サッカー 時事

西野ジャパンが時間稼ぎのパス回しで炎上!海外やネットの反応は?

投稿日:

2018年6月28日、2018FIFAワールドカップロシア大会、日本対ポーランド戦。

日本中が注目し、結果を見守る中、日本代表が1次リーグを突破しました!

とても喜ばしいことなのですが、日本対ポーランド戦の試合内容は観客にとっては残念な部分も。

日本は試合終盤でパス回しで時間稼ぎサッカーに路線変更。

攻めて攻めて攻め勝つ試合を期待していたサポーターには面白くない試合内容だったことでしょう。

今回は、西野ジャパンが時間稼ぎのパス回しで炎上していることについて、海外やネットの反応をチェックしていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

西野ジャパンが時間稼ぎのパス回しで炎上!

西野監督

西野監督

1次リーグ突破をかけた大事なポーランド戦。

スターティングメンバ―にも注目が集まりましたね。

コロンビア戦、セネガル戦と調子のよかったスターティングメンバーで行くかとも思われていましたが、まさかまさかの

6人もメンバー変更

がありました。

安定感のあったスターティングメンバーだったので、いきなり6人も変わることでリズムが崩れないか心配する声も…。

 

しかし、いざ試合が始まってみると、前半は0対0で折り返しました。

試合内容としては、しっかりと守ってしっかりと攻めていた前半。

日本のゴールチャンスも度々あり、後半の展開に期待が持てる雰囲気でしたね。

前半32分には、ポーランドのグロシツキ選手の危険なシュートを、ゴールキーパー川島選手が右手1本でセーブしました!

前の2試合では、ミスによってバッシングを受けていた川島選手。

この試合では、『さすが日本の守護神だ!』という素晴らしいプレーでした。

 

そして、後半もメンバーの変更をせずに試合開始。

しかし、後半2分に岡崎選手にアクシデントが起きて、途中交代となります。

後半14分に、日本のファールからポーランドのフリーキックに。

このフリーキックからのセットプレーでポーランドが先制。

これで、日本の一次リーグ突破が厳しい状況になってしまいました。

 

ただ、時間はまだありますから、なんとか同点に戻したい日本。

しかし日本は、その後何度も、果敢に攻めにいきますが、なかなかポーランドからはゴールを奪えませんでした。

さすがは世界ランキング8位の国といったところでしょう。

 

そんな中、後半の後半でも0対0だったコロンビア対セネガル戦の情報が入ってきます。

コロンビアが1点を先制したということで、このまま日本がポーランドに負けても、

警告・退場数に基づいて計算されるフェアプレーポイント(FPP)

の差で、日本が一次リーグを突破できる可能性がでてきたのです。

 

後半37分に、武藤選手に変えて長谷部選手が投入されます。

その後は、日本代表は攻めにいかずに、

ずっと自陣内でパス回しをする

という異様な状況になったのです。

どうやら長谷部選手がベンチの指示をピッチ上に伝えて、

これ以上失点することやフェアプレーを取られないこと

で、グループリーグ突破をするためのリスクを負わないプレーをしていたのです。

しかし、これには観客も納得できません。

当然ブーイングの嵐。

日本は、それでもパス回しをして、攻めに行くことを完全にやめてしまいました。

観客席では、この試合展開を見て席を立つ人も出てくるほどでした。

そして試合は、そのまま1対0でポーランドが勝利し、日本が負けてしまいました。

その後、セネガルVSコロンビアの試合でもコロンビアが勝利し、日本の1次リーグ通過が決定したのです。

 

1次リーグを突破し、また日本代表の試合が応援できることは喜ばしいことです。

でも、気持ちのいい試合ではなかったことは確かですね。

会場はブーイングの嵐で、とても嫌な雰囲気でした。

ネットでもこの消極的な試合は、話題になっています。

次は、海外やネットの反応をチェックしていきましょう。

 

日本のパス回しについて海外やネットの反応は?

西野ジャパン

西野ジャパン

日本が攻めることをやめて、パス回しで時間稼ぎをしている間は、とても長く感じましたね。

ネットの反応は

「後半20分以上もパスを繋いで時間稼ぎするような試合をするくらいなら予選敗退の方がましだ!!」

「今日の試合、絶対子どもには見せたくない。 」

「最後まで勝ちに行ってほしかった」

「セネガルが追いついたらどうしてたの?」

という厳しい声も多くありました。

しっかりと最後まで戦わないのならば、予選敗退した方がマシだという声がたくさん。

また、子供に見せたくない試合とも言われています。

結果、他力本願でコロンビアに全てを託した形になった試合で、セネガルが同点にしていたらどうしていたんだ?という声もありました。

 

しかし、日本に対して批判的なコメントばかりではありません。

「勝負の世界は厳しいし結果がとにかく全てです」

「ルールに従ってプレーしている以上、卑怯なんてことは一切ない。これもまた実力。」

「結果に徹した西野監督、誇らしき名将です」

「コロンビアがあれから失点する確率は低く、日本が攻めて得点できる確率は高くなく、日本が攻めてカウンターをくらう確率は低くない、ルールを前提冷静な計算をした西野監督の英断を褒めてあげたい」

世界で戦う為には、こうした戦い方も必要だという声も多くありました。

過程もとても大事だと思いますが、勝負の世界で考えると、

『結果がすべて』

ということですね。

そして日本代表のプレーは、きちんとルールに従っているものです。

批判されるようなことではなく、こうして予選突破したことも実力だという声も挙がっています。

また、西野監督の冷静な判断と勇気を称賛する声もありました。

コロンビアがセネガルに引き分けに持ち込まれていた場合は、日本代表は帰国した際に、大きく批判されていたことでしょう。

しかし、そうしたことも考えながら

  • コロンビアが負ける確率
  • 日本が点を取る確率
  • 日本が失点する確率

を考え、パスを回して時間を潰すという選択をとったわけです。

自分たちの試合だけでなく、他のチームの試合までも考えてゲームを構成し、結果的に見事に予選突破したことはすごいことです。

これはバクチだったというよりも、状況をきちんと把握して合理的に判断した上の決断だったのでしょう。

 

海外の反応を見てみると、

「日本は好きだったけど、最後は残念」

「これはまじで情けないぞ」

「日本には悪いがステージ突破に値しないわ」

「こんなことをしてどうして日本を応援できるんだ」

「なんて酷い形での突破だよ。これは恥ずかしいよ、日本」

「これは侍とは呼べない」

など、厳しい言葉が並んでいます。

 

しかし、海外でも批判的な言葉ばかりではなく

「監督はシステムをうまく利用しただけだ」

「日本は正しいことをしたわ」

「正しい戦略だった」

「日本はよくやったよ。もし日本がガンガン攻めてまた失点したら敗退でみんなが愚かだと言うだろう」

と、日本の選択を称賛する声もあったのです。

あの状態だったら日本でなくても、同じ選択をした国も多いという声もありました。

 

大切なことは、1つ1つの試合を勝つことではなく

ワールドカップで勝ち進み多くの試合をする

ということなんですね。

 

日本は、

試合には負けたが、勝負には勝った

ということです。

 

そうはいっても、やはり応援しているサポーターとしては、『勝ちに行ってほしかった』という気持ちから批判の声がでています。

しかし反対に、西野監督が冷静で正しい戦略だったという声もあります。

セネガルVSコロンビアが引き分けになった場合に、多大なバッシングを受けることも考えた上で、すごい判断をしたという声も。

また、日本はこのような戦い方を普段からするようなチームではありません。

『日本以外では、こういったプレーはよくある』という声もあり、

なぜ日本だけが叩かれるのか?

というコメントもありました。

これが勝負の世界なのだと、その深さを感じた試合となりましたね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、西野ジャパンが時間稼ぎのパス回しで炎上していることについて、海外やネットの反応をチェックしました。

 

西野ジャパンは、コロンビアVSセネガルの試合で、コロンビアが勝ちそうと知って、

パスを回して試合終了まで時間稼ぎという戦略

を実行。

 

後半は、日本が攻めずに負けた試合について

「予選敗退した方がマシ」

という声までありました。

海外の反応も

「恥ずかしい」

「ステージ突破と呼べない」

など批判の声の数々。

 

しかし、

ルールを前提に先に進むための冷静な計算をした西野監督の英断を褒めてあげたい

と西野監督を称賛する声も同時にあったのです。

海外からも、

正しい戦略だった

と評価されています。

 

賛否両論ある試合でしたが、

試合には負けたが、勝負には勝った

ということなのでしょう。

日本が、これからどんな試合を見せてくれるのか、期待したいですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-サッカー, 時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.