アニメ

二度目の人生を異世界で作者の差別ツイートとは?声優降板の原因に

投稿日:

『小説家になろう』で投稿された『まいん』氏の小説『二度目の人生を異世界で』がアニメ化されます。

…が、しかし、アニメ『二度目の人生を異世界で』を巡っては、作者・まいん氏のツイート内容が差別に当たるとして、主に中韓で批判が殺到。

そして、既に決定していたアニメのメインキャストとなる声優4人が一斉に降板する事態となってしまいました。

アニメ『二度目の人生を異世界で』の声優降板の原因となった作者の差別ツイートとは、はたしてどんな内容だったのでしょう?

当記事で、アニメ『二度目の人生を異世界で』の声優一斉降板となった一件について紹介します。

スポンサーリンク

アニメ『二度目の人生を異世界で』の声優が一斉降板

アニメ『二度目の人生を異世界で』は、2018年10月からの放送が決まっていた作品です。

『小説家になろう』で、累計1億8900万PVを記録した小説で、まぁいわゆる無双モノですね。

なぜか『小説家になろう』の人気小説、アニメ化されるような小説というのは異世界転生モノばかりで、よくもまぁ同じような内容の小説ばかりで飽きないと思ったりするのですが…。

まぁ異世界という設定にしておけば、さまざまな知識がなかったとしても誤魔化して書ける利点があるので、そこに起因しているのかもしれません。

 

それはともかくとして、アニメ化発表された直後で、メインキャストも決まったばかりだというのに、アニメ『二度目の人生を異世界で』の声優が、一斉降板するという事態が発生しました。

今回降板を発表したのは、

  • 主人公・功刀蓮弥役の増田俊樹さん
  • ローナ=シュヴァリエ役の中島愛さん
  • シオン=ファム=ファタール役の安野希世乃さん
  • 創造主役の山下七海さん

の4名。

いずれも、声優の公式ツイッターや事務所公式サイトなどで降板が発表され、

『先日、〇〇が△△役として発表されましたアニメ『二度目の人生を異世界で』につきまして、この度降板させて頂く事が決定いたしました事をご報告させていただきます。』

という内容での報告になっています。

ただ、降板の事実が報告されるだけで、具体的な降板理由は明らかになっていません。

『一体、何があったのか?』

誰もが思うことでしょう。

そこで原因を調べてみると、どうも『二度目の人生を異世界で』の作者である『まいん』氏の

過去の差別ツイート

が問題となり批判殺到!

これを受けて声優に対して、中韓の人から犯罪予告をされる事態にまで陥ったことが原因だったみたいです。

では、『二度目の人生を異世界で』の作者『まいん』氏は、過去にどんな差別ツイートをしていたのでしょうか?

 

『二度目の人生を異世界で』作者の差別ツイートとは?

アニメ『二度目の人生を異世界で』は、アニメ化発表の時点から、既に中国人や韓国人の間で物議を醸していたようです。

というのも、

作者『まいん』氏の中韓に対する差別ツイート

という問題がありました。

どんなツイートをしていたのか調べてみると、かなり差別的な表現が多かったですね。

  • 中国のことを虫国、韓国のことを姦国という蔑称で呼んでいる
  • 韓国人を猿扱い
  • 中国人には道徳観念がないと批判

などの差別発言。

差別発言ではないものの過去の歴史問題に関して、中国と韓国を批判するツイートをしていました。

また、韓国や中国に関するニュースに対しても、度々韓国人や中国人を批判するツイートをしていましたね。

 

これなら、韓国人や中国人が激怒するのもわかります。

それに『まいん』氏の差別ツイートも、軽率でよろしくない行為ですよね。

発信するアカウントは選ぶべきだと思います。

確かに、『まいん』氏の主張している韓国が存在しない慰安婦問題で、日本から大量のお金をネコババしたなどは事実です。

ですが、いくら事実でも、言ってはいけない場面や立場というものがあります。

本人の主義主張は、たとえどんなものでも、それがその人にとっての信念なので、これが正義、これが悪ということは一概には言えません。

また、事実や正論を言うだけならともかく、思いっきり韓国人や中国人に対する誹謗中傷のツイートまでしています。

確実に、これは問題です。

筆者個人の意見としては、人間である以上、差別は避けられない問題だと感じています。

おそらく、差別問題は撲滅も無理でしょうし、差別発言も仕方ないものだと思っています。

しかし、多くの人を傷つける行為であるのは事実ですし、発言する場所を、せめて考えてほしかったですね。

「あのクソ野郎め…」

などという悪口も、自分しか見えないところで愚痴ったり、同じ主義主張を持つ仲間内のコミュニティならいいと思います。

しかし、仮にもアニメ化作品の原作者という、そこそこ発信力のある人物なのです。

そんな人が、不特定多数の人が閲覧できるツイッターという場で、不用意な発言をするのはまずかった。

 

ただ、実はこの問題、中国人にも悪い部分があります。

というのも、今回声優が一斉降板することになった理由の1つとして、

中国人がなぜか主演声優・増田俊樹さんに対して犯行予告をした

という野蛮な犯罪行為をしているからです。

もともとは『まいん』氏が悪いのに、何の関係もない主演声優に選ばれただけの増田俊樹さんが、このような目に遭う必要があるのでしょうか?

これでは、やっていることが差別ツイートをして炎上した『まいん』氏と変わらず、せっかく中国人たちも同情してもらえるべき場面なのに、この犯罪予告のせいで、

「やってることがどっちもどっちじゃん」

と、中国人も批判対象になっているのです。

差別発言に対して激怒する気持ちはわかりますが、その矛先をなぜ、差別発言とは関係のない増田俊樹さんに向けるのか…。

こういうくだらない行為をするから、

「これだから中国人は…」

と言われてしまうわけですね。

 

ちなみに、作者の差別ツイートももちろんですが、作品の設定に、

主人公の前世が戦争に従軍し、多くの中国兵を切り捨てたと思われる部分がある

という指摘もあったみたいですね。

しかし、これは確たる証拠があったわけではありません。

まぁそれに、中国人や韓国人の批判はどうなのかな…と言いたいところですね。

というのも、中国や韓国は、反日ドラマや映画を多数放送しています。

反日モノが、国是であるかのように制作し、しかもそれが大人気。

日本に輸入されている韓流ドラマなどは、いわゆる二番人気のジャンルで、韓国で一番人気のドラマジャンルは反日モノという話もありました。

そして、反日モノのドラマや映画は、明らかに反日という意思を持って作られているもの。

『二度目の人生を異世界で』作者の原作内容に嫌韓や嫌中という意思があったかは、はっきりとはわかりません。

日本の『二度目の人生を異世界で』は、ヘイト表現をしているかわからないのに、中国や韓国の反日作品は明確なヘイト意思があって作られたものです。

そして、韓国人や中国人は、そのヘイトの意思を示している反日ドラマや映画を喜んで見ているわけであって…。

にもかかわらず、自分たちがヘイトの対象になると、鬼のように猛烈批判しているのが、滑稽で仕方ありません。

まさに自分たちを棚に上げている行為で、本当に呆れますね。

差別発言に対しての怒りは怒っていいと思いますが、作品に対する批判となってしまうと、日常的に反日作品が流れている自国のことは何とも感じていないのでしょうか?

これでは、まさに『二度目の人生を異世界で』の作者のツイートにあった通り、どれだけ顔の皮が厚いんだという話ですよね。

スポンサーリンク

 

まとめ

アニメ『二度目の人生を異世界で』の声優が一斉降板した理由には、『二度目の人生を異世界で』の作者『まいん』氏のツイッターでの差別ツイートが影響していました。

おそらくは、声優に対する犯罪予告までされてしまったことも含め、声優の身の危険や、作品出演によるイメージ低下を危惧した事務所の判断だと思います。

現在、作者のツイートは全削除され、アカウントは停止になったみたいですが…。

このままだと、アニメ化自体が白紙になりそうな、かなりの大事になっていると感じた次第です。

追記:

アニメ化中止&本の出荷停止にまで発展しました。

どんどん大事になっていますね。

アニメ化中止はともかく、本の出荷停止は、『やりすぎ』との意見も多数あるみたいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-アニメ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.