仕事

転職回数の多い30代におすすめの職務経歴書の書き方を紹介!

更新日:

転職活動では、志望先に履歴書や職務経歴書を提出することになるでしょう

履歴書の場合、志望動機や自己PRを書く場合を除き、基本的には事実関係をそのまま書くだけですから、工夫の余地は多くありません。

市販の履歴書の記入欄を埋めていくだけですので、構成も決まっています。

しかし、職務経歴書の場合、何をどのように書くか、どのように構成するかによって、内容が大きく変わってきます。

それによって、

採用担当者が受ける印象

も大きく変わってくるのです。

とくに30代の人の場合、転職回数が多い人もいるでしょう

中には10回近く転職した人もいるかもしれません。

そんな転職回数の多い人が転職に成功するためには、すぐれた職務経歴書を作成することが非常に重要となるでしょう。

そこで今回は、転職回数の多い30代におすすめの職務経歴書の書き方を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

アドセンスリンクユニット

職務経歴書の重要性

30代の男性

30代の男性

書類審査を突破する必要

転職で採用してもらうには、しっかりした職務経歴書を書くことが大切です。

転職の応募では、まず、履歴書、職務経歴書を提出して、書類審査を受けることになるでしょう。

書類審査に受かって初めて、面接を受けられることがほとんどです。

書類審査に受からなければ、

面接で自分をアピールするチャンスは与えられない

というわけです。

書類審査を突破するには?

転職回数が多い30代の人にとっては、転職回数の少ない人や20代の人以上に、書類審査が大きな関門となります。

転職回数が多いと、

『我慢強さに欠ける人』

などと烙印を勝手に押されて、不利になる傾向があるのです。

また、社会人として過ごしてきた期間が長いほど、

これまでのキャリアをシビアにチェックされる

ことになります。

職務経歴書から読み取れるキャリア、能力、人物像が魅力的なものでなければ、書類審査で不合格になってしまうでしょう。

職務経歴書は、職歴を普通に書けばいいだけのものではありません。

採用担当者に悪い印象を与えず、魅力を感じてもらえるように、

工夫して書く必要があるのです。

 

転職回数が多い30代の職務経歴書

電話する男性

電話する男性

長くなりすぎないように注意!

転職回数が多い30代の人の場合、どのような書き方で職務経歴書を書けばよいのでしょう。

まず、そのような人の場合、書く材料がそれだけ多くなります。

しかし、

職務経歴書があまり長くなってしまうと、読みづらくなってしまいます。

そのため適度な分量に収める必要があります。

自分をうまくアピールするためにも、書くべき内容を適切に選び、よく整理して書かなければなりません。

転職回数の多さが目立たないように!

もう一つ注意したいのは、

転職回数が多いことがあまり目立たないように、

工夫して書くということです。

転職回数は変えようがありません。

職務経歴書をどのような書き方で書くかによって、読む人に与える印象は変わってきます。

『どこの職場でも長続きせず、たいした経験をしてこなかった人』

という印象を与えないようにする必要があるでしょう。

『さまざまな経験をして、役に立つスキルを身につけてきた人』

と思ってもらうことが重要です。

うそを書いてはいけませんが、何年も仕事を続けていれば、身についたものは必ずあるはずです。

それを強調して、マイナス面が目につかないように工夫しましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

具体的な書き方

さまざまな職務経歴書

さまざまな職務経歴書

職務経歴書の3つのフォーマット

以上をふまえて、望ましい職務経歴書の書き方を考えていきましょう。

職務経歴書のフォーマットには、おもに次の3つがあります。

編年体式

職務経歴を古いものから順に並べて書いていくフォーマットです。

時系列がわかりやすく、最も一般的な書き方でしょう。

逆編年体式

職務経歴を新しいものから順に並べて書いていくフォーマットです。

最近の職務経歴を強調するのに適しています。

キャリア式

職務経歴を職種や分野ごとにまとめて書いていくフォーマットです。

それぞれの職種や分野でどのような経験を積んできたかがわかりやすくなります。

おすすめのフォーマット

最もオーソドックスなフォーマットは『編年体式』です。

うまくまとめられるのであれば、『編年体式』で書くのもよいでしょう。

しかし、転職回数の多い人の場合、『編年体式』で書くと、それぞれの会社と、そこでの職務内容を、ただ羅列しただけになってしまいがちです。

また、年代順にすべての勤務先について書くと、転職回数の多さが目立ってしまうデメリットもあります。

だからといって『編年体式』がダメというわけではありませんが、転職回数の多い30代の人の場合、

『キャリア式』

のフォーマットで書くのがおすすめです。

『キャリア式』での書き方

営業、接客、事務など、複数の職種を経験してきた人は、それぞれの職種別に、自分がやってきたことを要約しましょう。

1つの職種しか経験していない人は、たとえば事務であれば受注業務、庶務、人事などのように、分野別に整理すればよいのです。

いずれの場合も、必ずしもすべての職歴を取り上げる必要はありません。

自分がアピールしたい内容

ほど詳しく説明して、それ以外は簡潔にしましょう。

たとえば、営業職に応募する場合、営業やそれに近い仕事の経歴を強調します。

『キャリア式』の職務経歴書といっても、具体的なまとめ方や体裁はさまざまです。

ネット上でサンプル、テンプレートなどを見つけて、見本にしてもよいでしょう。

 

『キャリア式』職務経歴書の見本

次に『キャリア式』の職務経歴書の一例を示します。

 

職務経歴書

 

2018年7月7日

佐藤太郎

●職務要約

生命保険の個人営業、靴の専門商社での法人営業の経験があります。特に生命保険の個人営業では、新規契約の獲得で成果を上げることができました。営業事務の経験もあり、データをもとにした売上分析等も担当していました。

 

営業に関わる経歴

・2012年5月~2013年3月

株式会社○○ 靴の専門商社での法人営業

<職務>靴専門店、百貨店、量販店を対象とした、自社ブランドの靴の営業

 

・2016年7月~現在

○○生命保険株式会社 個人営業

<職務>生命保険の既存契約者へのフォローと新規契約者の募集

【実績】契約獲得数 ○○件

2017年度の個人売上高 ○○万円(部内順位22名中4位)

 

事務に関わる経歴

・2014年4月~2016年6月

○○株式会社 ソフトウェア販売会社の法人営業部での営業事務

<職務>営業スタッフの売上管理、顧客データ管理、見積書・請求書の作成

 

●自己PR

生命保険の個人営業では、入社して数か月のうちに、先輩社員に伍して好結果を出せるようになり、入社の翌年度には部内でも上位の成績を収めました。

お客様が求めていることを察知して、迅速に対応する能力には自信があります。

営業事務の経験もあり、緻密にデータを分析したり、見やすい文書を作成したりする技術も会得しています。

 

以上

 

 

この例の場合、経歴を営業と事務に分けてまとめています

このようにすると、営業なら営業、事務なら事務で、どのような経験をしてきたのかが、わかりやすくなるのです。

アピールできる実績や取組み

などがあれば、書くようにしましょう。

職務要約、各職種の経歴、自己PRにつながりをもたせると、職務経歴書全体で説得力のあるアピールをすることができます。

職務要約は入れずに、各職種の経歴の初めに、その要約を入れてもよいでしょう。

なお、職歴がもっと多い場合は、もう少し長くなってもかまいません。

ただ、最大でも

A4サイズで2枚くらい

の分量にとどめたほうが、長すぎず読みやすいですね。

素晴らしい職務経歴書を作成するなら、プロに見てもらうことをオススメします。

自分の視点だけで書いた職務経歴書は、本当に正しい職務経歴書になっているのでしょうか?

正解がわからない以上、第三者からの意見は貴重です。

しかも、その道のプロならアドバイスも的確です。

無料なので、利用しない手はないですよ。

↓↓↓

転職サイトはDODA

まとめ

飛躍

転職で飛躍

転職回数の多い30代の人が採用されるためには、

職務経歴書の書き方

が重要となります。

 

転職回数が多いと、ダラダラと長くて、アピールポイントのはっきりしない職務経歴書になってしまいがちです。

そのために、

的を絞り、重要な点を強調する

ことを意識して、構成や文章を工夫しましょう。

 

転職回数が多い、30代の職務経歴書のフォーマットは、

『キャリア式』

がおすすめです。

職種別や分野別などで経歴をわかりやすく整理して、アピールすることができますし、

転職回数の多さが目立たない

というメリットもあります。

 

転職回数の多い30代の人が転職を成功させるには、それなりの努力と工夫が必要です。

頑張って魅力的な職務経歴書を作成し、採用につなげましょう!

転職サイトはDODA

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

soumiya

家で本を読んでいるのが好きなインドア派。でも、たまにちょっとした旅行やドライブに行ったり、近所の銭湯に行ったりするのも好きです。行動範囲は狭いですが、好奇心は旺盛で、ネットでいろいろ調べるのが好きです。役に立つ記事、おもしろい記事を書けるように頑張ります!

-仕事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.