生活

ゴキブリの出るマンションの特徴とは?おすすめの対策をチェック

投稿日:

マンションの『ゴキブリ対策』は、他の場合とは少し違うようです。

マンションだと、自分の部屋のゴキブリ対策をしっかり行っていても、なぜかゴキブリが出てくる事があるのです。

それにはマンション特有の原因があります。

そこでこの記事では、ゴキブリの出るマンションの特徴や、おすすめのゴキブリ対策について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

マンションの『ゴキブリ対策』のおすすめ

『ゴキブリ対策』マンション

『ゴキブリ対策』マンション

マンションでの『ゴキブリ対策』は、個人で対策が取れるところ、個人で対策の取れないところがあります。

マンションは、戸建て住宅と違い、共用スペースがあるのです。

部屋の『ゴキブリ対策』をしたとしてもゴキブリが出てくるのは、この共用スペースからゴキブリが侵入して来るからなのです。

個人でできる『ゴキブリ対策』は、共用スペースからのゴキブリの侵入を防ぐことになります。

  • 廊下
  • ベランダ
  • 配管スペース

マンションの部屋への主なゴキブリ侵入経路としては、以上が挙げられます。

廊下からの侵入

 

玄関まわりには、外用のゴキブリ駆除剤を置いたり、ゴキブリの嫌がるハーブやアロマの製品で、ゴキブリを寄せつけないようにしましょう。

また廊下側にマットなどを置いている場合はこまめに掃除して下さい。

廊下は、日当たりが良くないマンションが多いことからゴキブリが出やすいスポットになっています。

ベランダからの侵入

 

ベランダに排水口がある場合には、雨水用の配管をつたってゴキブリが移動してきます。

できれば、排水口にネットやストッキングをかぶせると効果的です。

ゴキブリの侵入を防いで、ごみ受けにもなって衛生的です。

エアコンの室外機がある場合には、排水管にも防虫キャップやストッキングをかぶせておきましょう。

さらにエアコンの通気口、換気口などのまわりをすき間のないようにコーキングやパテなどで塞いでおくのも大切です。

 

ゴキブリはジメジメした狭いすき間を好みます。

このような場所は、ゴキブリの侵入経路となりやすいのです。

そしてベランダの窓まわりには、玄関と同じく外用のゴキブリ駆除剤を置いたり、ゴキブリの嫌がるハーブやアロマの製品でゴキブリの侵入を防ぎましょう。

ベランダで、ミントやタイムなどのハーブを育てるのもゴキブリの忌避効果がありますよ。

配管スペースからの侵入

各部屋の排水は、ほとんどの場合は玄関横の配管ダクトを通じて排水されます。

ガス給湯器なども設置されている共用スペースの事です。

この配管ダクトは、上下階とつながっていてゴキブリの侵入路になっています。

気付いている人もいると思いますが、マンションの水回りは一段高くなっていますよね。

これは排水するための勾配をつけるための高さなのです。

お風呂場やキッチンからの温かい排水が流れていて、暖かくて暗いスペースになっています。

ここからの侵入を防ぐために、シンク下や洗面台の配管のき間はテープで塞いでおきましょう。

 

さらに毒餌剤タイプ忌避剤タイプのゴキブリ駆除剤を置いておくと効果的です。

お風呂場の排水口には、髪の毛受けも兼ねてネットタイプのごみ受けをつけておくのも良いですね。

 

個人でできる『ゴキブリ対策』にもう一つ付け加えるなら、ゴキブリよけも兼ねて換気扇はできれば24時間つけておいて下さい。

マンションは気密性が高く、そのために部屋に湿気がこもりやすいのです。

できない場合は、換気扇ネットをつけてゴキブリの侵入を防ぎましょう。

 

ゴキブリのでるマンションの特徴とは

個人でできる『ゴキブリ対策』を紹介しましたが、個人でできない『ゴキブリ対策』に、マンションの特徴があるのです。

マンションの共用スペースは管理会社がメンテナンスを行うもので、個人で勝手にゴキブリの駆除の対策をすることができません。

しかし、この共用スペースがゴキブリの発生源になっている事が多く、駆除が必要なのです。

しかし管理会社に委託していない場合には、マンションの住人で駆除を行う場合もあります。

主なゴキブリの発生源となっているのは

  • ゴミ置き場
  • 電気室
  • 集会室
  • 植え込みや側溝

などの共用スペースです。

ゴミ置き場

マンション・ダストボックス

マンション・ダストボックス

基本的にきれいに使う、掃除をきちんと行うなど、マンションの住人のゴミ出しのモラルが重要になってきます。

ゴキブリがエサを求めてやって来るので、ここでも毒餌剤タイプの駆除剤で巣ごと退治するのが効果的です。

電気室

暗くて狭い所を好むゴキブリには最適の場所です。

また電気機器の中に入り込んで、電気系統の障害を起こしてしまうこともあります。

毒餌剤タイプで確実に退治したい場所です。

集会室

頻繁に使う部屋ではない所です。

備品など、ゴキブリの隠れる場所も多いですね。

定期的に燻蒸剤を使用するなど、部屋まるごと駆除しましょう。

 

植え込みや側溝

植え込みの植栽が伸びてしまうと風通しの悪い湿気の多い所になります。

また落ち葉が側溝にたまってもゴキブリの発生源になってしまします。

植栽の手入れをこまめに行うことが大事です。

植え込みにゴキブリの嫌うハーブを植えるなど工夫が必要です。

 

側溝には、ごみ受けも兼ねて側溝の蓋のグレーチングに網目の細かいシートをかぶせると良いですね。

 

共用スペースの管理が、きちんとできているかによって、ゴキブリの出るマンションかどうかが分かれてくるようですね。

その他にも、ゴキブリの出るマンションの特徴があります。

築年数が経っている

マンションが建って時間が経っている場合は、外壁や配管の劣化が出てきます。

外壁のひび割れからの雨漏りや配管が錆びて、すき間ができることもあるでしょう。

そうなるとゴキブリの好む、

じめじめした環境や外から侵入しやすい状態

になってしまいます。

1階が飲食店やコンビニ

飲食店の厨房には、大きなシンクや大型冷蔵庫があり、ゴキブリの住みやすい暖かくて湿った暗い環境があります。

また排水管や換気口などから侵入しやすくなっています。

コンビニも同じく、調理スペースや大きい冷蔵庫がありますね。

そして店舗のバックヤードや、ごみ置き場には段ボール類や食材のクズ・食べ残しなどゴキブリの発生源になる条件がそろっています。

 

以上の事からゴキブリの出るマンションの特徴は

  • マンションの共用スペースの管理が行き届いていない
  • 築年数が経っている
  • 1階が飲食店やコンビニ

となるわけです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

マンションでの『ゴキブリ対策』は、共用スペースがあることが特徴です。

個人で対策できるものは

  • 共用スペースからのゴキブリの侵入を防ぐ

という事です。

また、管理会社やマンションの住人で対策できるものは

  • 共用スペースをゴキブリの発生源にしない

という事です。

さらにゴキブリの出るマンションの特徴は

  • マンションの共用スペースの管理が行き届いていない
  • 築年数が経っている
  • 1階が飲食店やコンビニ

などが挙げられます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momijibrand

天然酵母を起こしてパンを焼く、趣味の物でフリマに出店する、楽器を習いに行く、凝り性+何ごとも面白がってやる性格です。 仕事・家事・趣味・ライティングにと充実した時間を過ごしています。 『何にでも興味を持つこと』『柔軟な考え方ができること』を心がけて雑学の記事を書いています。 「そうだったのか」と思ってもらえる様にテーマを紹介していきます。

-生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.