お金 雑学

健康で文化的な最低限度の生活の定義や基準を解説!年収はいくら?

投稿日:

『健康で文化的な最低限度の生活』

どこかで聞いたことがあるような…。

そうです。

中学校の社会科(公民)の授業でならっているのです。

日本国憲法の三大原則は、

  • 国民主権
  • 平和主義
  • 基本的人権の尊重

でしたね。

この三大原則の中のひとつ『基本的人権の尊重』は、人が生まれながらに持っている自由で、平等に生きる権利を大切にしようという原則です。

この原則の中に『健康で文化的な最低限度の生活』は含まれているのです。

でも一体どういう生活のことなのか、よくわからないですよね。

そこで今記事では『健康で文化的な最低限度の生活』とは、どういうものなのか定義や基準について解説していきます。

また、『健康で文化的な最低限度の生活』の年収などについても紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

『健康で文化的な最低限度の生活』の定義を解説

健康で文化的な最低限度の生活 家族

健康で文化的な最低限度の生活 家族

日本は資本主義のもとで経済活動をしています。

そのために、どうしても『豊かな人』と『貧しい人』が出てきます。

放っておくと『豊かな人』はますます富み、『そうでない人』は貧しくなるばかりの二極化へ。

この二極化を改善するために憲法で国に対して、

「社会的、経済的弱者をせめて『健康で文化的な最低限度の生活』を営めるように努めなさい」

と言っています。

日本国憲法第25条では、

  1. すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
  2. 国はすべて生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生向上及び増進に努めなければならない。

と定めているのです。

1項にある、この権利のことを『生存権』と言います。

「全ての国民には『生存権』がありますよ。」

と表しているのです。

2項では、

「国は、『生存権』のための社会保障制度や環境整備を実現できるように努力する必要がありますよ。」

と表しています。

しかしこの条文に書かれている『健康で文化的な最低限度の生活』について、実際の生活の状態や状況などは示されていません。

過去の裁判の事例のよると『健康で文化的な最低限度の生活』は、

文化の発達の程度や一般的な生活状況、財政事情などを考慮した上で考える

との事です。

なので『健康で文化的な最低限度の生活』の意味や内容は、

社会の流れや場所により変化している

と言えるでしょう。

 

『健康で文化的な最低限度の生活』の基準を解説

健康で文化的な最低限度の生活

健康で文化的な最低限度の生活 スマホとパソコン

国民が『健康で文化的な最低限度の生活』を営めるために、国は3つの政策をとっています。

  • 社会保険・・・医療保険、年金など
  • 社会福祉・・・児童福祉など
  • 公的扶助・・・生活保護など

どれも私達の生活を支えるものです。

健康を守るためや定年後の生活を支えるため、社会的弱者を守るための政策ですね。

 

この『健康で文化的な最低限度の生活』の基準を考えるものとして『生活保護』や『年金』があります。

生活するためのお金が支給されるので、基準としてわかりやすいですね。

『最低限度の生活』だけを考えると、衣食住のみが足りていればよいのかもしれません。

しかし、身体の健康や心豊かに暮らすためには、それだけでは生活できないのです。

昔はなかった携帯電話やインターネット、テレビ、エアコンなどは、今では生活に欠かせないものになっています。

このように、『健康で文化的な最低限度の生活』の基準は変化しています。

そのため国は『生活保護』は5年ごと、『年金』では毎年、支給基準を見直ししているのです。

 

『生活保護』では、所得の低い世帯の生活を維持するために行う支出の額とバランスが取れているかを比べます。

『年金』では、物価や賃金などによって毎年変動する方式(マクロスライド方式)が採用されています。

マクロスライド方式とは、物価や賃金の上昇率から『スライド調整率』という年金を納める世代の減少と、年金受給者の平均余命の伸びを考えた数字を差し引いて年金額を決める方式です。

 

このように『健康で文化的な最低限度の生活』の基準は、

低所得世帯の消費支出や社会の物価や賃金の変動

によって決まってくるのです。

 

『健康で文化的な最低限度の生活』の年収はいくら?

『健康で文化的な最低限度の生活』を営むための『生活保護』や『年金』は、どのくらいなのでしょうか。

まず『年金』から紹介しましょう。

夫が23歳~60歳まで厚生年金をかけた場合は、年額として約183万円が支給されます。

また妻が、23歳から7年間、厚生年金をかけて退職、その後60歳まで夫の配偶者となった場合は、年額として約79~86万円の支給が受けられます。

あくまでモデルケースですが、

夫婦二人では、年収として262~269万円

となるでしょう。

次に、『生活保護』ではどうでしょうか。

支給額は、住んでいる地域や家族構成によって違ってきます。

たとえば、

60代夫婦二人では、年収約129万円+住宅扶助(家賃代)

となります。

夫婦二人と子供一人では、年収約163万円+住宅扶助(家賃代)です。

たしかに医療費の扶助や教育費の扶助などがあるのですが…。

はたして、この年収で『健康で文化的な最低限度の生活』が送れるのでしょうか。

 

一方、全国各地の労働組合の調査では、『健康で文化的な最低限度の生活』を送るには、

毎月最低でも22万円が必要

という調査結果がでています。

これを年収に換算すると約264万円になりますね。

しかしこの調査の対象になっているのは、25歳独身者ですので、夫婦二人の場合や、子供のいる場合では大きく変わってくるでしょう。

『健康で文化的な最低限度の生活』の年収は

  • 60代夫婦二人で、生活保護では約129万円(+住宅扶助)、年金では約262万円
  • 夫婦二人と子供一人で、生活保護では約163万円(+住宅扶助)

と国では考えているようです。

しかし実際には、

独身世帯でも年収約264万円は必要

という調査結果も出ています。

スポンサーリンク

アドセンス

 

おわりに

『健康で文化的な最低限度の生活』とは、何とも曖昧な定義ですよね。

憲法で一行しか書かれていない言葉ですが、意味や基準については、社会の流れや場所・社会の変化によって変わってくるのです。

『健康で文化的な最低限度の生活』を実現するための年収については、現在は一人一人の生活スタイルが多様化しています。

その中で、国が考える年収の金額と、実際に必要な金額に大きな差が出ているように感じる次第です。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momijibrand

天然酵母を起こしてパンを焼く、趣味の物でフリマに出店する、楽器を習いに行く、凝り性+何ごとも面白がってやる性格です。 仕事・家事・趣味・ライティングにと充実した時間を過ごしています。 『何にでも興味を持つこと』『柔軟な考え方ができること』を心がけて雑学の記事を書いています。 「そうだったのか」と思ってもらえる様にテーマを紹介していきます。

-お金, 雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.