時事 雑学

相模川でアユが大量発生の理由とは?大地震との関係をチェック!

投稿日:

いまや日本全国、どの場所でいつ大きな地震が起きてもおかしくない状況。

地震の際の避難ルートや連絡方法、備蓄品などのストックなど、地震に対する備えをきちんと行っていく必要があります。

そんな、いつくるかわからないと思われている地震ですが、

地震の前兆

があるそうです。

たとえば、

  • 『地震雲』と呼ばれる雲の出現
  • 太陽の周りに虹が出ること

などが、地震の前兆と言われていますよね。

さらに、全国各地には、

魚と地震の関連

を示す言い伝えがあるといいます。

今回、

相模川でアユが大量発生したこと

が、大地震と関係しているのではという噂も...。

今回は、相模川でアユが大量発生の理由とは何なのか、大地震との関係をチェックしていきます。

スポンサーリンク

相模川でアユが大量発生の理由は?

相模川

相模川とは神奈川県内を流れている川です。

2018年は、この相模川でアユが大量発生しているというのです。

 

動物や魚などは、自然の変化を人間よりも敏感に察知しますよね。

魚が大量発生するということは、奇妙なこと。

何か不吉なことが起こる前兆では?と思ってしまいますよね...。

 

神奈川県内水面漁業復興会の担当者は、

(2018年)4月1日から(2018年)5月27日までで確認されたアユは

4600万尾

を超えました。1999年から昨年(2017年)までの平均は400万~500万尾です。

と語っています。

なんと、アユが例年の平均に比べ

10倍近く増えている

というのです。

これはただ事ではありません。

 

このようにアユが大量発生する原因としては、

大きな魚から逃げている

あるいは

何か異変を感じて逃げている

ということが考えられます。

 

相模川でアユが大量発生と大地震との関係は?

地震

地震

相模川でアユが大量発生したことについて、地元住民からは

「気味が悪い」

という声があがっているといいます。

 

地元の70代男性は、

この辺りには

アユが豊漁だと地震がくる

という言い伝えがあるんです。

と語っています。

なんでも関東大震災の前日に、相模川や神奈川県内の酒匂川で

アユが入れ食い状態になった

と伝えられているとか。

このような言い伝えがあるということなら、今回大量発生したアユも地震の前兆なのではないか?と不安になりますよね。

 

また、魚と地震の関係については、神奈川県だけでなく全国各地に言い伝えがあるといいます。

東北の三陸地方:イワシが豊漁だと大地震が起こる

1896年に起こった明治三陸地震と、1933年に起こった三陸沖地震の直前には、いずれも

イワシが豊漁だった

という記録があるのだそうです。

他の県で見られた珍しい魚の生物

1995年の阪神大震災の4日前には、

リュウグウノツカイ

が、三重県・南島町沖で捕獲されています。

 

このリュウグウノツカイとは、水深200メートル以上の海底に住む魚。

普通は、そんな簡単に捕獲はできません。

さらに2004年の紀伊半島南東沖地震の2か月前にもリュウグウノツカイが発見されていたそうです。

他にも、2018年2月の台湾東部でのM6.4の大地震の約一か月前には

ワニグチツノザメ

が近海で発見されています。

このワニグチツノザメは、深海にのみ生息する希少なサメだということです。

日本でも2016年4月の熊本地震発生の1か月半前に静岡県の沼津沖で水揚げされていたそうです。

 

このように、大地震の前には、

  • 魚の大量発生
  • 珍しい魚を発見

などの現象が起こっていることが判明しました。

しかし、地震の発生する時期は、前日や1週間前などではなく1か月以上前のものもあります。

さらに発見場所も同県ではなく、隣の県でもない、離れたところだったということも…。

このことから

全てが地震に直結して関係しているとは言えない

のではないかと考えられます。

 

ただ、そうはいっても多少のばらつきはありますが

魚と地震の関係

については、全く何もないということではなさそうです。

というのも、京都大学名誉教授・魚類学者の中坊徹次さんの解説によると

深海に生息するサメには、頭部にロレンチーニ器官がある(電気センサーの役割を果たす)

ということなのだそう。

このロレンチーニ器官が、

地震前の地殻変動で生じる電流などを察知している可能性がある

というのです。

つまり、深海に住むサメは、このセンサーによって、地震を察知していたこともありえるのですね。

深海に住んでいるということから、自然界の変化にも敏感そうですよね...。

しかし、言い伝えにもあるアユやイワシに関しては、ロレンチーニ器官がないそうなのです。

そうなると、地震を事前に察知できないことになりますね。

 

しかし!

全ての魚が低周波の音や水流を感知する

側線

という器官をもっているのだそう。

人間よりもはるかに優れた感覚器官を持っている魚は、

地震を察知し、退避するための大量発生

が起こることも、ありえるのではないでしょうか。

魚の大量発生や珍しい魚の発見は、

地震になんらかの関係がある

ということはいえそうです。

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、相模川でアユが大量発生の理由とは何なのか、大地震との関係をチェックしました。

 

アユが大量発生する原因としては、

大きな魚から逃げている

あるいは

何か異変を感じて逃げている

可能性が考えられます。

 

全ての魚には、低周波の音や水流を感知する

側線

という器官が備わっているといいます。

人間よりも優れた感覚器官を持っているということですね。

そのような感覚器官から地震の前兆をキャッチして、行動している可能性もあるということでした。

 

アユの大量発生と地震の関係については、なんらかの関係があるとはいえそうです。

 

いつ起こるか分からない大地震。

起こってほしくはないですが、時間が経つにつれて、起こる可能性は大きくなっています。

しっかりと備えておきたいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-時事, 雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.