イベント

みよしまつり2018の日時(日程)と駐車場やアクセスをチェック!

更新日:

2018年も埼玉県三芳町で

みよしまつり

が開催されます。

このお祭りでは、太鼓の競演、阿波踊り、バンドの生演奏など見どころがたくさんあります。

この数年は、およそ45,000人もの人々が、『みよしまつり』に集まり、大いに盛り上がっていました。

2018年の『みよしまつり』も大盛況になることでしょう。

そこで、当記事では、埼玉県三芳町で行われる『みよしまつり』の、2018年の日程、日時、駐車場やアクセスを紹介していきます!

スポンサーリンク

2018年『みよしまつり』の日時(日程)と場所へのアクセス

みよしまつり

埼玉県三芳町で開催される『みよしまつり』。

2018年の予定は以下のようになっています。

2018年の『みよしまつり』スケジュール

日時(日程) 2018年9月1日(土)

雨天の場合は、2018年9月2日(日)に順延

開催時間 15:00~20:30

場所 三芳町立運動公園・三芳町役場庁舎周辺

イベント予定

花火大会 詳細は未定ですが、例年と同じく2000発の花火が打ち上げられるようです。

阿波踊り

組太鼓

子供ロックソーラン節

なお、2018年度の詳細なイベントスケジュールは、まだ発表されていません。

この『みよしまつり』で、打ち上げられる花火は、『スターマイン』や、『尺玉』など、

約2,000発

が予定されています。

こちらが、みよしまつり花火大会での動画です。

また、2018年も例年通り、阿波踊りや組太鼓などの伝統的なイベントや、子供ロックソーラン節などのイベントも行われる予定です。

ただし、2018年のイベントの詳しい情報は、現時点では未発表です。

 

この『みよしまつり』に参加する基本として、

電車とバス利用

での来場をお勧めします、

というのも、『みよしまつり』周辺の駐車場は、数が限られている上に、当日は

『みよしまつり』周辺道路が一部通行止め

になります。

それでも、どうしても車で行きたい人は、付近にある

三芳小学校に無料で駐車

することができます。

こちらも、もちろん数が限られています。

また、無料ではありませんが、鶴瀬駅、みずほ台駅周辺に有料の駐車場がありますので、そちらを利用してもよいですね。

みずほ台駅周辺の駐車場

鶴瀬駅周辺の駐車場

電車とバスでのアクセス

電車で『みよしまつり』に参加する人は、

東武東上線・鶴瀬駅西口、またはみずほ台駅西口で下車

してください。

『みよしまつり』へのアクセスは、

  • 東武東上線・鶴瀬駅からバスで15分
  • 東武東上線・みずほ台駅からバスで15分

となっています。

バスは

ライフバス5番 鶴瀬駅~みずほ台駅 浄水場入口下車

です。

なお、三芳町の地域で運行しているライフバスは、『みよしまつり』当日は、三芳役場経由は交通規制もあって、

運行していません。

『みよしまつり』に関する、日時、日程、イベント、駐車場などの問い合わせは、三芳町役場へどうぞ。

TEL:049-258-0019

 

『みよしまつり』の打ち上げ花火!スターマインや尺玉とは?

みよしまつり

先述しました『みよしまつり』で打ち上げる花火、スターマインと尺玉。

そもそも『スターマイン』や、『尺玉』とは一体何でしょうか?

それではその説明をしていきましょう。

『スターマイン』とは、『連射連発花火』と呼ばれている花火です。

短時間の間に数十~数百の大量の花火

が打ち上げられます。

そのスターマインを一定の間隔で数ヶ所に並べて設置し、同時に(または端から順番に)打ち上げる花火を、

ワイドスターマイン

といいます

こまスターマインは、複数の花火で『ひとつのテーマ』を描くのが目的です。

短時間に連続して大量の花火を打ち上げるのて、スピード感があって迫力満点です。

もちろん、観客にも受けるため、夏の花火大会ではよく使われます。

次に『尺玉』とは、

一発の大きな花火

を表すものです。

『10号玉』などの『号数』は、花火玉の直径を『寸』(およそ3センチ)で表しています。

この10号玉のことを別名で『尺玉』と呼ぶわけです。(10寸=1尺)

ちょっと想像してみてください。

尺玉は開花したときの大きさが、約300mです。

人間が走ったら、端から端まで30秒以上かかります。

と~てっも大きい花火というわけです!

ところで、世界最大の花火の大きさを知っていますか?

それは『正4尺玉』です。

花火の玉の直径は120センチもあり、重さは

420キロ

もあります。

この花火が開花したときの大きさは、なんと

800m

ですから、まさに超巨大な花火です!!

そもそも420キロの塊を打ち上げること自体、すごいことだと思いませんか?

この『正4尺玉』は、1985年に新潟県の『片貝まつり』で打ち上げられました。

花火師・本田善治氏による作品です。

そして、花火として世界最大のギネスの認定を受けていることでも有名です。

最近では、2013年に第12回『こうのす花火大会』で、4尺玉が打ち上げられました。

実際には直径105㎝で3尺半でした。

それでも、その重さがなんと

430キロ

もある代物です。

これが

『世界で最も重い花火』

として認定された花火です。

スポンサーリンク

 

まとめ

埼玉県三芳町で毎年行われる、夏の名残りの風物詩、『みよしまつり』。

2018年の日時(日程)は、

2018年9月1日(土)15:00~20:30

となっています。

当日は、交通規制もあります。

車での参加も可能ですが、近隣の駐車場を100%確保できる保証はありません。

近くの人は徒歩や自転車、三芳町以外から来る人は、電車とバスを利用する方が無難ですよ。

それでは、2018年も2,000発のスターマイン花火をお楽しみに!

-イベント

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.