テレビ

ラブリランの視聴率と結末(最終回)ネタバレ!ドラマの評価は悪い?

投稿日:

幼馴染だった男性への片思いを15年も引きずり、30歳にして男性経験ゼロの女性が、いつの間にか別の男性と関係を結び、同棲している…。

しかも、その間(3ヶ月)の記憶がまったくなく、いろんな意味でこじらせながら二人の男性の間で揺れ動いていく様子を描いたドラマ『ラブリラン』。

実に謎だらけのストーリーで、主人公の困惑している様子が手に取るようにわかるドラマです。

さて、そのドラマの最終回が、先日放送されたわけですが、果たして視聴率はどれくらいとれたのでしょうか。

また、結末のネタバレと視聴者の評価も気になりますので、本記事で調査しまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

ドラマ『ラブリラン』最終回・結末ネタバレ

ラブリラン

ラブリラン

幼名馴染みで片思いの男性・鷺沢亮介(大谷亮平)。

気がついたら同棲していた職場の同僚男性・町田翔平(古川雄輝)。

この二人の間で揺れ動く女子…。

そんな、30歳の男性経験ゼロだった、こじらせ女子を主人公として描く、ちょっと変わった恋愛ドラマ『ラブリラン』。

このこじらせ女子・南さやかを演じるのは、今回が初主演という中村アンさん。

はたしてどんなドラマとして、最終回・結末が描かれたのでしょうか。

では、さっそくこのドラマの最終回・結末を振り返ってみたいと思います。

ドラマ『ラブリラン』のあらすじ

デザイン会社オリビアラボに勤める南さやか(中村アン)。

片思いの鷺沢亮介(大谷亮平)に操を立てるために、15年間も男性経験を持たないこじらせ女子…。

しかし、同僚社員の町田翔平(古川雄輝)と、恋に落ち、同棲生活をスタートさせます。

本来ならば幸せ絶頂なはずの二人でしたが、町田の海外行き(転勤)の話をきっかけに二人の間はぎくしゃく…。

そんな中、さやかと鷺沢亮介が結ばれてしまい、そのことに気づいた町田は、さやかと別れ、小笠原杏子(大政絢)と付き合い始めます。

しかし、破局の直後、さやかが倒れ、記憶障害を起こしてしまうのです。

記憶障害を起こしたさやかを放置できなかった町田…

責任を感じた町田は、海外行きが決まっていたものの辞退し、京子とも別れ、さやかの傍にいようとします。

一方、記憶障害で状況が飲み込めなかったさやかも、次第に記憶を取り戻しつつ、町田のことが好きという気持ちに気づき始めます。

しかし、またしても亮介の存在が、二人を破局へと向かわせ、結局、町田がさやかに、

「戻るべきところに戻ろう。」

と告げ、京子の元へと去っていくのでした。

亮介と町田の間を行ったり来たりするさやか…

一度は、亮介と付き合おうとしていたさやかでした。

しかし、町田への想いを断ち切れず、記憶をなくす前に約束をしていた場所でひとり待つことに…。

一方で町田は、京子から海外行きのチャンスを貰っていたこともあり、約束の場所に現れることはありませんでした。

そのことを機に、さやかも亮介のもとに戻ろうとするのですが、ある日、町田が会社を辞めてロンドンに行くと聞き、困惑してしまいます。

そして、徐々にさやかの記憶が戻り始めるのでした。

いろんな恋愛感情がもつれまくる『ラブリラン』の世界…

と、ここまでが簡単な最終回・結末の前振りとも言うべきストーリーです。

さやかの記憶障害も影響していますが、かなりいろんな恋がもつれてしまっていますよね。

さやか・町田の恋は一体どこへたどり着くのでしょうか。

ドラマ『ラブリラン』の最終回で描かれた結末ネタバレ

では、続けて本当の結末のストーリーをネタバレしていきます。

さやかは、町田のロンドン行きの話を聞きつけ、記憶と取り戻していきます。

実は、さやかが記憶を失う前に、京子とは会ったことがあり、

「町田の海外行きを妨害しているのはあなただ!」

と仕事の妨げになっていると言われてしまっていたのです。

そのことを告げられ、遠距離恋愛への不安もあり、『亮介と関係を持った』と嘘をつき、さやかの方から別れを切り出していたのです。

最後はハッピーエンドへ…

そして、そのことを思い出したさやかは、空港まで町田を追いかけ、

「今度は忘れないから…。」

と、もう一度やり直そうと告白するのです。

町田も、

「俺が忘れさせない。ずっと好きだったよ。」

とさやかを抱きしめ、ロンドンへ旅立ちます。

1年後、町田が日本に帰国する日、さやかは、空港に迎えに行きます。

そして、再開した町田に

「おかえり」

と抱きつくのでした。

以上が、ドラマ『ラブリラン』最終回の結末ネタバレの全貌です。

 

ドラマ『ラブリラン』の視聴率

ドラマのストーリーとしては、記憶障害も含め、かなり入り組んだストーリーになっていますが、最後はハッピーエンドでスッキリ終わっている…。

そんな印象さえ伺えるドラマ『ラブリラン』ですが、実際のところ視聴率はどれくらいだったのでしょうか。

さっそく、1話から最終回までの視聴率を振り返ってみましょう。

『ラブリラン』の各話視聴率

1話(4/5):3.9%

2話(4/12):2.7%

3話(4/19):2.5%

4話(4/26):2.6%

5話(5/3):3.0%

6話(5/10):2.4%

7話(5/17):3.6%

8話(5/24):2.9%

9話(5/31):3.4%

10話(6/7):3.3%

以上が、『ラブリラン』の各話の視聴率です。

過去の同じ時間枠・放送局のドラマ作品の視聴率と比較

正直なところ、視聴率そのものは決して高いとは言い難いです。

しかし、放送時間帯を考慮すれば、まずまずといったところではないでしょうか。

ちなみに、2017年以降に放送された日テレ・読売系の木曜深夜ドラマ枠(『ラブリラン』は除いて…)の各ドラマの視聴率は、

増山超能力師事務所(2017年1月期):3.42%

恋がヘタでも生きてます(2017年4月期):3.3%

脳にスマホが埋められた!(2017年7月期):3.4%

ブラックリベンジ(2017年10月期):3.4%

リピート(2018年1月期):3.0%

となっています。

この結果と比較しても、全体の平均視聴率が3.03%なので、『ラブリラン』そのものの結果としては、若干視聴率が下回っている程度…。

正直なところ、それほど気にすることもない結果だと思いますよ。

まぁ時間帯が時間帯ですから、3%オーバーなら及第点と言えるでしょう。

 

ドラマ『ラブリラン』の評価が悪いって本当?

深夜ドラマとなると注目度も低いこともあって、厳しく評価される傾向にある様子が伺えます。

そのことも加味されてか、一部では、

「『ラブリラン』はつまらなかった」

という声も確かに聞きます。

そのことを理由に評価が悪いと一部で噂になっているのでしょう。

ただ、それは、あくまで一部に限られた話です。

評価が悪いのは一部だけ!実際は高評価だった『ラブリラン』

全体的に評価の声を拾っていくと、

「主演を務めた中村アンさんの演技が意外にも良かった」

「意外にも面白くハマってしまった」

というような称賛の意見が多数聞かれます。

おそらく視聴率が悪かった原因も、単純に深夜ドラマとして放送されたことが理由であり、そこまで評判が悪かったわけではないですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

ドラマ『ラブリラン』は、3ヶ月分の記憶を失った女性が、その記憶を取り戻しながら、愛する男性と最終的にハッピーエンドになるドラマです。

そのため、最終回・結末を観て、その世界にハマった視聴者も多く、ドラマ全体としても評価は高かったように伺えます。

ただ、それでも深夜ドラマが影響し、視聴率は低調ですが、過去の作品と比較すると、まずまずの結果を残しています。

それだけに、ゴールデン枠として観たかったのが本音かもしれませんね。

まぁ、ゴールデンドラマとして放送された場合、また違った評価を受ける可能性もありますが…。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-テレビ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.