ついて行けない生徒もうまれていくでしょう。

その原因は、実は中学受験にあるのです。

中学受験で運よく志望校に合格した生徒がいます。

それと、余裕とまではいいませんが、自分の学力のレベルにあって合格した生徒がいます。

その学力の差が、中高一貫校の授業が始まった段階で大きくなるわけです。

運よく合格した生徒は、塾などを活用し、頑張って授業についていくように努力しなくてはなりません。

しかし、中高一貫という周囲の余裕のある雰囲気から、自分だけが努力することに踏み切れない生徒がいます。

そうして最悪の場合は、留年となってしまいます。

 

また、中学の段階で校風、教育方針が合わないと感じ、他の高校受験をしようとした時に問題が起きます。

もちろん、他の高校を受験することはできます。

ただし、他の高校を受験した場合は、試験に落ちても、元の学校へ戻ってこられないのです。

 

人間関係については、6年間は同じ生徒のあつまりですので、

新しい友人関係に恵まれない場合

があります。

 

一般に、中高一貫校へ行くのに徒歩や自転車で行けることは、あまり聞いたことがありません。

バスや電車などで通学しなくてはならず、通学路線が複雑であったり時間がかかる場合もありますね。

 

中高一貫校にかかる学費は本当に高額なのか?

中高一貫

中高一貫校は学費が高額

中高一貫校といっても『公立の中高一貫校』と『私立の中高一貫校』では、大きな学費の差が出ます。

一般的に、公立の中学は義務教育です。

公立の高校は、授業料の無償化があります。

それと比べれば、学費は高いといえます。

とくに『私立の中高一貫校』は、非常に学費が高いです。

 

学費を具体的な数字でみていきましきましょう!

まず、中高一貫校を子供に受けさせる親の世帯の年収は、

500~1000万円

といわれています。

もちろん、世帯年収の数字には幅があり、

700~800万円

が多いとされるようです。

『公立の中高一貫校』にかかる学費の平均は、

約354~390万円

となっています。

『私立の中高一貫校』になると、ぐっと学費は上がり、

約780万円程度

になります。

要するに

公立の倍ぐらい私立では学費がかかります。

 

さらに、『私立の中高一貫校』で高いところはずば抜けていて、

およそ1000万円

というところもあります。

これなら、レクサスなどの高級車が買える金額です。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今、親の間で流行りの中高一貫教育について、いろいろと紹介してきました。

いかがでしたか?

 

メリットだけではなく、デメリットがあることも分かってもらえたと思います。

また学費は、とくに私立の中高一貫は、

ずば抜けて高いです。

中学受験のために、大手塾で高額な費用を使い、さらに中高一貫校でまた高額な学費が必要となります。

「教育は医療のように、そんなにお金がかかるのか?」

「世の中おかしいのではないか?」

という疑問の声が聞こえて来そうです。

 

普通の公立中学へ行き、公立高校を受験し、難関大学へ合格している人は大勢います。

中高一貫教育だけが、すべてではないということです。

 

子供が将来、社会へ出ることを考えて、様々な夢や願望があると思います。

まずは、親が子供の将来へのレールをしいてしまうのではなく、子供の考えや気持ちを大切にしてください。

そのうえで、子供を中高一貫にするのか決めましょう。

一番大切なのは、子供の個性を伸ばすということなのです。

 

中高一貫校というやり方が、絶対ではありません。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.