食べ物

『冷やしあめ』とはどんな味?作り方や人気のレシピを紹介!

投稿日:

『冷やしあめ』って、みなさんは知っていますか?

じつは関西で多く飲まれている飲み物なんですよ。

ただ不思議なことに、

関西以外ではあまり知られていない飲み物

でもあります。

関西では夏になると『冷やしあめ』の缶入りや、瓶入りのものがスーパーや量販店の店頭に並ぶんです。

自動販売機でも売られているほど親しまれています。

でも、『冷やしあめ』知らない人には謎の多い食品ですよね。

今回は『冷やしあめ』について、一体どのようなものなのか、味やレシピについても紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

『冷やしあめ』の味とは

『冷やしあめ』とは

江戸時代には、夏場に温かい飲み物として『あめゆ』や『甘酒』が売られていました。

暑いときに温かいものを飲んで、汗をたくさん出す。

そんな夏バテ対策の飲み物だったようです。

その後、

明治時代のなると『あめゆ』は『冷やしあめ』として夏場の冷たい飲み物

となりました。

製氷技術の向上が『冷やしあめ』の誕生と関係がありそうですね。

なぜ関西を中心に飲まれているのかについては、

『関東では太平洋戦争の空襲によって廃業する業者が相次いだため』

という説があります。

一方、京都や奈良では

空襲の被害が軽かったため、『冷やしあめ』や『あめゆ』は姿を消すことなく関西に広まっていった

と考えられています。

『冷やしあめ』の味

 

今ではスーパーや量販店で売られている『冷やしあめ』。

ですが、ひと昔前までは駄菓子屋や甘味処、屋台のサイドメニューとして夏場に登場するものでした。

夏の暑さと、水あめの甘さ、そしてしょうがのさっぱりとした風味の効いている味は、懐かしさを感じる人も多いでしょう。

「お祭りの屋台で飲んだ」

「海水浴へ行った時によく飲んだ」

など、夏の思い出とともに『冷やしあめ』の味があるようです。

 

『冷やしあめ』は、

水あめにしょうがの入っているもの

が基本です。

ですから、甘さの中にしょうがの風味が効いた味なのです。

ただ、現在では缶入りや瓶入り、濃縮タイプなど、いろいろな形のものがあります。

味も、はちみつ入りやレモン風味、金柑入りなどがあって、しょうが以外の味も楽しめるようになっています。

 

『冷やしあめ』の作り方

これから暑くなる季節に向けて、また夏バテ対策や、冷房対策に『冷やしあめ』を作って活用してくださいね。

そろそろ新しょうがの出回る時期です。

このしょうがが、手軽に手に入りやすい時期に『冷やしあめ』を作ることをおすすめします。

冷やしあめ

『冷やしあめ』

昔ながらの『冷やしあめ』の作り方を紹介します。

詳しいレシピはこちらからどうぞ。

 

濃縮タイプですが、お好みの甘さや濃さに調節できるので使いやすいですよ。

材料は

  • 麦芽水あめ
  • しょうが

のみです。

天然の材料だけで作っているので、身体にもやさしいですね。

よく冷やして飲むと、のどごしも良いですし、食欲のない時の栄養補給に。

また、しょうがの効果で、血行がよくなり発汗しやすくなる効果があります。

濃縮タイプなので『冷やしあめ』として飲むのもおいしいですが、

かき氷のシロップ

として使うのもおすすめです。

 

『冷やしあめ』の人気のレシピ

基本の『冷やしあめ』をアレンジしたものや、飲み物以外の『冷やしあめ』を使ったレシピを紹介しておきましょう。

1.『冷やしあめ』はちみつ入り

冷やしあめ はちみつ入り

『冷やしあめ』 はちみつ入り

『冷やしあめ』のアレンジです。

はちみつ入りを紹介します。

詳しいレシピはこちらからどうぞ。

材料は、

  • 砂糖
  • はちみつ
  • しょうが
  • 紅茶のティーパック

このレシピは、麦芽糖ではなく、砂糖を使っているので、材料をそろえやすくて手軽に作れますね。

はちみつや紅茶の風味で、まろやかな味になりますよ。

2.『冷やしあめ』ジンジャーシロップの羊羹入り白玉

ジンジャーシロップの羊羹入り白玉

『冷やしあめ』ジンジャーシロップの羊羹入り白玉

暑い時期においしいスイーツです。

詳しいレシピはこちらからどうぞ。

ジンジャーシロップは、『冷やしあめ』なので、そのまま飲んでもおいしいです。

材料は

  • 白玉粉
  • 羊羹(0.5~1cm角にカット)
  • 冷やしあめ(濃縮タイプ)+水

です。

よく冷やしたシロップと白玉の相性は抜群です。

白玉の中に入れる羊羹の種類を変えると、白玉のバリエーションが増えますよ。

また、白玉粉に抹茶を加えても、味や見た目が楽しくなりますね。

夏場、冷蔵庫に作り置きしておけば、おやつやお風呂上りにおいしくいただけます。

夏休みに子供と一緒に作っても喜ばれるでしょう。

3.『冷やしあめ』ジンジャーシロップでリンゴのケーキ

しょうがシロップでリンゴのケーキ

『冷やしあめ』ジンジャーシロップでリンゴのケーキ

『冷やしあめ』(濃縮タイプ)を使ったリンゴのケーキです。

詳しいレシピはこちらからどうぞ。

材料は、

  • りんご
  • 砂糖
  • しょうがシロップ(『冷やしあめ』濃縮タイプ)
  • なたね油
  • 豆腐
  • 薄力粉
  • ベーキングパウダー

です。

しょうがと相性の良いリンゴを使ったケーキです。

『冷やしあめ』からケーキが焼けたらいいですよね。

『冷やしあめ』とは、ひと味違うしょうがの風味が楽しめます。

ぜひ試してほしいレシピです。

なたね油や豆腐を使っていてヘルシーなものになっていますし、炊飯器を使うのでスイッチオンで焼きあがります。

 

基本的に『冷やしあめ』には、たくさんのしょうがが使われています。

しょうがの健康効果として

  • 身体の芯から温める
  • 殺菌・抗酸化作用
  • 免疫力を高める

などの効能・効果が期待できます。

ぜひ毎日の生活に取り入れていきたい食べ物です。

健康維持のためにも『冷やしあめ』で、夏を乗り切ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『冷やしあめ』は、江戸時代から飲まれていた『あめゆ』が明治時代になって冷たい飲み物として親しまれたことから、はじまっているようです。

もともとの『冷やしあめ』は、水あめの甘さにしょうがの風味が効いた飲み物でした。

しかし今では、しょうが風味はもちろん、はちみつ入りやレモン風味、金柑入りなど、たくさんの種類が売られています。

また自分で手作りすることもできます。

健康に良いしょうがを毎日の生活に取り入れることにもなるので、夏バテ対策・冷房の冷え対策に『冷やしあめ』を活用していきたいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momijibrand

天然酵母を起こしてパンを焼く、趣味の物でフリマに出店する、楽器を習いに行く、凝り性+何ごとも面白がってやる性格です。 仕事・家事・趣味・ライティングにと充実した時間を過ごしています。 『何にでも興味を持つこと』『柔軟な考え方ができること』を心がけて雑学の記事を書いています。 「そうだったのか」と思ってもらえる様にテーマを紹介していきます。

-食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.