美容・健康

ホットフラッシュの原因とは?対策やよく効く漢方薬を紹介!

投稿日:

『ホットフラッシュ』という症状を知っていますか?

更年期障害の症状の1つと言われ、

主に高齢者の女性に起きる

と言われています。

しかし、健康情報ウェブサイトを運営する非営利組織、ヘルシーウィメンのCEO、ベス・バッタリーノさんによれば、

「どんな年齢の男女にも起きるおそれがある」

と発表しているのです。

では、ホットフラッシュは、どんな原因で発生するのでしょうか?

また、ホットフラッシュの対策やホットフラッシュに効く薬を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

ホットフラッシュとは?

ホットフラッシュという更年期障害の1つを知っていますか?

症状としては、

気温の暑さや寒さに関係なく、突然顔など首から上が火照り、汗が止まらなくなったり動悸が止まらない

という症状です。

人によっては、胸部など首下にも症状が出るみたいですね。

通常のホットフラッシュは、主に閉経した高齢の女性に訪れる更年期障害の1つとされています。

原因としては、更年期を迎え、体内の女性ホルモンのエストロゲンが低下することで、自律神経が乱れてしまうためですね。

しかし、実は高齢の女性だけでなく、

年齢や性別を問わずに起こる可能性がある

のです。

一体どういうことなのでしょうか?

 

年齢や性別を問わずに起こるホットフラッシュの原因と対策

ホットフラッシュについて、健康情報ウェブサイトを運営する非営利組織・ヘルシーウィメンのベス・バッタリーノCEOは、

「ホットフラッシュは実にさまざまな原因でいつでも現れる可能性があります。」

と語り、ホットフラッシュが年齢や性別を問わず、どんな男女にも起こると注意を呼びかけています。

つまり、男性でもホットフラッシュが起きる可能性があるというわけです。

 

では、どんな原因でホットフラッシュになってしまうのでしょうか?

先ほど、更年期の女性に起こりやすい、ホルモンの分泌系が原因のホットフラッシュは紹介しました。

次は、年齢や性別を問わずに起こるホットフラッシュの原因と対策などの方法を紹介します。

ホットフラッシュの原因1 処方箋の副作用

オピオイド、抗うつ薬、骨粗しょう症の薬には、ホットフラッシュを引き起こす副作用があります。

バッタリーノ氏曰く、

「新しい薬を服用するようになった時期に注意していれば、副作用と考えられる。」

とのことで、処方箋の副作用によるホットフラッシュだと思う場合は、薬を処方した医師のところへ赴き、ホットフラッシュについて話しましょう。

薬に身体が慣れると消える場合もありますので、薬に身体が慣れるかどうかなど、診断してもらうことができます。

ホットフラッシュの原因2 体脂肪の多さ

新陳代謝が低下することによって、ホットフラッシュが起きやすくなります。

そして、老化は新陳代謝にも影響します。

当然ながら、年をとるとホットフラッシュが起きやすくなると言われるわけですね。

同じように新陳代謝に影響する、

体重の重さもホットフラッシュと関わりがある

とバッタリーノ氏は指摘しています。

そのため、体重が重すぎると若い人にもホットフラッシュが起きる可能性があります。

体重との関わりを示すデータとして、体重が重すぎたり、肥満と判断された女性を対象とした研究で

健康的な食事にして週に200分運動したグループは、減量しようとしなかったグループに比べてホットフラッシュが減った人は2倍だった

との結果が出ています。

この対策方法としては、やはり体重を減らすことです。

日頃から食事バランスや運動をおこなうようにして、健康的な体型を維持するようにしてくださいね。

ホットフラッシュの原因3 不安感

ストレスもホットフラッシュの原因となります。

ストレスと言ってもさまざまですが、中でも不安感は、ホットフラッシュに強く結びついているそうですよ。

ストレスによるホットフラッシュを解消するためには、バッタリーノ氏によると、

「単純ですが、意識して呼吸すると、不安感を鎮める効果があります。」

とのこと。

また、対策方法として

  • 運動
  • 瞑想
  • ヨガ

といった行動も、不安感を鎮めるには有効です!

ホットフラッシュの原因4 寝室の暑さ

体温は、夜中になると自然に変動しています。

そのため、夜中に暑苦しく感じたり、汗をかいて目覚めたりすることがよくあるんですね。

実は、これもホットフラッシュの1つなのだそうです。

室温調整や、来ているものを1枚脱ぐなどして、夜の温度調節も適切に行いましょう。

それが、ホットフラッシュの原因をなくす対策になりますよ。

 

以上が、更年期障害として以外のホットフラッシュの原因でした。

寝ている時の温度調節だけでもホットフラッシュに関わるなんて、びっくりですね。

もしかしたら、ただ火照っていると感じているだけの症状が、ホットフラッシュなのかも…。

 

ホットフラッシュの対策には漢方薬が有効?

ホットフラッシュは、運動や食生活といった日々の生活の見直しで改善することもできます。

一番は、バランスのいい食事と睡眠ですが、日々のスケジュールによってはそれがままならないこともあるでしょう。

その場合、おこなわれるのが薬による治療です。

ホットフラッシュは、更年期障害の1つなので、

漢方薬

を使った対策方法も有名ですよね。

この更年期障害の治療に使う漢方薬、年齢や性別を問わず発生するホットフラッシュにも有効なのです。

 

ただ漢方薬と言っても種類は様々なものがあります。

はたしてホットフラッシュに効く漢方薬は、どんな漢方なのでしょうか?

ホットフラッシュに効く漢方薬1 桂枝茯苓丸

 

中国の古典医学書にも載っている、古くからの女性の味方、それが『桂枝茯苓丸』です。

『桂枝茯苓丸』は、中国の古典医学書『金匱要略(きんきようりゃく)』の、婦人病や妊娠のページに記載されています。

古くから月経痛や月経不順、更年期障害に使われてきた、まさにホットフラッシュに効果的な漢方薬なんです。

この漢方薬には、

  • 桂皮
  • 茯苓
  • 芍薬
  • 牡丹皮
  • 桃仁

が配合されています。

ホットフラッシュに効く漢方薬2

 

更年期障害の治療に使う漢方の1つである女神散。

この女神散は、のぼせ・顔の強いほてり、めまい、便秘といった更年期障害の治療に使われています。

このうち、顔の強いほてりに該当するのが、ホットフラッシュですね。

女神散には、

  • 当帰
  • 川芎
  • 蒼朮
  • 香附子
  • 桂皮
  • 黄芩
  • 人参
  • 檳榔子
  • 黄連
  • 木香
  • 丁子
  • 甘草

が配合されていますよ。

ホットフラッシュに効く漢方薬3 加味逍遙散

 

加味逍遙散という漢方薬も、ホットフラッシュに効果があるとされています。

具体的には、ホットフラッシュや、ホットフラッシュによるイライラの解消ですね。

加味逍遙散は、

  • 当帰
  • 芍薬
  • 白朮
  • 茯苓
  • 柴胡
  • 牡丹皮
  • 山梔子
  • 甘草
  • 薄荷
  • 生姜

が配合されています。

 

ただ、漢方薬は、どれがその人に効くか…という効果については個人差があります。

同じホットフラッシュでも、その人と相性のいい漢方薬や悪い漢方薬があるのです。

『効果がない』『身体に合わない』という場合は、医師にちゃんと相談しましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

ホットフラッシュは、基本的には女性の更年期障害の1つと言われていますが、男性や若い人にも起こる恐れがある症状です。

原因は、ストレスから寝室の温度までさまざま。

決して女性だけがなる症状ではありません。

誰も注意して対策をしないといけないと感じさせられました。

ちなみに、対策には漢方薬もおすすめです。

紹介したものは、女性に使われることの多い漢方ですが、おそらくホットフラッシュの症状だとわかれば、男性でも処方してもらえるはずなので、安心してください。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.