アニメ

小西寛子のおじゃる丸降板理由が酷い!NHKプロデューサーは誰?

投稿日:

アニメ『おじゃる丸』で、初代おじゃる丸の声優として活躍していた小西寛子さん。

しかし突然、小西寛子さんは『おじゃる丸』を降板してしまいましたよね。

一体なぜ、小西寛子さんは『おじゃる丸』の声優を降板したのか?

その真相が、18年の時を経て、

NHKへの告発

という形で明かされました。

なんと、小西寛子さんが語った『おじゃる丸』降板理由は、今問題になっているパワハラ行為と全く同じだったのです。

当記事で、『おじゃる丸』の小西寛子さん降板理由、そしてパワハラをしたNHKプロデューサーの正体を探ります。

スポンサーリンク

アドセンス

声優・小西寛子とは?

小西寛子さんが『おじゃる丸』の主人公・坂の上おじゃる丸の初代声優だったのは、もう18年も前のこと。

そのため、現在では覚えていない人が多いかもしれません。

彼女は、声優、女優、歌手、タレント、シンガーソングライターですが、現在は全く芸能活動をしている気配が見られません。

一応、小西寛子さんのTwitterを見ると、シンガーソングライターとしての活動は続けていることが伺えます。

また、今回の問題で『法律家としても~』と語っていたので、おそらくは法律に関する資格も持っているのではないでしょうか。

声優としては、主な出演作に

『浦安鉄筋家族』の菊池あかね役

『デジモンアドベンチャー』の高石タケル役

そして今回紹介する『おじゃる丸』のおじゃる丸役(初代)

があります。

 

おじゃる丸役は、突如声優が変更になり、筆者も当時驚いたものです。

あの頃は、変わってしまったおじゃる丸の声に困惑し、しばらく慣れることができませんでした。

 

何らかの理由があったのだろう

と思われていた小西寛子さんの『おじゃる丸』降板理由。

2018年6月になって、小西寛子さんが当時の状況を告白しはじめたのです。

そして、なんと降板理由が

NHKプロデューサーによるパワハラが原因

だったことが判明したのです。

 

小西寛子の降板理由はNHKプロデューサーのパワハラ!

NHKというのは、集金や契約のために、野蛮な行為をしたり、かなり横暴な態度が目立つ企業であることは、インターネットをよく利用する人なら知っていると思います。

しかし、集金面だけでなく、NHKが内部まで真っ黒だったことが、今回の小西寛子さん降板問題で明らかになりました。

 

小西寛子さんが『おじゃる丸』を降板することになった理由。

それは、18年前にあったNHKプロデューサーとの問題にあったことを、小西寛子さん自身がツイッターで語っています。

 

きっかけは、あるツイッターユーザーが、小西寛子さんがおじゃる丸を務めていたころの、『おじゃる丸』第2期を見た時、

「なぜ小西寛子さんさんは降板したのだろう…」

とツイートしたこと。

このユーザーは、何気ないツイートからニュース記事になるほどの大ごとに発展し、かなり困惑しているようすでしたが…。

ただ、ある意味で小西寛子さんのおじゃる丸降板問題が明らかになる、きっかけを作った英雄とも言えますよね。

 

さて、本題に入ります。

事の発端は、

もともと『収録だ』と言われた録った音声が、本編放送用ではなく『おじゃる丸人形』などの音声商品の声として販売されていた

このことを知った小西寛子さんが、事務所を通じてNHKに問い合わせたことでした。

 

小西寛子さんは、

「これはなんですか?」

と質問すると、そのNHKプロデューサー(松本プロデューサー)は、

「生意気だ!黙って言うとおりにしないとアニメ業界で仕事できなくしてやる」

と発言したというのです。

小西寛子さんのツイートによれば、上記の発言は誇張ではなく、そのままとのことなので、一字一句違わないのだと思われます。

 

そして、その後、小西寛子さんにおじゃる丸の収録の話はこなくなり、このことを

『おじゃる丸』スタッフは隠蔽している

と言うのです。

 

でも18年前のいざこざを、小西寛子さんはなぜ今になって公表したのか?

それは、小西寛子さんによると、

事務所内の関係者に対し、NHKが『おじゃる丸』騒動と同じトラブルを起こした

とのことでした。

しかも今回は、しっかり音声や証拠、電話やメール、振り込み指示など押さえていて、NHK経営企画に書面を出しています。

しかしNHKは回答を無視している状況。

そこで、これ以上無視が続くのならば、

押さえた証拠を全て公開する

とまで、小西寛子さんはツイートしているのです。

 

これが、小西寛子さんが語った『おじゃる丸』の降板理由でした。

何と酷い話でしょう…。

まるでやっていることが、日大のアメフト悪質タックル事件みたいですよね。

立場の弱い声優を、プロデューサーという上の立場から脅せば、『何をしてもいい』といった横暴さを感じます。

まぁ集金に躍起になっている醜い姿を見れば、これがNHKの本質とも思えますが。

しかも、本編の音声収録と言って、グッズ音声を録って販売、それで儲けているわけですから、ますます許されません。

つまり、

NHKは声優へ払うべきグッズの売上の一部を横領した

という疑いも出るわけです。

契約内容になかったグッズ関連の音声を勝手に録って、それを販売していたわけですからね。

それを指摘されると、脅して声優を降板させたわけです。

最初から金儲けのために無断流用をしたとしか考えられません。

 

さらに、これだけでも許されないのに、それに懲りず、またもや同じ問題を起こしているNHK…。

これは一度見せしめのために、小西寛子さんの持っている証拠を全公開し、NHKは今すぐにでも断罪されるべきですね。

善良な国営放送を語る企業は、実はここまで真っ黒に染まり切った企業だった…。

そのことは、もっと周知されるべきではないでしょうか。

 

小西寛子に不正圧力をかけたNHKの松本プロデューサーとは

小西寛子さんに対し、パワハラ行為をして不正圧力をかけた

『NHKプロデューサーの松本』

とは、どんな人物なのでしょうか?

調べてみると、一発ヒットしました。

NHKのプロデューサーで、『おじゃる丸』に関わる"松本"なんていう人物は、この人以外にはいません。

NHKエンタープライズ・制作本部所属の松本寿子という人物

『おじゃる丸』の企画立案をし、『MAJOR』のアニメ化作品『メジャー』の1期~3期の制作統括をしていました。

そんな松本寿子プロデューサーは、NHKのアニメ制作では欠かせない人物となっています。

手がけたアニメは数多くあり、プロデュースしたのは、

  • YAT安心!宇宙旅行
  • 飛べ!イサミ
  • おじゃる丸(一定期間おきに担当している。劇場版も担当)
  • コレクター・ユイ
  • カスミン
  • ななみちゃん
  • 精霊の守り人
  • 電脳コイル

と、かなりの数に上ります。

これだけの人物でも、声優に対し圧力をかけるとは…。

本当に酷い人物ですね…。

 

ちなみにアニメ『おじゃる丸』という作品は、かなり業が深いというか、不吉なことが多い作品でもあります。

おじゃる丸役の小西寛子さんが、突如声優交代となった理由は今回語られましたが、同じくメインキャラクター・電ボの初代声優の岩坪理江さんも突如降板、その後音沙汰なしです。

(アニメ監督の大地丙太郎さんによれば、一身上の都合で引退したという話も語られていますが…。)

また、原案者のイラストレーター・犬山りんさんも2006年に自らの命を絶ち、この世を去りました。

そして今度は内部でのパワハラ問題…。

闇が深すぎるのではないでしょうか…。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

アニメ『おじゃる丸』で、主人公・おじゃる丸の初代声優の小西寛子さんが、なぜおじゃる丸役を降板したのか…。

その理由が、2018年になって語られ、18年前、NHKのプロデューサーである松本寿子氏からのパワハラによるものだと判明しました。

音声を無断流用したうえに、逆ギレして圧力をかけるなんて、あまりにも酷いですよね。

このような目にあった小西寛子さんが不憫でなりません。

しかも、NHKは小西寛子さんの時と同じトラブルを、2018年にも起こしているそうで…。

なんとか早期に問題の解決がされることを祈るばかりです。

そして、小西寛子さんには、ぜひ押さえた証拠全てを公開してもらい、それが世に広まり、パワハラ相手が断罪されてほしいとも思った次第です。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-アニメ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.