グルメ

ベーコンマックポークの具材や原材料を調査!カロリーはいくつ?

投稿日:

あの『マックポーク』が帰ってきます!

マクドナルドは、200円の『おてごろマック』の新メニューとして、

『ベーコンマックポーク』

が登場。

5年ぶりの復活となります。

この『ベーコンマックポーク』、どんな具材が使われているのでしょうか?

当記事で、マクドナルドの新『おてごろマック』として復活する『ベーコンマックポーク』について調べてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

『マックポーク』が5年ぶりに復活!

『マックポーク』といえば、マクドナルドが2007年から2012年までレギュラー商品として販売していたメニューですよね。

また、レギュラーから外れた際も、2013年には期間限定で販売されたことがありました。

復活販売がおこなわれてから、もう5年が経ち、そろそろ『マックポーク』が恋しい人も多いのではないでしょうか?

Twitterでは、『マックポーク』に関する投稿が

8万件以上

もあり、その多くが昔を懐かしみ、

『復活させてほしい!』

という声だったので、今なお人気のメニューなんですね。

そんな『マックポーク』ファンに朗報です。

なんと、あの『マックポーク』が、マクドナルドの200円メニュー『おてごろマック』の1つとしてリニューアルされて帰ってきます!

それが

『ベーコンマックポーク』(マクポ)

です。

『ベーコンマックポーク』は、以前とどこが変わったのでしょうか?

 

『ベーコンマックポーク』の具材やカロリーをチェック!

『ベーコンマックポーク』は、以前の『マックポーク』と比べて何が変わったのでしょうか?

やはり、最大の特徴は名前にもついている、ベーコンの存在でしょう。

『ベーコンマックポーク』は、香ばしいポークパティに、丁寧にグリルされたジューシーでスモーキーなベーコンを加え、これらに相性抜群のシャキシャキのレタスやオニオンとサンド。

そしてガーリックペッパーソースでトッピングされています。

 

ガーリックペッパーソースの原材料となっているのは

  • 3種のスパイス(ブラックペッパー・レッドペッパー・グリーンチリ)
  • 3種類の調理法のガーリック(おろし・焙煎・粒)

ですね。

この合計6種類のトッピングが、コクと旨み引き出してくれています。

新たに追加された香ばしいベーコンと、今まで以上に美味しくなったガーリックペッパーソース。

これが『ベーコンマックポーク』の特徴なのでしょう。

 

ということは、『ベーコンマックポーク』の具材は、

  • ポークパティ
  • レタス
  • オニオン
  • ベーコン
  • ガーリックソース

ということになります。

レタスやオニオンは、日本やアメリカで生産されたものを日本で加工しています。

豚肉は、これまでのポークパティを使っているメニューは、アメリカ産のものが原材料となっています。

それを考えると、『ベーコンマックポーク』に使われるポークパティの原材料も、アメリカ産の豚肉を使用していそうですね。

 

『ベーコンマックポーク』のカロリー情報ですが、こちらはまだ

未発表

となっています。

いずれわかるはずなので、判明し次第、追記しますね。

 

『ベーコンマックポーク』の価格はいくら?

『ベーコンマックポーク』の価格は、『おてごろマック』なので、

税込み200円

です。

ネット上の評判を見ていると、この200円メニューとして『ベーコンマックポーク』が復活したことに、複雑な声が上がっています。

「『マックポーク』は100円や120円だからこそよかったんだよ」

「伝説の神バーガー復活は嬉しいけど、ベーコンお前はいらなかった」

「おい『マックポーク』!お前はなんのために100円だったのか思い出してくれ!」

「ベーコンを追加して200円にしてほしくなかった…」

「コスパ最強だったのに、これじゃ普通じゃん」

「ベーコンを追加して200円になった時点で別物だ」

「100円じゃ無理だからベーコンを追加して200円にして、何とか採算をとろうとしたのだろうか…」

など、『マックポーク』を食べていた世代の人たちの多くが、

『マックポーク』は昔の100円~120円だからこそよかった

と言っているのです。

『マックポーク』の強みは、100円だからこそという、いわゆるコストパフォーマンスが抜群だったところにあるんですよね。

それを

ベーコンを追加して200円にしてしまった点

では、『ベーコンマックポーク』は大きな強みを1つ失ってしまったとも言えます。

販売開始最初の時期は、復活した『ベーコンマックポーク』を食べに人が集まるでしょう。

しかし、昔の2倍の価格と考えてしまうと、1度きりでいいや…という人が増えそうです。

 

『ベーコンマックポーク』の販売期間はいつから?

『ベーコンマックポーク』はいつから販売開始となるのでしょうか?

マクドナルドによれば、『ベーコンマックポーク』の販売開始は、

2018年7月4日(水)

となります。

しかし、東京港区にあるマクドナルド青山店だけは別です。

マクドナルド青山店では、

6月29日(金)午前10時30分から『ベーコンマックポーク』の先行販売

が実施されます!

『ベーコンマックポーク』が気になり、かつ東京在住、港区が生活拠点という人は足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

さらに、Twitterでは『ベーコンマックポーク』復活キャンペーンを開催していて、

  1. 期間中にマクドナルド公式Twitterをフォロー
  2. 対象ツイートをリツイート

することで、抽選で1,000名に

『ベーコンマックポーク』ひと夏分の無料クーポン

が当たるという内容です。

『ベーコンマックポーク』を食べまくりたい人は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

リツイートキャンペーンの開催期間は、

6月28日(木)~7月3日(火)まで

となります。

 

『ベーコンマックポーク』復活で『ヤッキー』が販売終了…

『ベーコンマックポーク』こと、『マクポ』の登場で、基本的に3種類が販売される『おてごろマック』。

となると、どれか1種類が販売終了ということになってしまいます。

 

そして、今回販売終了の対象となってしまったのが…

『しょうが焼きバーガー』こと、『ヤッキー』です。

かつて『おてごろマック』は『ハムタス』、『バベポ』と終了してきましたが、ここにきて『ヤッキー』まで販売終了になるとは…。

現在売られている『チキチー』、『エグチ』、『ヤッキー』の中では、『ヤッキー』は一番の新参だったはずなのですが、悲しいですね。

販売期間は、わずか1年ちょっとでした。

やはり人気がなかったのでしょうか。

 

ちなみに、『ヤッキー』は店舗によって終了時期が異なっているようで、Twitterを見てみると、

  • 既に販売終了している店舗
  • まだかろうじて販売している店舗

などまちまちでした。

6月20日ごろからアルバイトの人たちが『ヤッキー』終了の情報を流してしまい、実際に店舗でなくなり始めたのが6月22日ごろ。

相当な田舎でない限り、もう既に『ヤッキー』は終了していると見ていいでしょう。

『ヤッキー』ファンの人は、残っていそうな店舗を探すか、復活の要望を送り続けるしかなさそうですね。

『ベーコンマックポーク』復活は確かに嬉しいですが、その裏で消滅することとなった『ヤッキー』というバーガーがいたことを、覚えておいてほしいものです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

おわりに

マクドナルドの『マックポーク』が、『ベーコンマックポーク』として5年ぶりに復活!

しかも、レギュラーメニューとなります。

『ベーコンマックポーク』には、復活を喜ぶ声が多い一方、

「100円や120円だからよかった」

との声もあります。

いずれにしても、『マックポーク』に対する、深い人気が伺えるネット上の反応になっていますね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-グルメ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.