言葉の意味・語源・由来

サークル・部活・同好会・学生団体の違いや意味をチェック!

投稿日:

サークル

サークル

春から大学生のあなた、新生活が楽しみな気持ちはあっても、何かと不安もありますよね。

とくに、部活やサークルについては気になるところです。

「高校とどんな違いがあるんだろう」

「そもそも入らないといけないの?」

とか、疑問をあげ始めたらキリがないかもしれません。

そんなあなたのヒントになるべく、サークル・部活・同好会・学生団体といった大学ならではの団体活動の違いや意味を紹介していきます。

少しでも不安を解消していってくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

大きく分けると部活とサークル系の2つ

まずは、部活やらサークルやら同好会やら、いろんな呼び方をされる『課外活動団体』。

基本的に、2種類に分けられることを知っておきましょう。

その2種類とは、『部活』と『サークル系』です。

サークル系には、サークル、同好会、学生団体が含まれます。

部活とサークル系の違いは何かというと、大きいのは

大学のサポート

の違いです。

 

たとえば、部活なら多くの場合、

  • 活動にかかるお金を負担する
  • 練習場所や部室を用意する
  • 指導者を雇う

などの大学のサポートを受けられます。

逆にサークル系は、基本的に

  • 活動場所は自分たちで手配
  • 活動資金は自分たちで持ち寄る

という形が多いです。

なぜここまで違うのか。

ポイントになるのは、大学の『公認』かどうかです。

大学公認の部活は、ときには大学の名前を背負って大きな大会に出場、優秀な成績を出すことが求められます。

大学の公認を受けていないサークル系は、サポートは少ない代わりに、しがらみなく好きなように活動できる面もあります。

 

部活とサークル系の特徴

ここで、さらに詳しく『部活』と『サークル系』の特徴を見ていきましょう。

部活の特徴

活動時間は長く、上下関係が厳しい傾向にあります。

大学のサポートがしっかりしていて期待を受けている分、

結果を出さねばならない!

というプレッシャーが大きいこともあります。

厳しい環境だからこそ、仲間はやる気にあふれた人がばかりでしょうし、切磋琢磨するなかでできた絆は、きっと将来の自分を支えてくれるでしょう。

サークル系の特徴

サークル系はサークル・同好会と学生団体の2つに分けて見ていきます。

サークル・同好会

活動時間は比較的短く、上下関係はゆるやかです。

と言っても、自由度が高いため本当に色々あります。

色々あるというのは、運動系か、音楽系か、美術系かといった違いだけではありません。

バリバリ活動して結果を残し、大学の公認を勝ち取るサークルもあるのです。

一方で、名前だけあって、ほとんど活動はしてなく、たまにメンバーが集まると思ったら飲み会のためというサークルもあります。

後者は、いわゆる『飲みサー』というやつですね。

 

次にサークルと同好会の違いですが、この二つに違いは、ほとんどありません。

大学によっては、

  • 大学認可のサークルは『同好会』
  • 認可されていないサークルは『サークル』

と区別するところもあります。

しかし、基本的には認可されている、いないに関わらず、団体のメンバーが好きなように名乗っていることが多いです。

学生団体

サークル・同好会に比べて活動時間は長くなる傾向にあります。

学生団体はサークル系の中でも少し特殊で、ボランティアや起業、メディアの運営など、

社会と積極的に関わろうとする団体

が名乗っています。

大学によっては、大学の文化祭や新入生歓迎イベントを主導するのも学生団体です。

活動目的がはっきりしていることから、活動時間は長くなる傾向にありますが、目に見える成果があったり、社会に貢献できたりと、やりがいも多いことでしょう。

 

大学内サークルとインカレサークル

課外活動団体によっての違いや意味はだいたい分かってきたかと思います。

ここで更にもうひとつ、サークルの中でも大きな特徴を持つ『インカレサークル』について知っておきましょう。

インカレサークル

『インカレ』は『インターカレッジ』の略で、インカレサークルは

複数の大学の学生が所属しているサークル

のことです。

大学ごとにスケジュールが違うので、基本的に部活ほど活動時間は長くなりませんし、頻度も少ない可能性があります。

ただ、学校ごとにルールも違いますから、

「他校のインカレサークルに入ったら自分の大学の部活より厳しかった」

なんてことにも。

大学内サークルとの違い

入る大学によっては、文系や理系のどちらかに人数が偏っていたり、男女の比率が大きく偏っていたりします。

そういう人は、インカレサークルに入ることも検討してみてはいかがでしょうか?

自分の通う大学内にはない、出会いが期待できます。

インカレサークルで得られる出会いは、恋愛的な意味にはとどまりません。

インカレサークルでは、自分の大学にはない分野の勉強をしている人と出会い、視野を広げられる可能性が大いにあるのです。

ただ、インカレサークルに特徴的なデメリットとして、

  • キャンパス間の移動にお金や時間がかかる
  • スケジュールが合わず参加できない
  • 自大学の友達が少なくなる

などがあります。

加えて、『インカレサークル』と名乗って勧誘をしていても、実際は出会いだけが目的の実態のない団体もあります。

とくに

「他大学の団体だ」

と言われると、なかなか実情を確かめることができません。

一方で大学内サークルでは、人数は少なくても、あなたが大学で苦労しないようアドバイスをくれる心強い先輩たちができるでしょう。

インカレサークルを検討するときは、大学内サークルと比較した上で慎重に判断してください。

スポンサーリンク

アドセンス

 

最後に

いろいろと書いてきましたが、課外活動への力の入れ具合は、大学や団体ごとで全く違います。

確かに部活・サークルは友達や先輩の知り合いを作るのに、もってこいの場です。

ただ、なにも入学したらすぐに、どこかの団体に入らなければならないと気負うこともありません。

筆者の知り合いでも、サークルに入らずに自分の趣味を極めたり、バイトを頑張って一人旅を楽しんだりして、大学生活を十分楽しんでいる人もいます。

自分にあった部活・サークル選びで、楽しいキャンパスライフを送ってくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ねこた

猫に可愛らしく邪魔されたり踏まれたりしながら書いています。「読んで良かった」と、ちょっとした満足を感じられるような記事を書けるようになるのを目標に頑張ります。

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.