美容・健康

白髪染めアレルギーの症状と成分をチェック!個人で対策は可能?

投稿日:

ヘアカラーをする女性

ヘアカラーをする女性

ある一定の年齢以上になると、薄毛と並んで悩みの種になるのが『白髪』

はじめは切ったり抜いたり。

ヘアマスカラで対処していた部分的な白髪も、広範囲になってくると、根元から白髪染めをするようになるでしょう。

そして、きれいな黒髪を保つためには、定期的に白髪染めを繰り返さなければいけません。

しかし、最近では

『白髪染めアレルギー』

と呼ばれるものに注意が必要だと言われています。

たった一度の白髪染めで、重篤なアレルギー症状が出た人もいるのです。

白髪染めをすると、なんとなくいつも痒いけど、これってもしかして…?

なんて自分のアレルギー症状に気が付かず、対処をしていない人もいます。

ここでは、知らないと恐ろしい『白髪染めアレルギー』の症状や原因となる成分、さらに対策について調査していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

『白髪染めアレルギー』の症状

さて、近年増えているのが『化学物質』によるアレルギーです。

『化学物質』によるアレルギー症状は、

  • 化粧品
  • 毛染め
  • 湿布
  • 塗り薬

などの直接皮膚に塗りこむものを使用して起こるケースも多いようです。

とくに

白髪染めアレルギー』

に悩まされる人が、最近では増えてきています

 

『白髪染めアレルギー』は、主に皮膚に症状が表れることが多いようです。

具体的には、次のような症状が表れます。

  • 頭皮のかゆみ・湿疹
  • 頭皮のできもの
  • 頭皮がピリピリとしてしみる
  • 首や顔の腫れ
  • 首や顔がただれる
  • 瞼がはれる
  • 頭皮湿疹や蕁麻疹ができる

これらの症状に加えて、抜け毛が増えたり薄毛に悩まされるケースもあるようです。

また、重度のアレルギーでは

『アナフィラキシー症状』

を引き起こすこともあります。

  • 動機
  • 呼吸困難
  • 全身の蕁麻疹
  • 血圧低下
  • 嘔吐

このような危険な症状が表れることもあるのです。

白髪染めで一度でも『アナフィラキシー症状』が現れた場合、二度と白髪染めを使用するべきではない

と、消費者安全調査委員会も警告をしているくらいなのです。

使い続けることで重症化する『白髪染めアレルギー』

自宅で白髪染めを行う女性

自宅で白髪染めを行う女性

『白髪染めアレルギー』は、いつ・どのタイミングで起こるか分かりません。

同じ『白髪染め』を行っても、症状が出始めない人もいれば、一度の白髪染めでアレルギー症状が出てしまう人もいます。

アレルギー症状が出ないからと言っても、白髪染めを継続的に行うことで、ある日突然アレルギー症状が出ることもあります。

また、とくに危険なのは、

一度白髪染めによるアレルギーが出ても、治ったと勘違いをして再度使用を続けることです。

このような場合、一度目のアレルギー症状よりも症状が重症化してしまうケースもあるようです。

一度目の白髪染めでは、気にならないほどのかゆみ程度だったものが、継続的な白髪染めで、顔全体の腫れや湿疹などを引き起こすこともあります。

一度でも頭皮や顔、首などの皮膚に異常を感じたら、すぐに白髪染めの使用をやめて、対策をしなければいけません。

 

『白髪染めアレルギー』の原因となる成分

『白髪染めアレルギー』の原因となるのは、

『酸化染毛剤』

と呼ばれるものです。

『酸化染毛剤』は、カラーリング剤の中でも、とくに皮膚へのアレルギー症状を引き起こしやすい成分として、消費者安全調査委員会が注意をしています。

この『酸化染毛剤』の中には、アレルギー症状を引き起こす原因となる物質がいくつも含まれています。

その中でも

『パラフェニレンジアミン』

という物質は、『白髪染めアレルギー』を引き起こす可能性が非常に高いです。

そして、『パレフェニレンジアミン』が、市販の白髪染めや美容室での白髪染めのほとんどに含まれているというのです。

そうなってしまうと、増え始めた白髪に

「一体どう対処したら良いの?」

と悩む人も多いでしょう。

次に『白髪染めアレルギー』の対策についてお話しましょう。

 

『白髪染めアレルギー』の対策

既に『白髪染めアレルギー』に悩む人も、まだアレルギー症状は出ていないという人も、『白髪染めアレルギー』への対策は重要です。

  • 一度でもアレルギー症状が起きた染毛剤の使用は即刻中止
  • 『パレフェニレンジアミン』の含まれていない染毛剤を使用
  • 生理中や体調不良時には白髪染めを行わない
  • ヘアマニキュアやヘナで代用する

個人では、これらの対策を行うことができるでしょう。

 

とくに、最近では『白髪染めアレルギー』への不安から、

  • ヘアマニキュア
  • トリートメント
  • ヘナ

による白髪染めを利用する人が増えてきています。

また、『白髪染め』による将来的に抜け毛や薄毛などへの不安の声もあります。

『白髪染めアレルギー』は、誰にでも起こり得る症状です。

日頃から対策をしておくことが大切ですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『白髪染めアレルギー』の症状や原因となる成分と、その対策について調査しました。

『白髪染めアレルギー』の症状は、

  • 頭皮のかゆみ・湿疹
  • 頭皮のできもの
  • 頭皮がピリピリとしてしみる
  • 首や顔の腫れ
  • 首や顔がただれる
  • 瞼がはれる
  • 頭皮湿疹や蕁麻疹ができる

さらに、これらの症状に加えて、抜け毛や薄毛などに悩まされる人もいます。

また、重度のアレルギーでは『アナフィラキシー症状』を引き起こすこともあり、『白髪染めアレルギー』は非常に危険です。

消費者安全調査委員会が注意をしているように、

市販・美容室での『酸化染毛剤』

は、アレルギーの原因となることが分かっています。

既にアレルギー症状が表れている人はもちろん、症状が表れていない人も自分自身での対策を行うことが大切です。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FUGURI

好きな食べ物:パン、アイス、ハチミツ、ウイスキー。 趣味:ライブ参戦、パンの食べ比べ、コスメ収集、インターネットショッピング、お尻トレーニング。 基本的には健康オタクです。 最近ハマっているものは酒粕とハトムギです。 皆さまに読みやすい記事をお届けできますよう努めてまいります。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.