ゲーム

フォールアウト76の日本発売日と予約をチェック!オンラインはどうなる?

更新日:

洋ゲーが熱い2018年の秋~冬。

多くのタイトルがぶつかり合うため、洋ゲーファンには忙しい時期になりそうです。

そんな洋ゲーラッシュの1つとして注目を集めるタイトルが、『フォールアウト76』だと思います。

オンライン要素が非常に濃くなった『フォールアウト76』。

日本国外からの評判はいいみたいですが、国内では賛否両論。

そんな『フォールアウト76』について、発売日やオンライン情報といった、最新情報を紹介します。

アドセンスリンクユニット

『フォールアウト76』の日本発売日が判明!

2018年のベセスダのE3カンファレンスでとくに注目を集めたのが、『フォールアウト76』でした。

そんな気になる『フォールアウト76』の発売日が、E3カンファレンスで発表されましたよね。

この時に発表された発売日は、2018年11月14日だったのですが、これはあくまでもアメリカでの発売日だったようです。

 

そして、つい先日、『フォールアウト76』の日本発売日が正式に発表。

『フォールアウト76』の日本での発売日は…

2018年11月15日(土)

となりました!

日本発売日はアメリカに比べると、1日遅れ。

遅れるのは残念ですが、たった1日の遅れで済んだのは幸いでしょうね。

むしろ吹き替えも搭載している洋ゲーの日本発売日が、1日の遅れで済むというのは、かなり珍しいケースだと思います。

これは、日本の『フォールアウト』ファンにとっては、またとない朗報になりました。

 

『フォールアウト76』の予約情報を紹介

『フォールアウト76』の予約情報も判明しています。

既に9月10日(月)から予約は開始していて、各店舗で予約可能です。

 

PSStoreでは、『Standard Edition』『Tricentennial Edition』のダウンロード版の予約が開始。

PSStoreの特典として、PS4のテーマ『Fallout 76 Official Static Theme』が付属します。

PSStoreのダウンロード版は、発売日当日の0時からダウンロードできるので、すぐ始めたい人にはおすすめですよ。

 

ちなみに、『フォールアウト76』の価格は、

パッケージ版

Standard Edition:7,980円+税

Tricentennial Edition:9,980円+税

Power Armor Edition:24,980円+税

ダウンロード版

Standard Edition:8,618円

ricentennial Edition:販売価格 10,778円

となっています。

このうち、パッケージ版の特殊バージョンには特典がついていて、

Tricentennial Edition

  • 建国300周年パワーアーマーカスタマイズ(T-51、T-45、T-60、X-01 パワーアーマー向け)
  • 建国300周年武器カスタマイズ(10mmピストル、ハンドアックス、レーザーライフル向け)
  • 超ハンサムなVault Boyマスコットヘッド
  • 愛国心あふれるアンクルサムの衣装
  • エモート – Vault Boy お祝いの敬礼
  • 建国300周年記念 高品位ワークショップポスター
  • 建国300周年記念 フォトフレーム
  • Fallout 76 B.E.T.A. (Break-It Early Test Application)へのアクセス権

Power Armor Edition

  • 『Tricentennial Edition』の特典
  • 着用可能な実物サイズのT-51パワーアーマーヘルメット & ウエストテック社キャンバスダッフルバッグ
  • 暗闇で光るワールドテレインマップ:
  • Falloutコレクションフィギュア(24種)
  • 建国300周年記念 スチールブック:
  • 『Tricentennial Edition』のゲーム内特典

このような内容になっていますよ。

特典を考えたら、パッケージ版を注文した方がいいかもしれませんね。

とくに『Power Armor Edition』は『フォールアウト』ファンにはたまらないグッズばかりですからね!

 

『フォールアウト76』はオンライン軸のゲームになる!?

『フォールアウト』といえば、オフライン用のゲーム…いわゆるオフゲーの路線を歩んできたシリーズですよね。

MODなどを入れて自由度の高いゲームとしての評価がかなり高いゲームです。

しかし、噂では次回作は、

「オンライン対応のゲームになるのでは?」

と囁かれていて、新作発表前から、ユーザーの中でもゲーム内容に注目が集まっていたのを覚えています。

 

その予想は見事的中!

シリーズ初のオンラインマルチプレイヤーRPG

となることが、ベセスダのトッド・ハワード氏から語られました。

『フォールアウト76』は、

『フォールアウト4』の4倍の広さのウェストバージニア州が舞台

となるオープンワールドRPG。

 

世界観は、ベセスダによると、

2102年、再生の日。

爆弾が落とされてから25年、有望な国民の中から選ばれたあなたと仲間のVault居住者たちは、終末戦争後のアメリカへと足を踏み入れます。

一人で、あるいは仲間と協力しながら、探索やクエスト、建設を行い、ウェイストランド最大の脅威に立ち向かいましょう。

とのことで、

全ての『フォールアウト』の前日譚となる

ことも判明しています。

ただ、なによりも気になるのはマルチプレイヤーゲームになるという部分ですよね。

具体的に、どういうマルチプレイ要素が取り入れられるのでしょう?

 

『フォールアウト76』は、マルチプレイが主な軸となるようで、

最大24人でプレイが可能

なゲームとなっています。

E3のカンファレンスでは12人と言われていましたが、24人だったんですね。

また、1チーム最大4人まで組めるとのことです。

 

肝心のマルチプレイ内容ですが、かなり自由にプレイ可能みたいですね。

ソフトコアなサバイバルになると言われており、

他プレイヤーと協力して生き延びるもよし、敵対して自分だけ生き残るもよし

という、どう進めるかはプレイヤー次第な部分があります。

また、『フォールアウト4』であった拠点構築…。

いわゆるクラフト機能にあたるものも、『C.A.M.P』と呼ばれる基地を使うことで生成可能になります。

基地の場所はプレイヤーが自由に決められ、生存に不可欠なシェルター、物資、安全が提供されます。

他の生存者と取引するために店を構えることも可能です。

そして、他プレイヤーの基地を攻撃して破壊することもできるみたいですよ。

 

Co-op要素…。

いわゆる協力プレイ要素では、

ウェストバージニア州の伝承をもとに、その伝説上の生物がクリーチャーとして登場、狩ることができる

という要素があります。

フィールドは6つの生物相が異なる地域に分かれているそうですよ。

それぞれにこのような伝承上の生物がいる…ということなのでしょうか?

 

さらに、他にもグールや凶暴化したスロース(ナマケモノ)、コウモリなども現れるとのことです。

ちなみに、倒した生物をバックに、

味方メンバーと一緒に写真を撮り、それをオンライン上に公開することもできる

みたいですよ。

 

そして…。

『フォールアウト76』には、かなりブラックな要素ではありますが、

"核"

がエリアの各所に存在します。

核弾頭サイロを制圧し、発射コードを揃えるという条件を満たせば、なんと核ミサイルを発射することが可能!

地域を選択して発射すると、その地域一帯が消し飛び、環境は完全に荒廃してしまいます。

しかし、希少で高価な資源が見つかる高レベルエリアが生み出されることもあるそうですよ。

 

さらに、かなりブラックな要素ですが、

危険な生物の排除や、敵プレイヤーのキャンプがある地域に核をぶち込み、破壊してしまうこと

もできるみたいです。

 

なるほど…。

核ミサイルをプレイヤーが乱発しまくれば、『フォールアウト』の世界が、あのようになるのも頷けます。

核を使わないで世界を守るのか。

それとも核ミサイルを打ちまくって暴虐の限りを尽くし、敵もろとも世界も破壊するのか…。

世界の命運まで、自由にプレイヤーが決められるというわけです。

核攻撃ができるとなると、日本にはCEROレーティングという必要性が怪しい厄介な規制があるので表現的に大丈夫なのか…?

と思う国内ファンも多かったのですが…

なんと、

北米版とのゲーム内の表現内容に差異はない

とベセスダ公式Twitterが発表!

海外版と同じ状態、つまり表現規制なしとなることも判明!

ファンにとっては、これほど嬉しいことはないですよね。

これで、日本版でも心置きなく核を発射しまくることができます!

 

ちなみに、マルチプレイヤーRPGとは言いましたが、E3カンファレンス内でトッド・ハワード氏は、

「ソロプレイも可能」

ということを何度も言って強調していたため、ソロプレイもできるみたいです。

しかし、オンライン対応ゲームをソロプレイとなると、協力してプレイするよりは厳しい縛りプレイに近い形になりそう…。

難易度は、グンと上がってしまうのではないでしょうか。

 

『フォールアウト76』の76とはどういう意味?

『フォールアウト76』は、シリーズ最古の物語というものの、ナンバリングタイトルではありません。

そもそも、"76"というタイトルがナンバリングタイトルだとすると、最低でも『フォールアウト』シリーズが75作も…。

 

この『フォールアウト76』は、『フォールアウト』シリーズのスピンオフ作品という位置づけです。

『フォールアウト:ニューベガス』が『フォールアウト3』のスピンオフだったので、『フォールアウト76』を何のスピンオフか定義するなら、

『フォールアウト』シリーズ全部…。

と言えるでしょうか。

では、ナンバリングタイトルではないにもかかわらず、なぜ76という数字がついているのでしょうか?

この76という数字が意味する内容とは…?

答えを言うと、『フォールアウト76』の76とは、

シリーズでも度々登場していた『Vault 76』からとった数字

なのです。

『Vault 76』は、アメリカ合衆国の建国300周年記念として、2076年に建造されたシェルターです。

『フォールアウト3』では記述だけ登場、『フォールアウト4』では、名前が出ていながら行くことのできないシェルターでした。

ちなみに、20年ほどで開いてしまうようになっていることはわかっていますが、その後2097年に開いたのかどうかは不明です。

『Vault 76』から外に出るのが『フォールアウト76』の内容っぽいので、そのあたりは、『フォールアウト76』で語られるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『フォールアウト76』は、まさかの

オンライン対応マルチプレイヤーRPG

になることが判明。

シリーズ初のオンラインマルチ要素ということで、日本国内では賛否両論に…。

一方、日本発売日が2018年11月15日と、アメリカに比べ1日遅れで済んだこと、そして表現規制なしで発売されるのは朗報でしょう。

海外版と変わらない『フォールアウト76』を、日本でも楽しめそうですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-ゲーム

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.