食べ物

そら豆の旬はいつ?常温・冷蔵・冷凍の保存方法と期間を紹介!

投稿日:

春ごろになると、八百屋やスーパーで『そら豆』を見かける事が多くなりますよね。

でも

「まだ旬じゃないよね?」

「これ…どうやって保存すればいいの?」

といった疑問を持ち、購入を見送る人も多いと思います。

しかし、そら豆は非常に栄養価の高い食材ですので、ぜひ多くの人に食べてもらいたいものです。

そんな想いを込めて、今回はそら豆について紹介していきます。

  • そら豆の旬の時期
  • そら豆を常温・冷蔵・冷凍で保存する際の方法
  • 冷凍保存した際の解凍方法
  • そら豆の保存期間
  • そら豆の基本的な茹で方

などをまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

そら豆の旬はいつ?

春の野菜

春の野菜

そら豆は、春ごろから店頭に並びだしますが、旬は4月〜6月3のか月間です。

しかし、そら豆にも品種があり、鹿児島産のものは、早くて年末ごろから出荷されることもあるようです。

ですが、一般的な旬の時期は4~6月ですので、覚えておいてくださいね。

 

そら豆の保存方法は?常温・冷蔵・冷凍別に紹介します!

 

そら豆を常温保存する方法

そら豆は鮮度が落ちやすく

「美味しく食べられるのは3日間だけ」

とも言われる程、保存方法次第で美味しさが左右されます。

サヤ付きのそら豆は、常温で保存する事ができそうな気もしますが、

非常に傷みやすい

ので必ず冷蔵庫か冷凍庫で保存するようにしましょう。

そら豆を冷蔵保存する方法

冷蔵庫

冷蔵庫

上記でも書きましたが、そら豆は非常に傷みやすい食材です。

そのため、冷蔵保存する場合は、豆を取り出さずにサヤ付きのまま保存しましょう

保存方法はとても簡単です。

  1. サヤが付いたままのそら豆をジップロック等の保存袋に入れる。
  2. 十分に空気を抜いてから、チャックを閉めて冷蔵庫の野菜室に入れれば完了。

この状態で保存する事で1~3日は日持ちさせる事ができますよ。

そして、その日のうちに食べる予定で誤って茹でてしまったり、焼いてしまったそら豆も冷蔵庫で保存する事が可能です。

保存方法は、サヤごと冷蔵保存する場合と同じです。

しかし、茹でたり焼いたりしたそら豆は1~2日しか日持ちしませんので、注意してくださいね。

そら豆は、どれだけ完璧に冷蔵保存していても、時間と共に黒ずんでいきます。

これは鮮度が落ちてきている証拠で、こうなると美味しく食べることができません。

また、サヤから出してしまったり、切り込みを入れてしまうと、急激に鮮度が低下しますので、その点は十分理解しておいてください。

買ったそら豆は、その日の内に食べるのがベストですよ!

そら豆を冷凍保存する方法

 

そら豆は、鮮度が落ちやすい食材です。

冷凍保存する際は、新鮮な内に保存してしまいましょう。

ちなみに、保存の際に茹でてしまうと水っぽくなってしまいます。

そのため、

生のまま保存

するのが、最もオススメですよ。

また、そら豆はサヤごと保存する方が風味を保てます。

これも覚えておいてくださいね。

そら豆を冷凍保存した場合は、

約1か月

が賞味期限です。

サヤごと保存する場合

  1. サヤのままのそら豆を保存袋に入れる。
  2. 十分に空気を抜いてからチャックを閉めて冷凍庫へ入れれば完了。

豆だけ保存する場合(サヤなし)

  1. サヤから豆を取り出し、薄皮に包丁で切れ目を入れる。
  2. 生のままの豆を保存袋に入れる。
  3. 十分に空気を抜いてからチャックを閉めて冷凍庫へ入れれば完了。

茹でた豆を保存する場合

  1. そら豆を固めに茹で、ザルに移す。
  2. 水には浸けず、そのままの状態で冷ます。
  3. 水気をしっかり切り、保存袋に入れる。
  4. 十分に空気を抜いてからチャックを閉めて冷凍庫へ入れれば完了。

そら豆を解凍する方法

サヤのまま保存した場合は、電子レンジで軽く解凍してから豆を取り出し、お好きな方法で調理してください。

豆だけを保存した場合は、薄皮が付いたまま3分程茹でると食べられますよ。

そして、あらかじめ茹でておいたそら豆は、自然解凍か電子レンジで加熱して調理しましょう。

 

知っておくと便利!そら豆の基本的な茹で方を紹介!

そら豆

そら豆

材料

  • そら豆(サヤ付きのもの)・・・500g
  • お湯・・・1L
  • 塩・・・水の2%

茹で方

  1. 豆をサヤから取り出し、包丁の刃元を使って、黒くなっている部分の反対側に深さ2~3mm程の切り込みを入れる。
  2. お湯を沸騰させて塩を加える。(この時味見をして、しっかり塩味が付いているか確認する事。)
  3. そら豆を投入して2分半茹でたら固さを確かめ、まだ固い場合はさらに30秒茹でる。(切れ目が開いて中の豆が見えていればOK。)
  4. そら豆をザルに移し、そのまま冷ます。

上記がそら豆の基本的な茹で方です。

茹でるポイントは2つ。

まず1つ目は、塩を加えたお湯の塩加減をきちんと確認する事です。

塩味が薄すぎても、塩っ辛すぎてもいけません。

火傷に注意しながら味見してください。

そして2つ目は、茹で上がったそら豆を水に浸けて冷まさない事です。

水に浸けてしまうと、風味が落ちて水っぽくなってしまいますので注意してくださいね。

この茹で方は、食べる際や保存の際に役立つと思いますので、覚えておきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、そら豆の旬と保存方法について紹介してきましたが、参考になりましたか?

そら豆は、

4月~6月の3か月間が旬

ですので、期間は意外と短いです。

そら豆好きの人は、機会を逃さないよう、春が来たら八百屋やスーパーをチェックしておきましょう!

そして、そら豆は非常に鮮度が落ちやすい食材です。

そのため、保存の際は正しい保存方法を取り入れ、常温での保存は決して行わないでください。

「当日や翌日に食べる場合は冷蔵保存を」

「長期保存したい場合は冷凍保存を」

と上手に使い分けて、美味しいそら豆を食べましょう!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

谷口

在宅ワークでライターを務めて約2年。 ライフスタイル・雑学・健康・メンタル・美容等、さまざまなジャンルの記事作成に携わり、日々知識を蓄え中です! 日常に潜む皆様の疑問を解決できるよう、今後も精進して参りますので、宜しくお願い致します。

-食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.