テレビ

NHKチコちゃんの毒舌発言を紹介!人気の理由はキャラクター設定?

投稿日:

『チコちゃんに叱られる!』というNHKの番組があります。

チコちゃんという着ぐるみのキャラクターが、

「ボーッと生きてんじゃねーよ!」

と叫ぶさまは、

本当にNHKの番組なのか?

チャンネルをつけ間違えたか?

と思わせる毒舌ぶりです。

しかし、このチコちゃんが、今かなり人気なのだといいます。

当記事で、チコちゃんが人気な理由や、チコちゃんというキャラクターについて紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

チコちゃんとは?キャラクター設定をチェック!

チコちゃんというキャラクターを知っていますか?

NHKで毎週金曜19:57~20:42に放送されている番組『チコちゃんに叱られる!』に登場するキャラクターです。

元は2017年に単発で始まった番組だったのですが、かなり好評だったことから、2018年4月からレギュラー番組化しました。

 

『チコちゃんに叱られる!』は、

「いってらっしゃーいってお別れするとき、手を振るのはなぜ?」

「かんぱーいってするときにグラスをカチン、あれはなぜするの?」

というような、誰もが今では当たり前にしていることに対する、素朴な疑問を大人たちに投げかけ、知らないと

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」

チコちゃんに叱られてしまうという、雑学クイズ番組です。

 

ではこのチコちゃん、どんなキャラクターなのでしょうか?

チコちゃんは、この番組の司会の1人で、着ぐるみのキャラクターです。

着ぐるみながら、顔の表情はCG技術を用いているため、自由に喜怒哀楽を示すことが可能。

チコちゃんの設定も見ていきましょう。

 

チコちゃんは、東京の高級住宅街である白金在住の5歳の女の子。

丸目・丸顔・おかっぱ頭・八重歯が見た目の大きな特徴です。

実はデザインが1度変更されていて、初期は全然違う顔をしていたんですよ。

それにしても、これで5歳ですか。

5歳で、あの毒舌だと将来がものすごく心配になりますね…。

悪い子に育たなければいいのですが…

ちなみに、東京出身のチコちゃんは、なぜか時々、関西弁が出てしまう癖も持っているみたいですよ。

 

チコちゃんの性格は、毒舌で大人を小馬鹿にするような生意気な性格です。

しかし、一方で好奇心旺盛な面もあり、解説映像で登場する専門家たちからは

「チコちゃんは何でも知っているね」

と言われ、その博識ぶりを評価されているんですよ。

(もちろん演出です)

そして、好きな食べ物は粗挽きウィンナー。

また随分とピンポイントな食べ物ですよね…。

粗挽き以外だとダメなんですか。

 

好みのタイプはプロ野球・横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手。

好きな歌は、西城秀樹さんの『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』というマニアックな一面も持っています。

5歳の頃から野球を見ていて、しかも西城秀樹さんの往年の名曲を知っているとは…。

さすが、チコちゃんは専門家が『博識』というだけはありますね。

 

ちなみに、チコちゃんは加工されたような声をしていますよね。

それは、その通りでチコちゃんの声はボイスチェンジャーを通して出ている声です。

では、チコちゃんのCVを担当しているのは誰なのでしょう?

これがなんと、とても意外な人物で…

チコちゃんを演じているのは、『キム兄』こと木村祐一さんなのです。

だから関西弁が出てしまうんですね。

これでチコちゃんの関西弁の謎が解けた気がします。

 

チコちゃんの毒舌発言とは?

喜怒哀楽に満ちた5歳児らしい面も可愛いですが、チコちゃんの最大の特徴と言えば、

毒舌

やはりこの部分だと思います。

このような毒舌のキャラクターは、NHKにしてはかなり珍しいですよね。

チコちゃんは一体どんな毒舌発言をするのでしょうか?

 

チコちゃんの毒舌発言で一番有名なのは、名セリフ?とも言える

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」

だと思います。

セリフだけでなく、その時のチコちゃんの表情も印象的ですよね。

顔は真っ赤になり、目から黄色い炎を出し、さらに頭から白い湯気を出して、汽笛音とともに叫ぶその様は、軽く恐怖を覚える鬼のような表情です。

回答者の回答が、あまりにもおかしかった場合は、

「アホみたいに生きてんじゃねーよ!」

と、さらにキツイ一言が浴びせられます。

 

毒舌発言はこれ以外にもあり、例えば回答者が正解を答えると、

「つまんねー奴だな」

と言い、正解者が二人以上の場合は

「つまんねーんだよお前らは!」

と悪態をつくのです。

間違えれば罵声を浴びせてきて、正解しても罵られるなんて、たまったものじゃありません。

また、正解に近かったり曖昧な答えが出る場合は、

「やりにくいなー」

と言い、その後いきなり難読漢字などの問題を出して、

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」

へ持っていこうとする強引な部分もみられます。

 

チコちゃんの毒舌は、ゲストなどの呼び方にも表れています。

茂木健一郎さんのことは『脳科学』、石原良純さんのことは『都知事の息子』、滝藤賢一さんには『ひじきヘア』など言いたい放題です。

また、番組レギュラーの岡村隆史さんに対しては、時々『岡村』と5歳児にも関わらず年上の岡村隆史さんを呼び捨てにすることも…。

チコちゃんは、たしかに博識ですが、礼儀は欠けているのでしつけが必要かもしれないですね。

ちなみに、なぜ岡村隆史さんを時々、岡村呼びするのかについては、木村祐一さんが岡村隆史さんの先輩に当たるからです。

 

『チコちゃんに叱られる!』が人気の理由

元々は単発番組だったものの、人気だったことからレギュラー番組にまで昇格した『チコちゃんに叱られる!』。

『チコちゃんに叱られる!』は、なぜここまで人気なのでしょうか?

その理由のに、チコちゃんのキャラクター設定が関わっているのではないかと予想されています。

チコちゃんは、かなりの毒舌を持つ幼児という設定で、NHKのキャラクターにしてはかなり珍しいですよね。

実は、この番組は元フジテレビの小松純也さんがプロデューサーを務めていて、小松純也さんといえば、『平成日本のよふけ』で赤さんというキャラクターを演じたことがあります。

毒舌の赤ちゃんという、まさにチコちゃんのルーツとも言える存在ですよね。

こうした、もともと民放にいた人物が担当して作った番組だからこそ、チコちゃんという特殊なキャラクターが生まれたのでしょうし、番組の雰囲気もどこかNHKらしくなさを感じます。

スタッフ弄りなども、NHKの番組だとあまり見かけませんよね。

そして、このNHKらしくない新鮮なキャラクターや演出が視聴者からウケて、『チコちゃんに叱られる!』が人気になったのでしょう。

また、民放の番組制作をしているという人物の話だと、

どうでもいいような疑問に対し、きちんとした専門家に話を聞いたり、現場に行ったり、有名俳優を使って再現VTRにしてみたりと、手間とコストがかかる作り。

コンプライアンスと予算の間でやれることに制限がある民放には、やりたくても、まねできません。

とのことです。

さすがのNHKの予算力、といったところでしょうか。

まぁ、このコメントはソースが日刊ゲンダイなので、信頼に値する情報とは言えませんけどね…。(笑

『チコちゃんに叱られる!』を観るなら『U-NEXT』がおすすめです。

31日間の無料期間があるので、その期間だけ観て解約するのもアリですよ!

U-NEXT

まとめ

NHKの雑学クイズバラエティ番組『チコちゃんに叱られる!』は、単発番組からレギュラー番組へ昇格するほどの人気番組です。

番組タイトルにもなっている5歳児のチコちゃんは、5歳児とは思えない毒舌ぶり。

その一方で、年相応の喜怒哀楽が豊かな表情が人気です。

筆者も何度か『チコちゃんに叱られる!』を見たことがありますが、確かにチコちゃんのキャラクターは生意気ながら、どこか憎めない部分もありますよね。

やはり、実在する人物ではなく、チコちゃんがキャラクターだからでしょうか。

出演者とのやり取りも面白いので、気になった人はぜひ、『チコちゃんに叱られる!』を見てみてください。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-テレビ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.