美容・健康

砂糖はカロリーはいくつ?大さじ1・小さじ1・1gをチェック!

投稿日:

砂糖1

砂糖1

普段のお料理や、お菓子作りに欠かせないのが『砂糖』ですよね。

砂糖は、お肉を柔らかくしたり、熱を加えることで照りを出し、ジャムなどを作る際には粘度を増すなどの役割があります。

そして、『砂糖』といえば甘みが特徴です。

美味しいお料理やお菓子は、しっかりとふんだんに砂糖が使われていますよね。

しかし、ダイエット中の人や、健康に気をつけている人は、そのカロリーや摂取量が気になるのではないでしょうか?

そこで、今回は砂糖の『大さじ1』『小さじ1』『1g』におけるカロリーと、砂糖の種類によるカロリーの比較をしてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

砂糖大さじ1杯・小さじ1杯・1gのカロリーとは

多くの人は、メニュー表や、栄養表示に書かれている総カロリーは、意識的に見ていることでしょう。

しかし、砂糖のカロリーを知らない人は意外と多いのではないでしょうか?

まずは、一般的に家庭でのお料理やお菓子作りに使われる『上白糖』でのカロリーを見てみましょう。

 

  • 砂糖大さじ1杯(約9g)のカロリー:35kcal
  • 砂糖小さじ1杯(約3g)のカロリー:12kcal
  • 砂糖1gのカロリー:4kcal

大さじ1杯・小さじ1杯・1gあたりの砂糖のカロリーは、そう驚くほど高くないと思った人は多いでしょう。

1日の食事内容を思い出してみても、砂糖の摂取量だけで見るカロリーは、案外と高くはないかもしれません。

しかし、砂糖の摂取による問題は、どうやらカロリーだけではないようなのです。

 

1日の砂糖摂取量とは

WHO(世界保健機関)によると、

1日の糖類摂取量は、1日のカロリー摂取量の5%までに抑えるべき

と発表しています。

これは肥満や虫歯などの病気を防ぐための基準だそうです。

そして、これを砂糖に置き換えると、約25gという数字になります。

つまり、1日に摂取して良いとされる砂糖の量は、約25gです。

上白糖で考えると

大さじ1杯=9gなので、1日3杯弱

小さじ1杯=3gなので、1日8杯ほど

という計算になるでしょう。

実は、これはかなり厳しい設定で、現在普通に生活をしている人で、基準未満の人はいないと言われているほどです。

身近な食品が含む砂糖の量で見ると、

ショートケーキ1個:約30g

カステラ1切れ:約40g

アイス1個:約30g

スポーツ飲料500ml:約30g

コカ・コーラ600ml:65g

こんな調査結果があります。

ちょっとした間食やおやつで、WHO(世界保健機関)の推奨する1日の砂糖摂取量にあっという間に達してしまいますね。

 

砂糖の栄養素や役割

砂糖を入れたコーヒー

砂糖を入れたコーヒー

砂糖は、お料理やお菓子を甘くて美味しくしてくれるだけではありません。

ストレスが溜まっていたり疲れている時に甘いものが欲しくなることってありませんか?

これは脳のエネルギー源となるブドウ糖が不足するからだと言われています。

そのために不足したエネルギーを補給しようと、身体が糖類を欲するのだそうです。

砂糖は、そんな時に脳のエネルギーとなってくれるのです。

ですから、適切なタイミングで適度な量の砂糖を摂取することは、悪い事ではありません。

 

しかし、最近では『白砂糖』の多量摂取による

  • 倦怠感
  • うつ症状の悪化
  • 肌荒れ
  • 冷え性の悪化
  • 肥満
  • 糖質依存
  • 血糖値の急上昇・急降下

これらの症状を訴える人が増えています。

どれも深刻な症状のものばかりです。

そこで、『白砂糖』以外の砂糖が注目され、普段のお料理やお菓子作りに取り入れている人が増えてきています。

 

砂糖の種類によってカロリーは違う?

様々な種類の砂糖

様々な種類の砂糖

さて、一口に『砂糖』と言ってもいくつかの種類がありますよね。

先に紹介した砂糖のカロリーは『上白糖』でのものです。

多くの人は普段のお料理やお菓子作りには『上白糖』を使用しているでしょう。

しかし、最近では『白砂糖』が私たちの身体に与える影響を考え、『上白糖』以外の砂糖を使用している人も増えてきているのです。

また、これからダイエットや健康に気を付けたい人にしてみれば、『上白糖』よりもカロリーが低い砂糖や、反対に高い砂糖があれば知りたいところですよね。

そこで、ここでは砂糖の種類によるカロリーの比較をしてみました。

グラニュー糖

 

大さじ1杯:約46kcal

小さじ1杯:約15kcal

てんさい糖

 

大さじ1杯:約47kcal

小さじ1杯:約15kcal

和三盆糖

 

大さじ1杯:約34kcal

小さじ1杯:約11kcal

三温糖

 

大さじ1杯:約34kcal

小さじ1杯:約12kcal

黒砂糖

 

大さじ1杯:約32kcal

小さじ1杯:約11kcal

氷砂糖

 

1個:15kcal

角砂糖

 

1個:19kcal

コーヒーシュガー

 

1本:15kcal

グラニュー糖や、てんさい糖以外の砂糖は、どれもカロリーに大きな差はないようですね。

カロリーに差がないのであれば、『白砂糖』による私たちの身体への影響を考えると、他の砂糖を代用しても良いかもしれません。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

砂糖の大さじ1・小さじ1・1gにおけるカロリーや、砂糖の役割、砂糖の種類の違いによるカロリーの比較をしてみました。

WHO(世界保健機関)が推奨する、1日の砂糖摂取量は、とても厳しい内容でしたね。

普段の生活で、WHO(世界保健機関)が推奨する砂糖の摂取量を守ることは中々難しいかもしれません。

しかし、私たちの身体への影響を考えると、一番馴染みのあるの『上白糖』から、他の砂糖に変えてみると良いでしょう。

砂糖の種類によって、カロリーに大きな差はありませんので、作るお料理やお菓子に合いそうな砂糖を取り入れてみると良いかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FUGURI

好きな食べ物:パン、アイス、ハチミツ、ウイスキー。 趣味:ライブ参戦、パンの食べ比べ、コスメ収集、インターネットショッピング、お尻トレーニング。 基本的には健康オタクです。 最近ハマっているものは酒粕とハトムギです。 皆さまに読みやすい記事をお届けできますよう努めてまいります。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.