美容・健康

赤ちゃんが蜂蜜をなめたらダメな理由を紹介!いつから大丈夫?

投稿日:

「赤ちゃんは蜂蜜をなめたらダメ」

そんな言葉を聞いた事はありませんか?

子供を産んだ事のあるお母さんなら知っていると思いますが、母子手帳にもそう書かれていますよね。

でも、大人にとって蜂蜜は身体に良い食材なのに、なぜ赤ちゃんはダメなのか疑問に思った事はありませんか?

 

実は、1歳未満の赤ちゃんにとって、蜂蜜は毒と変わりはないのです。

そこで今回は、赤ちゃんが蜂蜜をなめてはいけない理由について紹介していきます。

また、いつからなら蜂蜜を口にしていいのかも載せていますので、大切な子供を守るためにも最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

赤ちゃんが蜂蜜をなめたらダメな理由とは?

ボツリヌス菌

ボツリヌス菌

結論から言うと、

生後1歳未満の赤ちゃんが蜂蜜をなめると『乳児ボツリヌス症』という病気にかかり、命の危機に晒される可能性がある為です。

販売されている蜂蜜の5~10%には

『ボツリヌス菌』という細菌の芽胞(細菌の種のようなもの)

が潜んでいる可能性があると言われています。

この細菌の芽胞を赤ちゃんが摂取してしまうと、腸内で発芽・繁殖して強力な毒素を排出します。

その毒素の影響で、乳児ボツリヌス症という病気に侵されてしまうのです。

大人の場合は、蜂蜜に含まれるボツリヌス菌の芽胞を摂取しても、腸内細菌のおかげでボツリヌス症を発症する事はありません。

しかし、腸内細菌がまだ未熟な赤ちゃんが摂取すると、命に関わる疾患にまで発展してしまうので、1歳未満の赤ちゃんは蜂蜜をなめてはいけないのです。

ボツリヌス菌は、現在自然界の中で最も凶悪な毒素を持つ細菌です。

自分の命よりも大切な子供を危険に晒さないためにも、1歳未満の赤ちゃんには蜂蜜を与えないでくださいね。

 

乳児ボツリヌス症の症状とは?潜伏期間はどれ位?

赤ちゃんの食事

赤ちゃんの食事

乳児ボツリヌス症の症状とは?

  • 便秘(3日以上)
  • 全身の筋力低下(首がすわりにくい・よだれの量が増える等)
  • 脱力状態
  • 哺乳力の低下
  • 泣き声が小さくなる
  • 無表情

乳児ボツリヌス症にかかると、上記のような症状が表れ、悪化すると呼吸困難に陥り、命を落とす場合もあります。

このような症状が見られる場合は、一刻も早く病院を受診しましょう。

また

「目を離した隙に蜂蜜を口にしてしまったかもしれない」

「ふと子供を見ると蜂蜜の瓶を持っていた」

「間違って蜂蜜入りのジュースを飲ませてしまった」

という場合も、早急に病院を受診しましょう。

ちなみに、乳児ボツリヌス症を引き起こすのは蜂蜜そのものだけでなく、蜂蜜入りのお菓子やジュースも危険対象です。

ぜひ覚えておいてください。

乳児ボツリヌス症の潜伏期間は?

寝転ぶ赤ちゃん

寝転ぶ赤ちゃん

乳児ボツリヌス症の潜伏期間は3~30日です。

そのため、蜂蜜を摂取した疑いがある日から時間が経過すると、何が原因で体調不良に陥っているのか分からない場合もあります。

長いだけに乳児ボツリヌス症の発見が遅れてしまう事も考えられるでしょう。

そんな最悪の事態を避けるために、とくに気を付けて見ておかなくてはいけないのが排便回数です。

実は、乳児ボツリヌス症の発症に気付くのは

「便秘になって病院を受診したから」

というケースが多いのです。

上記でも記載しましたが、乳児ボツリヌス症の症状には便秘が挙げられます。

「急に排便しなくなった」

「排便回数が極端に減った」

という場合は、乳児ボツリヌス症でなくても、赤ちゃんの身体に何らかの異常が生じている証拠です。

赤ちゃんの健康管理の為にも、排便回数はきちんと把握しておきましょう。

下記では、健康な赤ちゃんの排便回数を載せていますので、便秘かどうかの目安にしてくださいね。

0~1か月の赤ちゃんの排便回数・・・1日10回程

2~6か月の赤ちゃんの排便回数・・・1日1~4回程

7~12か月の赤ちゃんの排便回数・・・1日1~2回程

 

赤ちゃんはいつから蜂蜜を食べてもいいの?

はちみつ

はちみつ

上記でも記載しましたが、1歳未満の赤ちゃんは腸内細菌の環境が整っていません。

そのために、乳児ボツリヌス症を発症してしまうのです。

しかし、1歳を過ぎると腸内の環境が整い、それに伴ってボツリヌス菌への抵抗力も備わってきます。

よって、

1歳を過ぎたら大人と同じように蜂蜜を食べても問題ありません。

もし、心配なら医師に相談してみるといいでしょう。

当たり前の事ですが、赤ちゃんの身体は大人と違って非常に弱いです。

ですので、大人の感覚で赤ちゃんを見ていてはいけません。

不安な事があるなら自己判断は避け、きちんと専門家に相談してくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、赤ちゃんが蜂蜜をなめてはいけない理由について紹介してきました。

参考になりましたか?

1歳未満の赤ちゃんは、腸内細菌の環境が整っていないため、蜂蜜に含まれるボツリヌス菌で乳児ボツリヌス症を引き起こす場合があります。

自分の命よりも大切な子供を守るためにも、1歳未満の赤ちゃんに蜂蜜や蜂蜜が含まれる食べ物・飲み物を与えないでください。

また、蜂蜜を保管する際や破棄する際も、赤ちゃんの手の届かない所に置いておくようにしましょう。

強力な毒素を持つボツリヌス菌には十分注意し、赤ちゃんの健やかな成長を見守りましょう!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

谷口

在宅ワークでライターを務めて約2年。 ライフスタイル・雑学・健康・メンタル・美容等、さまざまなジャンルの記事作成に携わり、日々知識を蓄え中です! 日常に潜む皆様の疑問を解決できるよう、今後も精進して参りますので、宜しくお願い致します。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.