芸能人 野球選手

ベッキーの熱愛彼氏・片岡コーチの経歴とは?年俸や成績をチェック

更新日:

タレントのベッキーさんに、熱愛報道がありましたね。

ゲス川谷との交際から、かなり批判を受け、一時期はタレントとしても、プライベートでも傷ついていたベッキーさん。

ここで新たに新彼氏ができるとは…。

そのお相手というのがさらに驚きで、巨人の片岡治大コーチなのです。

片岡治大コーチといえば、球界屈指のイケメンとしても有名ですが、現役時代はどんな選手だったのでしょうか?

当記事では、ベッキーさんとの交際が発覚した巨人の片岡治大コーチについて、現役時代の成績や年俸といった情報を紹介します!

スポンサーリンク

アドセンス

ベッキーが巨人・片岡治大コーチと熱愛!

タレントのベッキーさんは、2016年の『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音さんとの不貞行為が騒動となって以来、テレビ出演は激減。

かなり辛い日々を送っていました。

それは誰もが知るところでしょう。

現在は、徐々に仕事を再開し、テレビ出演こそ少ないものの、イベントに登場するなど芸能活動はおこなっています。

そんなベッキーさんに熱愛報道が流れました。

なんと、

巨人の片岡治大(やすゆき)コーチとの熱愛

が発覚したのです。

同じ片岡コーチでも、阪神の片岡篤史コーチではないので気をつけてくださいね。

2人は噂だけにとどまらず、

ベッキーさんの所属事務所、片岡コーチのマネジメントを担当する吉本興業がともに交際を認めた

というのですから、事務所公認の仲ということになります。

(筆者的には、片岡コーチが吉本興業だったことに驚きです笑)

2人の出会いは

共通の知人を介して

だそうで、片岡コーチがベッキーさんのファンだったことをきっかけに2人は意気投合。

 

報道によれば、先月(2018年5月)から交際をスタートさせたので、まだ1か月しか経っていないんですね。

ベッキーさんの所属事務所は、

「交際の報告は受けています。温かく見守ってあげてください」

とのこと。

ファンもかなり好意的に捉えていて、

「よかったねベッキー」

「今度こそ幸せになれるといいね」

などと祝福の声が上がっていました。

 

さて、ここで気になるのが、ベッキーさんの熱愛彼氏の片岡治大コーチがどんな人物かですよね。

筆者のようなプロ野球ファンであれば、知らないはずがないくらいの有名な選手でしたが、野球に興味がない人だと知らないと思います。

片岡治大コーチについても、詳しく紹介していきましょう!

 

片岡治大コーチの経歴・現役時代の成績をチェック!

片岡治大コーチと言えば、

球界屈指の甘いマスク

という、イケメン選手という印象が強いかもしれません。

実際、上記の写真を見てもかなりのイケメンです。

そのイケメンぶりから、女性人気はかなりあった方だと思います。

 

プロ野球ファンからすると、

4年連続盗塁王

に輝いた、足のスペシャリストというイメージが強いですよね。

守備や打撃も光るものがあったため、西武入団時には松井稼頭央さんがつけていた背番号『7』をルーキーの時からつけていました。

西武時代は、その番号に恥じない成績を収めていた選手でもあります。

そんな片岡治大コーチの現在に至るまでの経歴、そして現役時代の成績を振り返ってみましょう。

 

片岡治大コーチは、プロ入団前から話題になっていた選手の1人でした。

というのも、3人兄弟の末っ子である片岡治大コーチは、2人の兄とともに同じチームで小中高と進学し野球をしていて、

片岡3兄弟

として宇都宮学園高校(現・文星芸術大学附属高校)の頃から有名だったのです。

(ちなみに、兄の1人である片岡昭吾さんは現在、あの日大のコーチを2018年から務めています。

 

高校卒業後は社会人の東京ガスへ入り、2004年のドラフト3位でプロ野球・西部ライオンズに入団。

プロ入り後の成績はどうだったのでしょうか?

まずは片岡治大コーチの現役時代の成績を一覧にしてみました。

片岡治大の現役時代の年度別成績(★は獲得タイトル)

西武時代

2005年 81試合 率.263 4本 16点 OPS.674

2006年 115試合 率.292 4本 44点 OPS.729

2007年 116試合 率.256 3本 34点 OPS.622 ★盗塁王(38個)

2008年 139試合 率.287 4本 46点 OPS.693 ★盗塁王(50個)、最多安打(167安打)

2009年 139試合 率.260 13本 58点 OPS.704 ★盗塁王(51個)、第2回WBC日本代表

2010年 137試合 率.295 13本 54点 OPS.781 ★盗塁王(59個)

2011年 86試合 率.230 1本 18点 OPS.571

2012年 52試合 率.225 2本 19点 OPS.571

2013年 72試合 率.290 4本 28点 OPS.710

巨人時代

2014年 126試合 率.252 6本 32点 OPS.644

2015年 113試合 率.244 10本 36点 OPS.672

2016年 32試合 .222 2本 4点 OPS.609

こうして年度別の成績を見てみると、片岡治大コーチは何度も怪我で苦しんだ…と改めて感じさせられます。

とくに打撃は、2011年の肩の怪我以降、ずっと尾を引いてしまった印象がありますね。

それでいて、持ち味である足の怪我が相次いだのも、片岡治大コーチにとってかなり痛手だったと思います。

 

プロ入り後の片岡治大コーチは、1年目から1軍に定着して打率.263、4本塁打、6盗塁の成績を残すと、2年目からさらに急成長!

セカンドのレギュラーとして定着し、その後は足を活かした1番打者として不動の存在となっていきます。

中でも盗塁数は2年目から急激に伸び、3年目の2007年から4年連続盗塁王に輝くなど、足のスペシャリストと呼ぶにふさわしい成績を収めました。

2009年には第2回WBC日本代表として、日本代表の連覇に貢献。

しかし、2010年からは何度も足の怪我をして出場ができないことが増えてきて、思うような活躍ができないシーズンが続きました。

2014年には、FAで巨人に移籍。

移籍当初は、厄介な選手が来たなと、セ・リーグの巨人ではないチームのファンである筆者は思っていたのですが…。

 

片岡治大コーチ本人が、過去に契約更改の場で、

「ジャイアンツに何しに来たのかという感じ」

と言っていた通り、本当に何をしに来たのかわからないほどのハズレ選手…という残念な成績でした。

若手ならともかく、1億円プレーヤーがこの成績では、あまりにも物足りなさすぎますよね。

結局、巨人に来ても打撃不振や怪我に悩まされ続け、セカンドのレギュラーを獲ることはできませんでした。

そして2017年、片岡治大コーチは右膝の怪我をしてしまい、これがかなりの重症…。

リハビリをしても回復の兆しが見えません。

「希望を持ってリハビリを重ねてきたんですけど、なかなか思うような動きができずに、何回も心を折られたので、このタイミングで身を引いた方がいいのかなと思いました」

と語ったように、ついに身体の限界を迎えた片岡治大コーチ。

この年、1試合も1軍に出場することなく現役引退となったのです。

現役引退は、34歳という若さでした。

 

現役時代の通算成績は、

1208試合 .266 1174安打 66本 389点 320盗塁 OPS.680

でした。

足の怪我さえなければ、新天地でいいコーチに出会って打撃不振も改善され、復活の可能性があっただけに残念ですよね。

怪我で若くして引退する選手を多く見てきましたが、その度に、怪我はスポーツ選手の大敵だなと感じさせられ、心が痛みます…。

 

片岡治大コーチの年俸推移!

片岡治大コーチはプロ野球選手で、かつては日本代表にも選ばれたほどの選手でした。

それほどのトッププレーヤーとなると、年俸はいくらもらっていたのか気になりますよね。

現役時代の片岡治大コーチの年俸推移も調べてみました!

片岡治大コーチの年俸推移

2005年 1500万円

2006年 1900万円

2007年 3600万円

2008年 5700万円

2009年 1億円

2010年 1億1000万円

2011年 1億7000万円

2012年 1億3000万円

2013年 9500万円

2014年 1億5000万円

2015年 9500万円

2016年 8600万円

2017年 6000万円

トッププレーヤーの証である1億円の大台を突破したことはありますが、わずか5年間だけだったんですね。

しかし、年俸1億円というのはそれだけで素晴らしく、大半のプロ野球選手はこの大台に乗ることなく選手生活を終えます。

片岡治大コーチが一流プレーヤーであったことは揺るがないでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

ベッキーさんの新しい熱愛彼氏として報道されたのは、プロ野球・巨人の片岡治大コーチでした。

現役時代は、俊足巧打のリードオフマンとして西武で活躍。

巨人に移籍後は、打撃不振や怪我に悩まされる日々を送っていました。

一時期は年俸が1億円を超え、1億円プレーヤーだった片岡治大コーチ。

そして、同じく人気タレントだったベッキーさん。

お互い、絶頂期もあれば、苦しんだドン底の時期もある苦労人のため、これまでの経歴という面も、2人が意気投合するきっかけになったのかもしれませんね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-芸能人, 野球選手

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.