アニメ

クレヨンしんちゃんの後任声優は誰?矢島晶子の降板理由をチェック

更新日:

アニメ『クレヨンしんちゃん』は、初代・野原しんのすけ声優・矢島晶子さんが降板を発表しましたよね。

そして、テレビ朝日は2代目の声優探しをしていたのですが、ついに新しい野原しんのすけの声優が発表されました。

野原しんのすけを演じるのは、

小林由美子さん

です。

はたして小林由美子さんとは、一体どんな声優なのでしょうか?

当記事で、アニメ『クレヨンしんちゃん』の後任声優や、矢島晶子さん降板までの流れを振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけ役の後任声優が決定!

アニメ『クレヨンしんちゃん』は、1992年4月13日から放送が始まった長寿アニメ。

そんな『クレヨンしんちゃん』に激震が走ったのは2018年6月1日のこと。

なんと、1992年4月13日の番組放送開始から、実に26年3か月という長い間に渡り、主人公・野原しんのすけを演じてきた矢島晶子さんが、

野原しんのすけ役の降板

を発表したからです。

 

これにより、テレビ朝日は後任声優探しをしていたのですが、ついに野原しんのすけの後任声優が決定!

その後任声優は…

小林由美子さん

となりました。

これは驚きましたね…。

筆者のイメージだと、彼女は爽やかだったり、熱い少年役が似合う声優だと思っていたので、あの癖の強い、野原しんのすけを演じるのが小林由美子さんになるなんて、予想していませんでした。

ただ、野原しんのすけも、今でこそ癖の強い声になっていますが、初期のしんのすけはもっとクリアな感じでした。

そういう意味では、小林由美子さんの演じる野原しんのすけは、

初期の野原しんのすけに近い声になる

と予想できます。

そのため、それほど違和感を覚える人はいないと思います。

人選としては、とてもよいキャスティングをしたのではないでしょうか。

 

小林由美子さんは、今回、野原しんのすけ役になったことについて、

このような大役を仰せつかり光栄とともに責任の重さを痛感する毎日です。

この凡人ではとても思いつかないしんちゃん像を作り上げた矢島さんに改めて畏怖と尊敬の念でいっぱいです。

とコメント。

さらに、アニメ『クレヨンしんちゃん』の第1話から見直して勉強を重ねているとのことです。

また、野原しんのすけ役を演じるにあたり、

力不足な部分は多々ありますが、

『お任せください!』

と胸を張って言うことが、並々ならぬ思いで、27年という長い間大切に育てていらしたしんちゃんを後に託すご決断をなさった矢島さんとスタッフの皆様、そしてずっと応援してくださっているファンの皆様への礼儀だと思っております。

その為にも矢島さんのしんちゃん魂をしっかり学び、一年でも早く皆様に慣れ親しんで頂けるしんちゃんになれるよう、日々精進していきたいと思います。

と意気込んでいましたよ。

 

2代目しんちゃん・小林由美子はどんな声優?

2代目の野原しんのすけ役となった小林由美子さんは、どんな声優なのでしょうか?

小林由美子さんは、フリーの女性声優で、2018年6月18日の誕生日で39歳を迎えます。

過去には、『シスタープリンセス』から誕生したユニット『Prits』で、水樹奈々さんや桑谷夏子さん、望月久代さんと活動していて、今もかなり仲が良いことも有名ですね。

小林由美子さんという声優のイメージを、一言で表すなら、ずばり…

デュエル・マスターズ

でしょうか。

なぜ、そんなピンポイントなイメージかというと、小林由美子さんはアニメ『デュエル・マスターズ』には欠かせない人物となっているから。

小林由美子さんは、

『デュエル・マスターズ』の歴代主人公を全員演じているのです。

初代の切札勝舞から、2代目・主人公の切札勝太、そして現在の切札ジョー、ついでに切札ハム勝太まで…。

2002年から現在に至るまで、ずっと『デュエル・マスターズ』の主人公である切札家の人物を演じてきているのです。

筆者は『デュエル・マスターズ』の初期はカードゲームをやっていましたし、アニメも視聴していたので、今でも声が容易に思い出せますね。

あの頃の勝舞のイメージだと、

「なんか『クレヨンしんちゃん』のイメージと違う気がするけど大丈夫かな?」

と感じてしまうのです。

では、小林由美子さんは、他にはどんな役を演じているのでしょうか?

有名どころだと、

  • 『ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー』のライオジュニア役
  • 『焼きたて!!ジャぱん』の主人公・東和馬役
  • 『電脳コイル』のアキラ役
  • 『Angel Beats!』の大山役
  • 『鬼灯の冷徹』のシロ役

などがありますね。

先ほど、切札勝舞のイメージが強いと言いましたが、『グランブルーファンタジー』でミムルメモル役を演じていることを思い出しました。

勝舞だと野原しんのすけのイメージがありませんが、ミムルメモルの声を聴いてからのイメージだと、

「ああ確かに、初期のしんちゃんに近くなるな…」

と、野原しんのすけのイメージも合っている!と感じられます。

生意気な少年を演じることもありますし、ちょっとひねている野原しんのすけにもぴったりです。

 

初期の野原しんのすけは、まだ矢島晶子さんが野原しんのすけのイメージを固めきれず、

どちらかというと声が高く、美少年のような声だった

そんな頃がありました。

なので、イメージとしては、小林由美子さんの野原しんのすけは、しんのすけのイメージが固まる前のアニメ初期の声に近づくと思うのです。

子供たちからすると違和感を覚えてしまうかもしれませんが、アニメ放送初期の『クレヨンしんちゃん』を見ていた人からは、

「あ、なんか懐かしい声だ!」

と、新しい野原しんのすけの声に慣れるのも早いかもしれませんね。

 

野原しんのすけの後任声優・小林由美子に対する評判は?

野原しんのすけの後任声優が小林由美子さんに決まりましたが、ネット上ではどういう反応になっているのでしょうか?

「デュエマのイメージが強いな」

「勝舞とか東和馬のイメージが強いから想像できないかも」

「誰だっけ?と思ったけど、〇〇の人か!」

と、過去の小林由美子さんの演じていた役を懐かしがる人が多かったですね。

 

また、『野原しんのすけ』としてはどうかという評判については、

「初期のしんちゃんっぽくなるのかな」

「初期っぽいし、イメージも合うと思う!」

「今のあの独特な低音のしんちゃんは難しそう」

「テレ朝は今のしんのすけに寄せる…という方向性ではないのね」

「矢島晶子さんがまだしんのすけのイメージを固める前のしんちゃんに似てるし、いいんじゃない?」

「ある意味原点回帰かも」

「生意気な少年役とかもやってるし、しんのすけ役もきっとできるはず」

「初期に近いから合うとは思うけど…大役にですしがんばってください!」

と、やはり筆者同様、初期のしんのすけに近くなるだろうなと予想するネット民が多かったです。

おおむね好意的に捉えられているみたいですよ。

 

矢島晶子の『クレヨンしんちゃん』降板理由は声の限界?

それでは、次に矢島晶子さんが『クレヨンしんちゃん』で野原しんのすけ役を降板したのには、どんな理由があったのでしょうか?

 

実は、長年演じていた野原しんのすけ役ですが、近年の矢島晶子さんにとっては、

野原しんのすけ役を演じるのが限界だった

と、かなり無理をして頑張っていたことが明かされたのです。

矢島晶子さんによれば、

しんのすけの声を保ち続けることが難しくなり、キャラクターの声を作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった。

とのこと。

確かに、年齢を重ねるに連れて、声も少し変わってきます。

同じキャラクターを四半世紀以上も続けてくると、放送開始当時の声を保ち続けるのは至難の業。

それまでは自然に出せていたキャラクターの声も、その声を出せるように自分自身を調整するところから始めないといけなくなった…。

というわけですね。

 

また、『声を作る』部分は、矢島晶子さんの他の仕事にも影響が出ていたのです。

矢島晶子さんが、野原しんのすけ役の声を作る際のエピソードを聞いた時、筆者は

「他の仕事を犠牲にしてまでやっていたのか…」

と、かなり心が痛くなりました。

 

なんと、矢島晶子さんは、野原しんのすけ役を演じるにあたって、

他の仕事を犠牲にせざるをえない

という、役者としては辛い日々を過ごしていたのです。

 

矢島晶子さんは、『クレヨンしんちゃん』の収録をする際に、

「お酒を飲みすぎちゃった時などの“おえぇ?”の“お”でやると、しんちゃんになる。」

と、しんのすけの声の出し方を説明しています。

つまり、毎回そのように声を作らなければならないわけですよね。

これだけでも、かなり喉の負担となります。

アニメは週に1回アフレコをしますが、『クレヨンしんちゃん』収録後は確実に声が荒れてしまうとのこと。

そんな状態なので、矢島晶子さんは、収録直後に別作品で女の子役のオファーが来ても

「多分、汚い声だから無理かもしれません」

他の仕事を断るしかない状況に陥っていたのです。

これは役者としては、本当に辛いですよね…。

ここまで他の仕事を犠牲にしていたら、『クレヨンしんちゃん』を降板したくなる矢島晶子さんの気持ちも頷けます。

今後は、他の作品で矢島晶子さんの声をもっと聴けるようになると思いますし、新しい矢島晶子さんの再出発を応援したいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

アニメ『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけ役の後任声優は、小林由美子さんに決定しました。

小林由美子さんは、『デュエル・マスターズ』の歴代主人公や、『焼きたて!!ジャぱん』の東和馬役などを演じてきた声優です。

ただ、『グランブルーファンタジー』のミムルメモルのような例もあるため、野原しんのすけ役を演じると、初期の野原しんのすけに近くなるでしょう。

最初は違和感を覚えそうですが、初期に近い声になれば、強烈な違和感にはならず、自然となじんでいくはず…。

いずれにしても、小林由美子さんの演じる野原しんのすけが、どのような評価になるのか?

2018年7月の放送が楽しみですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-アニメ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.