仕事

週休2日制と完全週休2日制の意味の違い!毎週休めない理由とは?

投稿日:

会社の休日の制度として

『週休2日制』

ということばをよく目にしますよね。

これは、どういう意味なのでしょう?

 

「毎週2日休みがあるってことでしょ!」

と思う人が多いのではないでしょうか。

日常会話では、そのような意味で『週休2日制』ということばが使われることも多いです。

でも、『週休2日制』とは、毎週2日の休みがある意味ではありません。

『完全週休2日制』

ということばもあります。

『週休2日制』と『完全週休2日制』では意味が違うのです。

勘違いしてしまわないように、この記事で正しい意味をおさえておきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

『週休2日制』の意味

週休2日

週休2日

『週休2日制』とは?

まず、『週休2日制』の意味をみてみましょう。

『週休2日制』は、

『2日の休みがある週が月に1回以上あり、他の週は1日以上の休みがある』

という意味です。

1か月の間に1週でも2日の休みがあればよいのです。

そのほかの週は1日しか休みがなくても、『週休2日制』となります。

毎週2日"必ず"は休めないのです。

『週休2日制』というのを見て、

「毎週2日休みがあるんだ!」

と思い込んでしまわないようにしましょう。

入社してみたら、思っていたより休みが少ないことになりかねません。

『週休2日制』の注意点

たとえば、求人広告などで休日について、

『週休2日制(毎週日曜日、第2火曜日)』

のように書かれている場合があります。

この場合、どの週も日曜日は休みです。

しかし、それ以外は第2火曜日が休みなだけです。

したがって、月の第2週は2日休みがありますが、それ以外の週は休みが1日だけです。

 

なお、休みとなる曜日は土日とはかぎりません。

土日は休みではなく、月曜日から金曜日のいずれかの曜日が休みの場合もあります。

また、『週休2日制』では、祝日は休みとはかぎりません。

祝日は休めない場合もあります。

 

『週休2日制(月7日,シフト制)』

のように書かれている場合もあります。

週に1日休みがあり、週に2日休みがある日も月に何週かあるのは決まっています。

しかし、何曜日が休みになるかは決まっていません。

シフトが入る日によって変わってくるというわけですね。

 

『完全週休2日制』の意味

『完全週休2日制』とは?

それでは、『完全週休2日制』とはどういう意味でしょう。

『完全週休2日制』は、

『毎週2日の休みがある』

という意味になります。

ただし、土日の2日が休みであるとはかぎりません。

土日でなく、月曜日から金曜日のいずれか2日が休みであってもかまわないのです。

『完全週休2日制』の注意点

たとえば、休日について、

『完全週休2日制(土・日)』

と書かれていれば、毎週土日が休みということになります。

 

また、『完全週休2日制』の場合も、祝日は休みとはかぎりません。

 

ただし、

『完全週休2日制(土・日)、祝日』

のように書かれていれば、祝日は休みです。

 

『完全週休2日制(土・日・祝)』

と書かれている場合もあります。

この場合、祝日のない週は土日が休み、祝日のある週は祝日1日と土日のどちらか1日が休みです。

祝日のある週は、必ずしも休みが3日になるわけではないのですね。

祝日もふくめて週に2日の休みがあればよいのです。

土日のどちらかが休めないからといって、『完全週休2日制』が嘘ということにはなりません。

 

また、休みの日が週に2日とされていても、休日出勤をする場合もあります。

会社は休日出勤手当を支給すれば、休みの日に社員を出勤させることが可能なのです。

休日出勤でも、振替休日、代休があれば、手当を支給する必要はありません。

働く側からすれば、『完全週休2日制』であっても、週に2日休めない場合もあるということですね。

『完全週休2日制』の休日の日数

『完全週休2日制』の場合、休日数の目安は何日くらいでしょうか。

1年は52週ですから、週に2日休みだとすると、52×2=104日となります。

これに祝日、夏期休暇、年末年始休暇などを加えたとすると、だいたい120日前後です。

ただ実際には、『完全週休2日制』をとっていない会社も多いです。

したがって、日本の会社全体の年間休日日数の平均は、108日程度となっています。

 

『週休2日制』と『完全週休2日制』の違い

週休2日制

週休2日制

『週休2日制』『完全週休2日制』それぞれの意味をふまえて、違いを整理しておきましょう。

  • 『週休2日制』……『2日休みがある週』『月に1回以上』
  • 『完全週休2日制』……『2日休みがある週』『毎週』

『週休2日制』の場合は、

2日休めない週も何週かありうる

ということですね。

具体的な日数でみてみましょう。

祝日は別として、『完全週休2日制』なら、月に8〜10日の休みとなります。

『週休2日制』で、2日休みの週が月に1回だけなら、月に5~6日の休みです。

働く側からすれば、『完全週休2日制』のほうが、休みが増えるというメリットがあります。

ちょっとした表現の違いで意味が大きく変わりますので、注意しましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『週休2日制』は、

『2日の休みがある週が月に1回以上あり、他の週は1日以上の休みがある』

という意味です。

一方で『完全週休2日制』は、

『毎週2日の休みがある』

という意味となります。

『週休2日制』のほうは、休みが1日しかない週もありうる点で、違いがあるのです。

『完全週休2日制』でも、土日が休みとはかぎりません。

また、祝日が休みともかぎらないのです。

勘違いしたまま就職すると、

予想していたより休めない…

ということになりかねません。

意味をしっかり理解して、不明な点は会社に確認するようにしましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-仕事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.