サッカー

ジダンが3連覇のレアルマドリードの監督を辞任する理由とは?

投稿日:

引退前の5年間を選手として所属し、現役引退後、監督としても3年間チームを牽引し続けてきた、レアルマドリード前監督のジネディーヌ・ジダン。

今季のリーグ戦は、3位になったとはいえ、優勝したバルセロナとは大差をつけられた形となってしまいました。

しかし、欧州CLでは3年連続の3連覇をもたらし、決して成績不振とは言い難い結果を残しています。

そんな中、突然ジダン氏が、

レアルマドリード監督を辞任する

と衝撃的なニュースが流れ、世界を震撼させています。

一体、なぜ彼はレアルマドリードを去ろうと決意したのでしょうか。

本記事にて、その理由・真相を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

衝撃!ジダン監督レアル退任

ジダン

ジダン

海外サッカー主要リーグがオフシーズンに入り、W杯に出場する選手を除き、選手たちが休息に入っている中、衝撃のニュースが舞い込んできましたね。

それは、レアルマドリードのジダン監督が電撃辞任したというニュースです。

レアルマドリードというと、『超銀河系軍団』とも呼ばれたスペインサッカーの強豪チーム。

ジダン監督は、現役時代5年間所属したこともあります。

フランス人サッカー選手らしく、ボールを持ったときの脚さばきが芸術的で、レアルマドリード在籍5年の間にも、多くのファンを魅了してきました。

そんなジダン監督は、2006年の現役引後、解説の仕事を経て、選手以外のところでレアルマドリードと関わりはじめました。

レアル・マドリード監督就任後も輝かしい実績を残したジダン監督

そして、2016年にラファエル・ベニテスの後釜として、レアルマドリードの監督に就任。

以降、欧州CLで3期連続優勝をもたらすなど、輝かしい成績を残していくのです。

しかし、そんな中、突然の監督退任を発表し、世間は衝撃を受けてしまっているわけです。

実際に、レアルマドリード退団を示唆し、去就が注目されているクリスティアーノロナウド選手も、このニュースには衝撃を受けているんだとか…。

それだけ、選手からも慕われ、状況に応じて柔軟に対応できる指導力を持つジダン監督が、レアルマドリードを去ることは、寂しい話ですよね。

はたして、彼は今後監督として現場復帰するのでしょうか?

それとも解説者に戻るのか…。

今後もジダン氏の去就からは目が離せませんね。

 

ジダンがレアルマドリード監督を辞任する理由

セルヒオラモス選手、カリムベンゼマ選手、クリスティアーノロナウド選手、イスコ選手など…。

世界の名だたる超スター選手を擁する超銀河系軍団『レアルマドリード』を監督の立場で牽引し続けてきたジダン監督。

普通、これだけのスター軍団が揃うと、個性の強い選手同士の衝突などが見られ、不協和音が起こるはずです。

しかし、柔軟に選手たちを指導しているためか、主だったトラブルはそれほど起こらず、選手たちからもジダン監督の手腕が評価されています。

そんな中、まさかの監督辞任を自ら示唆し、そのことで、選手や周囲のスタッフはもちろん、ファンたちも衝撃を受けているそうです。

それにしても、欧州CLの3連覇も含め、目立った成績不振も見られず、おまけに評判も上々というのに、一体、なぜレアルマドリードの監督を辞任したのか。

非常に気になる話ですよね。

それで、その理由を探ってみたところ、ある種の限界を感じた上での辞任が、その理由であると見えてきました。

ジダン監督がレアル・マドリードを辞任(退団)する理由は『変革』

ジダン監督は、

チームは常に変化を求めなければいけない

という哲学を持っていたようです。

しかし、3年間で自分の持っているものは全て伝えたために、

「これ以上は、何も選手たちに還元できない」

と思い始めた…。

その結果、

だったら、ここで一旦身を引き、新たな監督を迎え変革をもたらしてほしい

と考え、監督の辞任を決めたと言われています。

明らかに成績不振による辞任であれば、まだ、理由もハッキリしているので、誰もが納得できる話だと思います。

しかし、リーグでの成績が多少振るわなかったとしても、3年連続欧州CL優勝と結果を残しているだけに、引き際が非常に難しいです。

普通だったら、来年もレアルマドリードの監督を続けても、とくに問題はなかったはず…。

ジダンのレアル監督辞任はクラブに対する深い愛と哲学の表れ

それでも監督を辞任することは、チームに対する深い愛と、自身の哲学に深いこだわりを見せた結果なのでしょうね。

選手時代にレジェンドだったジダン氏がチームを去るのは非常に寂しいですが、これも彼なりの引き際の美学なのだと思います。

だからこそ、ジダン氏の考えを支持しながら、その後の去就に注目していきたいものですね。

 

ジダンにオファーの声も

つい先日、レアルマドリードの監督を辞任したばかりのジダン氏ですが、すでにオファーの声も挙がっている噂も耳にします。

とはいっても、あくまでネット上の噂です。

どこまでが本当なのか分かりませんし、正式なオファーが入っているわけでもありません。

オファーの声の噂の正体はサポーターの願望?

たとえば、地元フランスの強豪クラブ『パリ・サンジェルマン』や、イニエスタ選手獲得で湧くJ1ヴィッセル神戸の名も聞かれます。

とはいっても、ヴィッセル神戸の場合は、サポーターがジダン氏を監督として迎え入れて欲しいと希望の声を漏らしているに過ぎないと思います。

まぁただの噂ですし、仮に現実的な話をするとしても、欧州の主要クラブが候補となるものと思いますよ。

パリ・サンジェルマンは新監督を招聘したばかり

ちなみに、パリ・サンジェルマンは、2018年5月14日に次期監督として、トーマス・トゥヘル氏と2年契約を締結した事が判明…。

つまり、パリ・サンジェルマンの話も、ただの噂やファン(サポーター)の願望といったところでしょう。

はたして今後、ジダン氏がどのクラブの監督をするのか、それともしばらくは動きが見られないのか…。

いずれにしても今後のジダン氏の動向から目が離せませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

3年間、スペイン最高峰のサッカークラブであるレアルマドリードを率い、欧州CLを3年連続優勝させたジダン監督が辞任…。

まったくの寝耳に水で、チーム関係者及び選手たちは、

「ジダンは永遠にレアルに残るべき!」

と語っていましたが、ジダン氏は、

「チームは常に変革を求めなければいけない」

と、こだわりを持ち、自身ではその変革をもたらすことができないと判断した。

それが、彼の辞任の最大の理由でした。

さすがに、ジダン氏の哲学を捻じ曲げてでもレアルに残れとは言えませんし、ここはその意志を尊重したいですね。

今後彼が、どのような道を進むか分かりませんが、一人のサッカーファンとして、その動向に注目し続けたいものです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-サッカー

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.