食べ物

メンチカツとミンチカツの違いとは?由来や語源と作り方をチェック

投稿日:

「『メンチカツ』と『ミンチカツ』の違いって何?」

って聞かれて、あなたは正しく答えられますか?

筆者は答えられませんでした。

『メンチカツ』は知ってるけど、『ミンチカツ』なんて初めて聞いた!

と思って調べたところ、

関西圏では『メンチカツ』のことを『ミンチカツ』と呼ぶ

のだそうです。

そのため、

名前が違うだけで、この二つはまったく一緒のもの?

と思っていたら、実は材料が違っていたのです。

関東の『メンチカツ』の場合は、豚、もしくは豚と牛の合い挽き

関西の『ミンチカツ』の場合は、牛ひき肉だけ

なんだそうです。

今回は、そんな、ほとんど一緒だけど、ちょっとだけ違う『メンチカツ』と『ミンチカツ』の違い、その由来や語源と作り方に迫りたいと思います。

アドセンスリンクユニット

『メンチカツ』と『ミンチカツ』の違い

『メンチカツ』の由来や語源とは

まず『メンチカツ』についてです。

『メンチカツ』は、明治時代に東京浅草の洋食店さんが作った

『ミンス・ミート・カツレツ(minced meat cutlet)』

が始まりと言われています。

"ミンスミート"とは、英語でひき肉のこと。

"カツレツ"とは、肉に卵とパン粉で衣をつけて揚げたもの。

そこからミンスがなまって、"メンチ"と呼ばれるようになったようです。

『ミンチカツ』の由来や語源とは

一方で『ミンチカツ』は、神戸の湊川東山商店街のそばに、『関西のミンチカツ発祥』と呼ばれる洋食店があります。

こちらのお店が、

東京の洋食店の『メンチボール(ミートボール)』をヒントに考案したのが、『ミンチカツ』のはじまり

といわれています。

 

といっても、『ミンチカツ』の呼び方については語源がハッキリしないところもあります。

東京のお店で修行して店に持ち帰った際、"メンチ"を"ミンチ"に聞き間違いした説。

はたまた、関西では"メンチ"には、『メンチを切る(にらみつける)』という言葉があり、品のよい言葉ではないため、ミンチと呼ぶようになった説。

前者はともかく、後者はホントかな??という気もしますが、『ミンチカツ』を使っているのは、関西(と中国と四国の一部)だけです。

北海道から始まって関西を飛び越え、九州ではふたたび『メンチカツ』という呼び名が使われているので、もしかしたらそういうこともある……かもしれません。

『メンチカツ』と『ミンチカツ』の肉の違い

そして、次はその材料についてです。

前述のとおり、

関東の『メンチカツ』は豚、もしくは豚と牛の合い挽き

関西の『ミンチカツ』は牛ひき肉だけ

と、このふたつには明確な差があります。

しかし、この差については、単に

『西の牛肉、東の豚肉』

とよばれる食文化の差のようです。

関東では肉じゃが、カレーには豚肉を使うのが当たり前ですが、関西では牛肉が当たり前に使われています。

 

ちなみに、なぜそのような食文化の差が出たかというと、

『農耕で飼っていた家畜の差』

だと言われています。

  • 関東は馬
  • 関西は牛

をそれぞれ飼っていたのが、明治時代に西洋から肉を食べる文化が入ってきたことに伴い、関西はそのまま牛を、関東は馬…。

と言いたいところですが、当時、馬は日本人好みの味ではありませんでした。

あまり馬肉が流行らなかったところに養豚ブームが起きて、それで関東には豚が定着したようです。

スポンサーリンク

アドセンス

おいしいメンチカツ(ミンチカツ)の作り方

メンチカツ

メンチカツ

おいしい作り方のコツ

さっぱり疑問も晴れたところで、次に気になるのは、その美味しい作り方。

知りたいですよね?お伝えしましょう!

美味しいメンチカツを作るときのコツは、

  1. たまねぎを綺麗なあめ色になるまで炒めること。
  2. 粘りが出るまでタネをよく練ること。

この2つです!

そして時間のかかる、あめ色たまねぎを短時間で作るコツは、

みじん切りにした段階で先に炒める前に塩をふって、出てきた水分を絞っておくことです。

そうすることで、水分が早くなくなり炒め時間が短縮できます。

では、さっそくそのコツを元にレシピを紹介しましょう!

メンチカツ(ミンチカツ)の作り方

材料:2人分

合挽ひき肉(牛ひき肉) 350g

卵(M) 1個

生パン粉 大さじ2

玉ねぎ(中) 1個

塩 小さじ1/4

オリーブオイル 大さじ1

粗挽き黒コショウ 少々

にんにく 1かけ

ナツメグ 少々

日本酒(赤or白ワインでも可) 大さじ1

ころも用

溶き卵 1個

パン粉 適量

作り方

  1. たまねぎをみじん切りにし、ボールに塩小さじ1/4と混ぜ合わせ、10分ほど寝かせて、よく水気を絞ります。
  2. にんにくは、あらみじん切りにします。
  3. フライパンにオリーブオイルをひき、中火でにんにくを炒めます。
  4. 香りがたってきたら玉ねぎを加え、あめ色になるまで炒めます。
  5. ボールにひき肉、卵、コショウ、ナツメグをいれ、粘りが出るまでしっかりとこねます。
  6. さらに玉ねぎ、パン粉、日本酒を加え、よく混ぜ合わせます。
  7. 最初に4等分、さらにその4等分を2等分にし、計8個、小判型に丸めて成型します。※
  8. 小麦粉、溶き卵、パン粉の順に、ころもをつけます。
  9. フライパンに油を中火で熱し、ときどき菜箸でひっくりかえしながら、中にしっかり火が通るまで7~8分ほど揚げます。
  10. 油をよく切って、皿に移して完成です。

※両手で何回かキャッチして、よく空気を抜きましょう。

付け合わせはキャベツの千切りが最高です。

そのまま食べてよし!

ソースをつけてよし!

お好みの食べ方でお召し上がりください。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は『メンチカツ』と『ミンチカツ』の違い、その由来や語源とおいしい作り方について、お話しました。

ざっくり要約すると、

『メンチカツ』は関東呼びで、材料は豚、もしくは合挽。

『ミンチカツ』は関西呼びで、材料は牛肉オンリー。

となるわけです。

―――と、ここでこの話を終わりにしちゃうのはもったいない。

絶対、どっちもおいしいに決まってます。

もしよかったら、せっかくのこの機会に、両方作って今夜はビール片手にその味を食べ比べしてみませんか?

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

gretel

おうち料理が大好きです。毎日食べても飽きのこない王道の定番料理からパァっとしたいお休みの日のパーティレシピやスイーツレシピ、楽をしたい時の時短レシピ、毎晩のお酒のおつまみまで色々なレシピを書きます。海外旅行が趣味なので、海外で食べたおいしい料理の再現レシピも得意です。どうぞ、よろしくお願いいたします。

-食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.