時事

法政大学でノートを集団盗撮された教授と学生を調査!犯罪行為?

更新日:

最近は、SNS上にアップされた画像や動画から、問題行動が発覚する事案が増えていますね。

いまやほとんどの人が携帯やスマートフォンを持っていて、どんなときでも常に撮影が可能。

ときには、犯罪に関わる行為の決定的瞬間をとらえることもあります。

 

そんな中、2018年6月6日に法政大学社会学部の学生というユーザーが投稿したツイートが話題になっています。

その驚きの内容は、

大学教授のノートを学生が盗撮した

というものです。

はたして、法政大学で一体何が起こったのでしょうか。

今回は、法政大学でノートを集団盗撮された教授と学生を調査し、犯罪行為にあたるのかを調べていきます。

スポンサーリンク

法政大学でノートを集団盗撮された教授と学生は?

大学講義

大学講義

問題となった投稿は、2018年6月6日に、法政大学・社会学部の学生だというユーザーのツイートです。

学生たちが盗撮中

学生たちが盗撮中

先生が教室出てってから先生が置いてったノートの写真撮るために群がってる連中がいる笑

これは許される行為なのだろうか?

この文章とともに、教室の画像がアップされています。

画像には、教壇の周りに男女が10人くらい集まっている様子が写されていました。

そして

男子学生がスマホで机の上(ノート)を撮影している

様子も確認できます。

教壇の周りにいる学生は、この様子を笑顔で見ている状況で他の学生は席についています。

一体、法政大学の講義の現場で何があったのでしょうか。

この件について、当時同じ教室にいたツイッター投稿者とは別の学生が『J‐CASTニュース』のツイッターを通じた取材に応じて、トラブルの経緯を説明しています。

 

このとき行われていた講義は、

『ミクロ経済学』

だったそう。

この講義は受講生が多いため、大きな教室で行われていたといいます。

この講義の最中に、

一部の学生が教室の後方で床に寝そべり、スマホをいじりながら談笑していた

という問題行動が起こります。

この講義をしていた教授が、この床に寝そべっている学生を

とがめた(説教をした)

けれど、学生は

その注意を無視

したといいます。

このような学生の態度に教授が激怒し、

講義に必要な道具を放置したまま教室を去って行った

そうなのです。

そして、教授が教室を出て行った後、

別の学生たちが教壇に残された講義用のノートの撮影を始めた

ということでした。

 

まずそもそも、授業態度に大きな問題がありますね。

この『ミクロ経済学』は受講者が多く、広い教室を使用していたということから、人気の講義だったことがうかがえます。

教授の講義が受けたくて受講している学生がたくさんいるにも関わらず、講義を妨害する行為は許せるはずがありません。

興味がない、雑談がしたいのであれば、講義を受講しなければいいのです。

おそらくは出席して、単位だけは欲しいところなのでしょうか。

一生懸命に講義をしている教授に対しても、学びたい気持ちの学生に対しても、失礼極まりない行為ですよね。

この行為に対してネットでは、

「なんのために大学行ってんだ 」

「こういうのは退学にするべき 」

「教えてもらうってことに対して敬意を払えないなら学生辞めればいいのにねえ」

と、学生に対して厳しい声があがっています。

 

また反対に、教授や大学側に対する意見もありました。

「職務放棄してるんだから教授も学校側も怒れないでしょ 」

「授業環境を整える義務が大学側にある。」

授業を途中で放棄していることに対して、教授の対応にも問題があったとする声もありました。

 

小学校や中学校、高校でこのような反抗的な態度をする児童や生徒は見たことがありますが、大学でこのようなことがあるのは驚きです。

大学側が、きちんと授業環境を整える必要があるといえるでしょう。

 

また『ミクロ経済学』に携わる教授は複数人いるようで、どの教授であるかはわかっていません。

学生についても同様で、その正体はわかっていません。

大学側も、学生のプライバシーへの配慮をお願いしているという状況。

当事者は、しっかりと反省してほしいですね。

大学側は、こういった学生に対して、今後どのように指導していくのか、教育方法を考えて対応していく必要があるでしょう。

 

学生が教授のノートを盗撮することは犯罪行為?

ノート

ノート

問題は、学生が教授のノートを盗撮する行為が犯罪行為なのかどうかですね。

ネットでは、

「これで単位取得したら普通に犯罪じゃん

という意見もありました。

確かにこの行為によって、単位に影響がでるのであれば問題になりそう。

 

しかし実際は、

『盗撮罪』というものはなく、はっきりとした定義がない

のだそう。

 

盗撮したものに対して、

  • 迷惑防止条例違反(例:駅などでのスカートの中を盗撮する行為)
  • 軽犯罪法違反(例:浴室・トイレなどでの盗撮行為)
  • 知的財産権侵害(例:上映中の映画の盗撮行為)

という風に分かれているそうです。

 

盗撮というのは、

  • 相手の許可なく撮影すること
  • 相手が隠しているものを撮影すること

を指します。

今回、学生が教授のノートを盗撮したのは、許可なく撮影したという部分にあたるでしょう。

犯罪として成り立つのかは、定かではありませんが盗撮行為であることは間違いないです。

 

ただ、今回講義を行っている教授のノートを盗撮したことは、

教授が作成するテストの内容をカンニングした

とも考えられる可能性があります。

講義では、テストに出る問題も教えているはずです。

教授が作成した講義用ノートには、重要点などが分かりやすく書かれているのではないかと推測できますね。

そういった点を踏まえて考えると、

カンニングによって偽計業務妨害罪

となる可能性もあります。

例えば、教授の講義のノートを盗撮したという事実が明らかにならないまま、教授がテストを作った場合。

このノートの部分を盗撮していたことによって、盗撮した学生のテストの点が良くなったら、これはカンニング行為にあたりますね。

こうなった場合は、カンニングで偽計業務妨害罪になるかもしれません。

大学生のテストは、小学生のテストのように、赤点だったから残念というわけにはいきません。

合格点に達していなければ、お金を払って再試験を受けたり、単位が修得できなければ留年してしまうこともあります。

そういった面で考えると、この盗撮行為は大きな問題といえるでしょう。

まぁ教授の授業のノートがそのままテストにでる、テストの答えが書かれているわけではないでしょう。

しかし、やはり学んでいる立場の学生が、教授の授業を聞いて自らノートをとるわけではなく、教授の講義ノートを盗撮することは間違った行為ですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、法政大学でノートを集団盗撮された教授と学生を調査し、犯罪行為にあたるのかを調べました。

 

法政大学で、ノートを集団盗撮された教授は、

ミクロ経済学

の講義をしていた教授でした。

ミクロ経済学に携わる教授は、法政大学に複数人いるようなので、現在までに特定には至っていません。

また、集団盗撮した学生についても

具体的に誰なのか明らかになっていません。

さらに、教授がノートを置いて退出することになった原因の学生についても、誰なのか分かっていません。

 

学生が教授のノートを盗撮する

という行為が犯罪行為になるかという点は、盗撮で犯罪行為になるのかは定かではないようです。

しかし、場合によっては、

カンニングによって偽計業務妨害罪

になった可能性があります。

 

ネットで画像は拡散されていますが、大学側は学生のプライバシーへの配慮をお願いしている状況です。

世間を騒がせるような、大変恥ずかしいことをした事実を受け止め、当事者たちがしっかりと反省してくれればいいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.