お金 仕事

年金手帳氏名変更の手続きをチェック!会社に離婚日はバレる?

投稿日:

生活環境が変わる時には、さまざまな手続きが必要になります。

年金手帳の変更手続きも、そのうちの一つです。

就職や転職をした時、また結婚や離婚などをした時には、年金手帳の変更手続きが必要になります。

変更手続きの中でも、結婚や離婚の場合は氏名の変更手続きをすることになります。

この年金手帳氏名変更の手続きは、加入している年金の種類によって手続きが違うのです。

結婚の場合は、おめでたいことですが、離婚の場合は個人的で微妙な問題ですよね。

年金手帳の氏名変更手続きで、離婚日などの情報が会社にバレてしまうのか気になるところです。

そこで今回は、年金手帳氏名変更の手続きについて、また会社に離婚日はバレるのか紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

年金手帳氏名変更について

年金手帳

自分の加入している年金制度は?

年金手帳の氏名変更をするには、年金に加入していて年金手帳を持っている事が大前提です。

また年金の被保険者には3つの区分があります。

  • 第1号被保険者・自営業、農業・漁業者、学生、無職の人とその配偶者、その他※
  • 第2号被保険者・民間会社員や公務員の厚生年金・共済の加入者
  • 第3号被保険者・第2号被保険者に扶養されている20歳以上60才未満の配偶者(年収が130万円未満の人※)

※年収が130万円以上で、健康保険の扶養となれない人は第1号被保険者とされます。

以上のように分かれています。

自分がどの被保険者になっているのか、確認しておきましょう。

年金手帳氏名変更が必要なとき

結婚した場合は、男性か女性どちらかの姓を名乗ることになります。

なので、どちらか一方は年金手帳氏名変更の手続きが必要になります。

離婚したときも同じく、旧姓に戻る時には年金手帳氏名変更が必要です。

氏名変更後、

働き方によって自分がどの被保険者になるのか確認

しておくと手続きがスムーズにいきます。

また、成人した子供がいる場合に、どちらの姓を名乗るかによっても、年金手帳氏名変更をすることになります。

 

年金手帳氏名変更の手続きについて

書類に記入

年金手帳氏名変更の手続きは、自分の加入している年金の被保険者の区分によって違ってきます。

それぞれに共通している手続きに必要な書類への記入する内容としては

  • 氏名変更の前と後の氏名
  • 生年月日・性別
  • マイナンバー
  • 基礎年金番号

などです。

これらの事が分かっていれば、書類への記入がスムーズになります。

提出書類などは、自分の当てはまる問い合わせ先に確認して手続きをすすめましょう。

被保険者の区分ごとに説明します。

第1号被保険者にあたる人では

氏名変更の手続きの前や後で、第1号被保険者の人の場合です。

提出書類は

『被保険者氏名変更届』

『年金手帳』

です。

書類は、市区町村役場の窓口へ提出する事になります。

なお、婚姻届・離婚届などを市町村役場に提出すると、自動的にねんきん情報が更新される場合があります。

市区町村役場に届出をした時に、年金情報が更新されるのか確認すると良いでしょう。

第2号被保険者にあたる人では

氏名変更があっても、厚生年金や共済年金に加入し続ける人の場合です。

氏名変更があった場合は、速やかに勤務先の担当者に問い合わせましょう。

提出書類は

『健康保険・厚生年金被保険者氏名変更届』

『年金手帳』

です。

書類は、勤務先の担当者に指定された方法で提出します。

その後の手続きは、勤務先の担当者が行ってくれます。

第3号被保険者にあたる人では

結婚をして第3号被保険者になる人や離婚をしたなどの理由から、第3号被保険者からはずれる人の場合です。

第3号被保険者になる場合、配偶者の勤務先の担当者に問い合わせましょう。

提出書類は

『被扶養者(異動)届国民年金被保険者該当関係届』

『年金手帳』

『配偶者の年金手帳』

『配偶者の収入により生計を維持していることが分かる書類』(所得証明書など)

書類の提出は、配偶者の勤務先の担当者に指定された方法で提出します。

その後の手続きは、配偶者の勤務先の担当者が行ってくれます。

 

一方で、離婚した場合や、年収130万円以上となった場合には、その後の被保険者の区分が変わります。

市区町村役場に国民年金の変更届を提出する必要があるので、注意しましょう。

 

また平成30年3月より、『マイナンバー』と『基礎年金番号』が結びついている場合は、年金事務所への氏名変更の届け出を省略できるようになりました。

はじまったばかりの制度なので、自分の場合はどうなのか分からないですよね。

そういう時は、

『マイナンバー』と『基礎年金番号』が結びついているかどうかは、ねんきんネットや年金事務所で確認することができます。

年金手帳氏名変更が必要となった時には、問い合わせてみるのもいいでしょう。

 

年金手帳氏名変更で会社に離婚日がバレる?

離婚する夫婦も最近では多くなっています。

女性も、また男性でも職場には

「できれば離婚日など具体的な情報は知られたくない」

と思うものでしょう。

夫婦共稼ぎで、どちらも会社に勤めている場合は、『健康保険・厚生年金氏名変更届』を提出する事になります。

この書類には氏名変更になった理由や日付の記入はありません。

しかし、第3号被保険者で配偶者の扶養からはずれる場合では、『被扶養者(異動)届国民年金被保険者該当関係届』を提出します。

この書類には第3号被保険者からはずれる事の理由や日付を記入しなくてはいけません。

そうなると、書類の提出先である勤務先の担当者に書類の内容確認をされてしまいます。

つまりは、離婚日の情報は会社にバレるということになるのです!

会社に勤務している人では、事業所経由での手続きになります。

離婚日などの情報はプライバシーにかかわる繊細なものですよね。

なので、勤務先の担当者とよく話合いながら手続きすることをおすすめします。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

年金手帳氏名変更をするには、被保険者の区分によって手続きの方法が違います。

氏名変更の前と後でどの区分になるのか、知っておく事も大事です。

また提出書類や記入するための情報など、確認しておくと手続きがスムーズにいきます。

会社に勤務している場合では、事業所経由での手続きとなります。

離婚が原因での氏名変更は、お互い勤務先の厚生年金に加入している場合は離婚日の記入はありません。

しかし、配偶者の扶養からはずれる場合は、書類に離婚日と理由を記入する必要があります。

ということは、

配偶者の扶養からはずれる場合の年金手帳氏名変更手続きでは、離婚日は会社にバレることになります。

いずれのケースでも、書類の提出先の担当者とよく話合いながら、手続きを進めることが大切です。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momijibrand

天然酵母を起こしてパンを焼く、趣味の物でフリマに出店する、楽器を習いに行く、凝り性+何ごとも面白がってやる性格です。 仕事・家事・趣味・ライティングにと充実した時間を過ごしています。 『何にでも興味を持つこと』『柔軟な考え方ができること』を心がけて雑学の記事を書いています。 「そうだったのか」と思ってもらえる様にテーマを紹介していきます。

-お金, 仕事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.