テレビ

下町ロケット2期のドラマあらすじと原作ストーリーをチェック!

投稿日:

作家・池井戸潤先生の人気小説シリーズの一つとして、多くのファンに支持された『下町ロケット』シリーズ。

このパート2となる『ガウディ計画編』では、なんと、ドラマ制作と同時進行で執筆され、当時話題となりましたよね。

ドラマも阿部寛さん主演のTBSドラマとして放送され、非常に人気を集めました。

そんなドラマ『下町ロケット』のドラマ2期(続編)が、2018年10月期のドラマとして日曜劇場枠で放送するというのです。

はたして、どんなあらすじがドラマ本編で描かれていくのでしょうか。

そこで本記事では、ドラマ『下町ロケット』ドラマ2期(続編)のあらすじや原作を放送に先駆け、できる限り紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

『下町ロケット』ドラマ2期ドラマ放送決定

 

とある下町工場で

ロケットを飛ばす

という夢を追いかけ、さらには心臓疾患を抱えた子供のために人工弁『ガウディ』を開発した佃製作所。

その佃製作所のサクセスストーリーを描いたTBSドラマ『下町ロケット』。

このドラマの主人公で、佃製作所の社長である佃航平は、無骨な印象を受けるタイプですが、夢に真っ直ぐで直情的な人物…。

ただ、夢に向かって妥協を一切しないものの、義理人情に熱く人間味溢れるキャラクター。

そんな佃航平を中心に、今回も、多くの試練を受けながら、新たな夢に向かって進んでいくのでしょうか。

そんなワクワク感を期待させてくれる作品として、2018年10月期のドラマとして、同じ日曜劇場枠で放送が決定しました。

日曜劇場枠にて2018年7月期のドラマとして、『この世界の片隅に』の放送が決まっているだけに、そこから半年間はTBSの日曜劇場から目が離せません。

2018年10月期ドラマとして日曜劇場枠で放送する理由

それにしても、なぜこのタイミングで『下町ロケット』ドラマ2期(続編)を放送することにしたのでしょうか?

しかも、まだ『下町ロケット』原作そのものが出来上がっていないというのに…。

実に不可解な話だったのですが、実は、

同じ10月期のドラマに米倉涼子さん主演のドラマを放送するため、

それに対抗する形で放送が決まったみたい…。

米倉涼子主演ドラマ(Doctorxシリーズ最新作?)への対抗策?

 

おそらく、米倉さん主演ドラマというのは、DoctorXシリーズの最新作ということだと思います。

DoctorXは高視聴率を獲れるドラマとして、これまで多くの期待に応え続けてきたドラマシリーズですよね。

一部では『モンスタードラマ』とさえ称され、視聴率も20%前後獲れている大人気ドラマシリーズ。

そんなドラマをぶつけてこられては、多くのドラマはひとたまりもありません。

それで対抗するドラマとして、『下町ロケット』2期(続編)に白羽の矢が立ったみたいですね。

今度の『下町ロケット』は大御所俳優・山崎努も出演予定…

山崎努

山崎努

しかも、今回は、山崎努さんが重要な役どころで出演するらしく、大きな目玉となっているようです。

『DoctorX』最新作との視聴率争いも気になりますが、はたして『下町ロケット』ドラマ2期(続編)ではどんな展開が見られるのか。

非常に楽しみですね。

 

ドラマ『下町ロケット』ドラマ2期(続編)のあらすじは?

遂に、放送が決定となり、早くも、山崎努さんの出演も話題となっている『下町ロケット』ドラマ2期(続編)。

果たして今度はどんなストーリーが描かれていくのでしょうか。

まだ、このドラマの続編となる原作小説『下町ロケット3ゴースト』さえも完成しているわけではなく、具体的なあらすじさえ、発表していません。

ただ一部では、『下町ロケット3ゴースト』の紹介として、簡単なあらすじが紹介されていました。

なので、その話をベースにあらすじをまとめてみたいと思います。

『下町ロケット』ドラマ2期(続編)あらすじ

ロケットエンジン用のバルブシステムを納品する形で、帝国重工との提携を結びロケット開発に加わった佃製作所。

意気揚々と夢の実現に嬉しさがこみ上げていく佃製作所社長の佃航平。

しかし主要取引先である帝国重工から、非情の通告を受けてしまうのです。

なにやら、帝国重工の業績が悪化し、ロケット開発どころではなくなってしまったらしい…。

それ故に、佃製作所に、取引中止を言い渡すこととなってしまった模様…。

佃製作所も、まさかの事態にショックを隠しきれません。

そこで、佃航平は、帝国重工にある提案を申しだすのですが…。

果たして、その提案とは一体どんなものなのか。

また、帝国重工のピンチを救い、佃製作所の夢を持続させることができるのか…。

と以上が、『下町ロケット』ドラマ2期(続編)の簡略なストーリーとなっています。

詳しくは原作小説発売と同時に判明?

あらすじとしても、触りの部分を紹介している程度の話で、具体的なところは何一つ分かっていません。

ただ、このドラマの原作が2018年7月20日に発売なのです。

そこで、だいたいのあらすじや登場人物は見えてくるでしょう。

ドラマ放送は10月なので、先に原作や前作のドラマ『下町ロケット』を観て予習しておくと、より楽しくドラマ2期を観るためにもおすすめです。

動画配信サービスの『Hulu』なら、『下町ロケット』を全話一気に観ることができます。

 

『下町ロケット』ドラマ2期(続編)の原作とは?

最後に、『下町ロケット』ドラマ2期(続編)の原作についても触れておきたいと思います。

先程からお話している通り、このドラマの原作は2018年7月20日発売予定の、小説『下町ロケット3ゴースト』です。

 

作者は、『下町ロケット』シリーズはもちろんのこと、半沢直樹シリーズ、ルーズヴェルト・ゲームなどの作品を手がけた、作家・池井戸潤先生。

『下町ロケット』は、ドラマの原作となった、

  • ロケット開発編が描かれた第1シリーズ
  • 人工弁開発編として描かれた第2シリーズ(ガウディ計画編)

の2作品がリリースされています。

『下町ロケット』ドラマ続編を受けて過去原作の重版も…

 

そして、『下町ロケット』ドラマ2期(続編)放送に伴い、何度か重版しているという話も耳にしています。

そんな人気シリーズの原作がドラマとして描かれていくだけに、どんなドラマになっていくのか、非常に楽しみですね。

『下町ロケット』原作は池井戸潤が手がけているので期待値は高い…

何度もお話していように、まだ具体的なストーリーは完成していません。

しかし、このドラマの原作ストーリーを手がけるのは池井戸潤先生です。

それだけに、否が応でも期待は上がります。

ぜひ、最高のドラマ作品として多くのファンを感動させてほしいと、今から2018年10月の放送を楽しみにしている次第です。

動画配信サービスの『Hulu』なら、『下町ロケット』を全話一気に観ることができます。

 

まとめ

TBSドラマ『下町ロケット』が放送終了から、約2年半の月日が経とうとしている中、遂に続編放送決定と発表されました。

ドラマ『下町ロケット』ドラマ2期(続編)は、2018年10月期のドラマとして放送が決定し、それに先駆け原作小説が、7月20日に発売されます。

まだ完成しているわけではないので、具体的なストーリー・あらすじは、はっきりしていません。

ただ、今度の原作『下町ロケット3ゴースト』では、業務提携している帝国重工が業績悪化で取引中止となり、佃航平もある提案を助言することに…。

果たして、佃航平はどんな助言を施したのか、池井戸潤先生がどのようにストーリーを紡いでいくのか、非常に楽しみです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-テレビ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.