言葉の意味・語源・由来

涙活とは?その効果とストレス解消におすすめの泣ける映画を紹介!

投稿日:

あなたは最近涙を流して泣きましたか?

実は泣くことは、ストレス解消に繋がるんですよ!

確かに感動する映画をみて泣いた後は、すっきりした気持ちになりますよね。

この泣いてストレス解消をすることを

“涙活(るいかつ)”

というのだそう。

そこで今回は、最近話題のストレス解消法である“涙活”について紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

“涙活(るいかつ)”とは

泣くことでストレス解消?

泣くことでストレス解消?

涙活とは、意識的に涙を流して泣くことで、ストレス解消を目的とする活動です。

最初に提唱したのは離婚式プランナーの寺井広樹さん。

寺井さんによると、

人は泣くことによって、緊張や興奮を促す交感神経からリラックスや安静を促す副交感神経に切り替わる

のだそう。

涙活は、この仕組みを利用して、ストレス解消をするのが涙活なのです。

『泣くこと』『笑うこと』よりも

大きなストレス解消効果

があるそうですよ。

 

涙活の効果

ストレス解消

ストレス解消

涙活によって得られる効果で、最も大きいのはストレス解消です!

また泣くことは、美容にも効果的なのだとか。

その詳しい効果を紹介します。

ストレス解消効果

涙活の主な目的はストレス解消!

『たくさん泣いてスッキリする』

それが目的です。

人は泣くことで極端に副交感神経が刺激され、

1晩寝たのと同じくらいのリラックス効果

があるそうです。

ほんの少し泣くだけでも大きな効果が見込めます。

注意点としては、

同じ涙でも生理的に流された涙ではなく、感情を伴う涙でないと意味がない

ということ。

アメリカの研究で、感情を伴う涙、とくに感動によって流される涙には、ストレスの元になるホルモンが含まれていたそう。

つまり涙には

『ストレスの元になるホルモンを体外に出すデトックス効果がある』

ということですね。

このストレスの元となるホルモンは、玉ねぎを切ったときなどにでるような生理的な涙には含まれていなかったそうです。

そのため、感動や共感の涙を積極的に流して、ストレス解消を図りましょう!

美容効果

実は、涙を流すことはストレス解消だけでなく、美容にも効果があるのだそう!

女性には嬉しい話ですよね。

まずストレスが、美容の大敵であることは周知の事実です。

ストレスが溜まることで肌内部に活性酸素を発生させてしまい、シミや吹き出物ができやすくなってしまいます。

涙活によって、ストレス解消を定期的に行っていれば、ストレスが溜まりにくく美容に良いというわけです。

また涙を流さないでいると、涙腺がつまり血行が悪くなります。

血行が悪くなると、クマや顔のむくみに繋がるのです。

泣くことで、涙腺が掃除され血流が良くなることで、クマがなくなったり肌の調子が良くなります

また泣くことは体外に水分を出すことになるため、余分な水分が排出され、むくみが解消されます。

むくみがとれたことによる、小顔効果も期待できますね!

 

涙活におすすめ映画

ここまでで、感動や共感で涙を流すことが身体や精神的に良いことがよくわかりました。

しかし

「涙活はじめてみようかな!」

と思っても、実際には中々涙を流す機会ってないですよね。

そんなあなたに手軽できる涙活として

『感動する映画を見て泣く』

という手があります。

ここでは涙活にぴったりな感動映画を紹介します。

邦画編

1.湯を沸かすほどの熱い愛

 

宮沢りえさん主演の映画です。

あらすじとしては、余命2ヶ月の宣告を受けたバラバラだった家族を再構成させようとするというもの。

母の大きな愛が感じられる映画です。

また、母役の宮沢りえさんと娘役の杉咲花さんの、何気ない親子のやりとりが、とっても秀逸です。

ラストは衝撃!

となりますが、そこに至るまでの家族の物語に心を打たれること間違いありません。

2.愛を乞うひと

 

こちらは、2017年に篠原涼子さん主演でドラマ化されていましたが、今回紹介するのは原田美枝子さん主演の映画版です

幼い頃から虐待を受けて育った主人公の女性。

彼女は、やがて母となり自分の過去と向き合っていく物語です。

壮絶な虐待を行う主人公の母と現在の主人公を、原田美枝子さんが見事に演じ分けます。

終盤の母と娘の再会のシーンは、息を呑む静かな迫力があり圧巻です。

過去の痛みを受け入れていく過程は見ていてとても辛いですが、最終的には不思議と解放された気持ちになれる作品ですよ。

3.フラガール

 

松雪泰子さん、蒼井優さんら実力派の女優さんが多く共演している作品です。

廃れゆく炭鉱の街を盛り上げるべく、町興しとしてハワイアンセンターを舞台に少女たちがフラダンスを行うという物語です。

昭和40年代の日本を見事に再現し、そこに生きる人々の葛藤を見事に描いています。

それぞれの事情を抱えながらも、懸命に前に進もうとする少女たちの姿に心を打たれて涙するでしょう。

洋画編

1.ショーシャンクの空に

 

こちらはホラー小説の巨匠スティーブン・キングによる原作『刑務所のリタ・ヘイワース』を映画化したもの。

冤罪によって刑務所に入れられてしまった主人公の男の苦悩と、刑務所内での友情を描いた物語です。

ラストは思わず、

嬉しい感動の涙を流してしまう、気持ちの良いラスト

となっています。

主人公演じるティム・ロビンスの知的で考え深げな佇まいが、非常にいい味を出していますね。

2.リトル・ダンサー

 

あらすじとしては、炭鉱の街で“男らしく” を期待される少年が、バレエに魅せられ、バレエダンサーを目指す物語です。

母を早くに亡くし、男らしさを求める父と兄に育てられる少年の葛藤が丁寧に描かれています。

ラストシーンで大人になった少年が、大きく飛躍するシーンは美しく印象的です。

また、この映画の見どころは、映画内に使われている音楽にもあります。

バレエを題材としながら、T-REXのようなロックが効果的にBGMとして使われていますね。

音楽好きにもたまらない作品になるでしょう!

3.シンデレラマン

 

あるボクサーの実話をもとにした物語です。

時はアメリカ大恐慌時代。

華々しいボクサー人生を歩んでいた主人公は、突然、転落人生を歩むことになります。

激貧に喘ぐ中でもボクサーとして家族を守ろうとした男の人生を、ラッセル・クロウが演じます。

闘う男の想いと、家族の気持ちが交差し、胸が打たれるでしょう。

『たった1つのチャンスでも、這い上がっていくことができる』

という力強いメッセージのある映画です。

感動とともに勇気づけられる作品でもありますね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

おわりに

今回は涙活について紹介しました。

一番のポイントは感情の伴う涙を流すこと!

感動映画を見て、質の良い涙を流すのも立派な涙活ですね。

最近では、涙活のイベントなんかも多く開催されているみたいです。

あなたに合った涙活で、明日への活力を手に入れましょう!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.