生活

神社のお賽銭でお金を入れる意味と1円や5円など金額の違いを紹介

投稿日:

初詣や観光などで訪れた神社やお寺で、お参りをする際にかかせないのがお賽銭ですよね。

あなたも、お賽銭箱に向かって小銭を投げ入れた経験があるのではないでしょうか。

ところで、このお賽銭にどんな意味があるのか知っていますか?

お願いをする代金?それとも神社やお寺に対しての寄付のようなものでしょうか。

今回は、そんなお賽銭にまつわる知識を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

お賽銭の意味

お賽銭箱

お賽銭箱

お賽銭の意味は諸説あるようですが、今回は大きく2つの意味を紹介します。

これを知ると、何気なく納めていたお賽銭が少し違ったものに見えるかもしれませんね。

お供え物としてのお賽銭

その昔、人々は神社に対して、前年の豊作に感謝し山や海の幸をお供えしていました。

お供え物は、

神様への感謝の印

だったのですね。

またお供えの機会は、神様へ感謝することと同時に、

来年の抱負や決意を報告する場

でもあったのだそうです。

これが、そのうち物ではなくお金をお供えするようになりました。

これがお賽銭の起源だそうです。

お賽銭は、お願いごとを叶えてもらうための代金ではなく、神様への感謝の印であったり、神様に決意表明するためのものということです。

お祓いとしてのお賽銭

お金には、災いや穢れ(けがれ)を、磁石のようにくっつけてくれる役割があると考えられているそうです。

お賽銭は、自分についた災いや穢れをお金にくっつけて、神社に奉納するという意味があるのだとか。

自分の身を祓い、清める一種の儀式が

『お賽銭を入れる』

という行為になるわけですね。

知らず知らずのうちに、身を清める儀式を行っていたなんて、知らない人からすると驚きでしょうね。

 

お賽銭に費やす金額

参拝に適した金額とは?

参拝に適した金額とは?

具体的に、お賽銭の意味を知ると

『金額が大きいほど願い事が叶いやすくなるわけではないこと』

が分かると思います。

お賽銭には適した金額などは設定されておらず、いくらでも良いそうです。

考え方によっては

『お願い事によってお賽銭の額は変えるべき』

という考えもあるそうですが、これは

『大きな金額を入れることで、それだけ想いを込める』

という意味合いからだそう。

結局のところは、お賽銭を入れる人の気持ちや想いが大切ということです。

金額の大小よりも、その日のあなたが、いくら納めたいのかという気持ちが大事です。

あなたにとって無理のない金額を、心を込めてお供えしましょう。

 

お賽銭に使う硬貨

縁起の良い硬貨

縁起の良い硬貨

「いくらでもいいと言われても困る…」

という人もいるかもしれません。

そんなときは、縁起を担いでみましょう!

縁起の良い語呂合わせの金額は色々あります。

その時の想いや、願いに合わせて語呂で縁起を担ぐのも良いかもしれません。

割り切れない金額

一般に、

21円や31円などの割り切れない数は良い

と言われます。

"縁"が切れないからです。

語呂では

イイ(11)縁(円)にかけて11円

福(29)にかけて29円

始終(40)良い(1)縁(円)にかけて41円

といったものがあります。

反対に、10円

“とおえん"に読み替えられることから、“遠縁(とおえん)”に繋がり、縁起が悪い

とされています。

10円玉はお賽銭で使わないほうが無難なようです。

5円に関する語呂

「ご縁(5えん)がありますように」

という願いを込めて、5円玉を納めた経験がある人は多いのではないでしょうか。

また5円玉は、穴が開いていることから、

"先を見通せる→先行きの見通しが良い"

ということに繋がり、縁起が良いとされることもあるそうです。

そんな5円にまつわる縁起の良い語呂が他にもあります。

十分(10)ご(5)縁(円)がありますように ⇒ 15円

再三(3)ご(5)縁(円)がありますように ⇒ 35円

5重(50)のご(5)縁(円)がありますように ⇒ 50円

充(10)分にご(5)縁(円)がありますように ⇒ 105円

良い(11)ご(5)縁(円)がありますように ⇒ 115円

四(4)方八(8)方からご(5)縁(円)がありますように ⇒ 485円

以上が、5円玉に関する語呂合わせでです。

全て5円の倍数です。

そのため、

10円玉を使わず5円玉の組み合わせで金額を作ると、更に縁起が良い

といえますね。

 

お参りのマナー

お参りのマナー

お参りのマナー

お賽銭を投げ入れるのはNG?

お賽銭は神様へのお供え物です。

強く投げつけるようにいれるのは、マナー違反となります。

また、お賽銭箱の前に来る前に、遠くから投げることもマナー違反。

あなたでも物を強く投げつけられたり、遠くから物を投げられたら嫌な気持ちになりますよね。

お賽銭を納めることは、神様に感謝したり、自分の災いや穢れを払わせてもらっているということ。

感謝の気持ちを忘れず、マナーを守ってお参りをしましょう。

参拝の作法

参拝作法

参拝作法

実際にお参りすると

「あれ?拍手何回だっけ?」

「お賽銭が先だっけ?鈴が先だっけ?」

など迷ってしまうことはありませんか。

この機会に正しい参拝作法をおさらいしてみましょう。

1.軽く一礼

神様に対して、参拝の前に軽く一礼しまう

2.鈴を鳴らす

縄を揺らして鈴を鳴らします。

この鈴には、邪気を祓う意味があります。

しっかり鳴らして全身の邪気を払い清らかな気持ちでお参りしましょう

3.お賽銭をいれる

お賽銭箱から出てしまわないよう、静かに入れましょう。

お賽銭は投げるのではなく

『賽銭箱へ滑り込ませるように入れる』

ことがマナーとされています。

賽銭箱前が混み合っていると、遠くから投げたくもなりますが、お賽銭箱の近くで静かにお賽銭を入れて離れてお参りすることも一つの手です。

4.2回礼をする

拝殿に向かって2度礼をします。

これは神様に対して敬意を表す行為です。

5.2回拍手して祈る

胸の高さで手のひらを合わせ、右手を少し下にずらして2度拍手します

最後に、今度は両手の平をずれることなく合わせ、神様に祈りを込めて下ろします。

神道には、

左手=霊(神)

右手=体(人)

という考えがあります。

最初に手のひらの位置を少しずらすのは、最初の時点では、まだ神と人が一体ではないということを指します。

2拍手で神を招き、その後できちんと手をあわせることで

『神と人を一体にする』

という意味合いがあるのです。

6.一礼する

最後に一礼し、右足から後ずさりして拝殿を後にします。

スポンサーリンク

アドセンス

 

さいごに

今回はお賽銭について紹介しました。

何気なくやっていたお賽銭や参拝の仕方でも、知らなかったこともあったのではないでしょうか。

お賽銭の正しい意味を知ると、参拝の仕方や見方が変わりそうです。

マナーを守って、気持ちの良い参拝をしましょう!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.