美容・健康

食中毒にならない夏のお弁当の作り方とは?予防対策をチェック!

投稿日:

梅雨時や夏のお弁当は、作る側として、とても心配になりますよね?

とくに、屋外で仕事している旦那さんや部活で朝が早い子供のお弁当には、細心の注意を払わなくてはなりません。

「この食材を入れても傷まないかな?」

「お弁当箱に雑菌が付着していないかな?」

このように悩んでいると、結局何を作ればいいのか分からなくなってしまいます。

しかし、家族や自分のためにお弁当は作らなくてはいけません。

そんな人の為に、今回は食中毒にならない夏のお弁当の作り方について紹介していきます。

お弁当の消毒から調理方法、そして殺菌作用のある食材等も記載していますので、予防対策として取り入れてみましょう。

夏のお弁当で食中毒を起こさないためにも、ぜひ最後まで読んでください!

スポンサーリンク

夏のお弁当作り!まずはお弁当箱の洗浄・消毒から始めよう!

お弁当1

お弁当

お弁当箱の洗浄・消毒方法

夏のお弁当作りには、入れる食材も大切ですが、まずは基本であるお弁当箱を清潔にしておかなくてはなりません。

お弁当箱に汚れが残っていたり、少しでも濡れていると、そこから雑菌が繁殖して中身が傷んでしまうので要注意です。

ですので、お弁当を洗う際は、隅から隅まで丁寧に洗い、熱湯で消毒するようにしましょう

熱湯で消毒する際は、お弁当箱が耐熱かどうかをきちんと確認してくださいね。

 

そして、熱湯消毒後はキッチンペーパー等でしっかり水気を拭き取り、完全に乾燥させた状態にしましょう

これでお弁当箱の洗浄は完了です。

少し手間はかかりますが、食中毒防止のために頑張ってください。

オススメのお弁当箱をご紹介

お弁当箱を洗浄・消毒するのも大切ですが、通気性に優れたお弁当箱を選ぶのも食中毒予防に繋がります

木や竹でできたわっぱのお弁当箱

 

蓋をかぶせるだけのアルミ製お弁当箱

 

この2種類のお弁当箱は、プラスチック製のお弁当箱と違って通気性が良いので、中の水分が逃げやすいです。

そのため、食材が傷みにくくなるのです。

これからお弁当箱を買い換える人は、わっぱのお弁当箱やアルミ製のお弁当箱に変えてみてはいかがでしょうか?

 

夏のお弁当作り!おかずやご飯を詰める際はよく冷ます事!

ご飯

ご飯

ご飯はよく冷ます

炊き立てのご飯や温めたばかりのご飯をお弁当箱に詰めると、水蒸気がお弁当内に溜まって雑菌を増やす原因になります。

ご飯を詰める際は、必ず冷ましてから入れるようにしましょう。

また、冷房の効いていない場所でお弁当を保管しなくてはいけない時は、ご飯を炊く際にお酢を入れると傷みにくくなります

『お米3合に対してお酢小さじ1杯』

を入れるだけでいいので、とても簡単ですね。

ぜひ取り入れてみてください。

おかずは火を通してよく冷ます

肉や魚にしっかり火を通すのは、どの季節でも当たり前の事ですが、夏場はもっと注意しなくてはいけません。

ハムやかまぼこ等の加工食品にも、必ず火を通すようにしてくださいね。

そして、十分に火を通したら完全に冷ましてお弁当箱に入れましょう。

煮物は汁気を切ってよく冷ます

煮物はお弁当のおかずには向いていません。

しかし、栄養バランスや色合いを考えると、どうしても入れたい場合もあるでしょう。

その際は、よく冷ましてから、煮汁をしっかり切って入れてください。

また、煮物の味付けも濃くするよう心掛けましょう。

味を濃くする事で傷みにくくなりますし、夏場は汗をよくかくので塩分補給にもなりますよ。

お弁当に水気・汁気は厳禁です!

上記の点に気を付けて、お弁当のご飯やおかずを詰めましょう。

 

夏のお弁当のNG食材一覧!これらは避けるべきです!

夏のお弁当作りで最も重要なのが

『傷みやすい食材を避ける事』

ですよね!

ここでは傷みやすい食材の一覧を記載していきますので、参考にしてください。

野菜

野菜

生野菜

  • レタス
  • キュウリ
  • トマト(プチトマトはヘタを取り除いた後、よく洗って十分に水気を拭き取れば入れてもOK)
  • キャベツ
  • 赤玉ねぎ  等

生野菜を使った料理

  • サンドイッチ
  • ハンバーガー
  • サラダ
  • 漬物
  • 浅漬け  等

フルーツ

  • ぶどう
  • バナナ
  • りんご
  • オレンジ
  • キウイ
  • メロン
  • サクランボ
  • みかん  等

どうしても甘い物を入れたい場合は、ドライフルーツやゼリーで代用しましょう。

ご飯もの

炊き込みご飯

炊き込みご飯

  • チャーハン
  • 炊き込みご飯
  • 混ぜご飯
  • あんかけご飯
  • そぼろご飯
  • いなり寿司
  • ちらし寿司
  • 牛丼
  • カツ丼
  • 親子丼
  • オムライス  等

麺類

麺類は基本的に全てアウトです。

  • うどん
  • そば
  • そうめん
  • やきそば
  • パスタ  等

しかしお弁当箱に入れる際、麺と具と汁を分けて入れ、直前で温めて混ぜるのであれば、お弁当にしてもかまいません。

上記が夏場に傷みやすいお弁当の食材です。

これらを間違って入れてしまわないよう、気を付けましょう。

 

夏のお弁当作りにオススメ!殺菌・防腐作用のある食材はコレ!

梅干し

梅干し

夏のお弁当には、

殺菌作用や防腐作用のある食材を一緒に入れる事

をオススメします。

  • お酢・・・酢酸による強力な殺菌作用がある
  • 梅干し・・・梅干しに含まれるクエン酸やリンゴ酸に殺菌作用がある
  • わさび・・・わさびの辛味成分であるアリルからし油に、食中毒の原因菌を殺菌する作用がある
  • 生姜・・・生姜の辛味成分であるショウガオールとジンゲロールに殺菌作用と酸化防止作用がある
  • 大葉・・・大葉に含まれるペリルアルデヒドに殺菌作用と防腐作用がある

これらの食材には、殺菌・防腐作用がありますので、ぜひお弁当のおかずと一緒に入れてみてください!

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、食中毒にならない夏のお弁当作りについて紹介してきましたが、参考になりましたか?

夏のお弁当作りには、とても気を使いますが、ここで紹介したポイントを抑える事で食中毒にかかるリスクは低下するでしょう。

また、上記で記載した内容にプラスして、抗菌・防腐作用のあるシートをお弁当に入れておくのもオススメです。

このシートは100円均一やドラッグストア、そしてネット通販等で購入できます。

気になる人はチェックしておいてください。

しかし、このシートは菌の繁殖を抑制するだけで

「絶対に腐りません!」

「完全に食中毒菌を殺菌します!」

というものではありません。

しかし、今回紹介したお弁当作りのポイントにシートを追加すれば、さらに安全なお弁当が作れると思いますので、ぜひ取り入れてみてください。

家族のために、あなたのために、夏場も美味しいお弁当を作りましょう!

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.