雑学

自分の悪口を言われたら…職場の人間関係を悪くしない陰口対処法

投稿日:

給湯室、化粧室、廊下の片隅…。

こっそり耳を澄ますと、誰かの悪口が聞こえてきそうです。

でも、もし言われているのが自分だったら…。

しかも自分が陰口を言われていることを、第三者から告げられたら…。

落ち込んでしまって、仕事なんて手につきませんよね。

そこで今回は、

職場では、例えば、どんな陰口があるのか?

陰口を言う人、告げ口する人の心理とは?

職場で陰口を言われたら、どうすればいいのか?

について、お話していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

職場での陰口の内容をチェック

陰口

陰口

陰口と言っても、悪意や憎しみのあるものから、単なる話のタネまで、話の重さはさまざまです。

では、実際によくある陰口を見てみましょう。

陰口の対象者のことが嫌いな場合

  • 「〇〇がミスしたせいで、お前の責任だって、また課長に怒られたよ。あいつ、勘弁してほしいわ」
  • 「また課長にキレられたよ。あんな奴、いなくなればいいのに」
  • 「なんで、私のじゃなくて、〇〇さんの提案が通るの?部長に取り入ってるんじゃないの?私と違って、美人だもんね」
  • 「〇〇さんって、ちょっと人気あると思って、いい気になってんじゃない?」

このうちのどれも、

腹が立つ

憎たらしい

という感情がこもっていますよね。

陰口の対象者のことが嫌いではない場合

相手をけなして自分を立てる

  • 「〇〇さんって、二股かけてるんだって。おとなしそうな顔して、よくやるよね~」
  • 「〇〇さんって、仕事できないよね~。だってほら、コネだから」

どちらも、人を見下すことで、自分を立てています

あんな人よりも、自分の方が上だ

という主張が隠れていて、それを口に出すことで、自分が安心できるのでしょう。

単なる愚痴

  • 「〇〇君は会議の時、声小さいんだよね。お客さんから、何度も聞き返されちゃったよ」
  • 「〇〇君は最近ずっと定時で上がってるみたいだね。遅れが取り戻せるまで、みんな残業してるのに」

陰口を言われた方は嫌な気持ちですが、言った方は悪口を言ったつもりはなく、

『ちょっと愚痴ってみただけ』

ということも多いのです。

 

陰口を言う人の心理

嫉妬

嫉妬

自分より優れている対象者に対して嫉妬している

悪口を言うことで、対象者に

嫉妬して憎んでいること

がわかります。

自分より仕事ができる、評価されている、社内で人気があるなどですね。

自分以外の人が対象者をどう思っているか確認している

対象者の悪口を言ったときに、周りの人がどんな反応をするかを見ています。

これは、

  • 対象者のことを嫌いなのは誰なのか
  • 嫌いじゃないのは誰なのか

を確認しているのです。

話が盛り上がって悪口を言ってしまった

この場合は、それほど悪意がない場合もあります。

話が盛り上がっているうちに、いつの間にか悪口になってしまったケースです。

対象者の株を下げようとする

対象者の悪口を言って、その人の株を下げようとします。

対象者の株が下がった分、自分の立場が上になると考えているようです。

 

陰口を告げ口する人の狙いとは?

ひそひそ話

ひそひそ話

悪口の告げ口をして教えてくれる人は、いかにも

「あなたのために、教えておいた方がいいと思って」

と善人のような顔をして話してきますよね。

もちろん、本当に心配して伝えてくれる場合もあります。

でも、

陰口を告げ口して、引っ掻き回すのが好き

という性格の人もいるのです。

そういう人は、過去にも仲のいい友達同士を喧嘩させたり、何かしらトラブルを起こしているので、要注意ですね。

 

陰口を聞いてしまったときの対処方法

ストレス発散

ストレス発散

悪口に動揺せず!さらっと流す!

告げ口してきた人が親しい信頼できる人でない場合は、気にしない振りをしましょう。

相手は、あなたの反応を見て楽しんでいるのです。

その場で動揺でもしようものなら、相手の思う壺です。

「え~、そんなこと言ってたの?信じられない。どうしよう、他にも何か言ってた?」

なんて返せば、

「よし!食らいついてきた!」

と、相手を喜ばせるだけです。

ですから、そんな時は、

「え?あの人そんなこと言ってたんだ。しょうもないね。」

と、さらっと流してしまいましょう。

この人はターゲットには不向き、と告げ口してきた人は思うことでしょう。

告げ口してきた人の言うことは鵜呑みにしない

親しいわけでもないのに、陰口を告げ口してくる人の話は、鵜呑みにしない方がよいでしょう。

尾ひれはひれを付けて、話を大きくしてくることがよくあるからです。

実際の陰口は、ちょっと愚痴をこぼしただけだったのに、告げ口した人によって、悪意のある悪口にされてしまうのです。

なぜなら、陰口を言った人と対象者との

信頼関係を壊す

というのが目的だからです。

陰口を言った人に対しては今まで通りに接する

陰口を言ったと思われる人に、事実を確認するのは避けた方が良いでしょう。

もし、本当に陰口を言ったとしても、ほんの軽い愚痴だったのかもしれません。

その場合は、何も聞かなかったことにして、今まで通りに接すれば、人間関係が悪くなることはありません。

もし、本当に悪意のある陰口だったとしても、『気にしてます』というオーラを出してしまっては、陰口を言った人が

「いい気味」

と思うだけです。

何も知らないような顔をして、今まで通りに接しましょう。

陰口に心当たりがある場合は、落ち込まず、前向きに

自分のミスなどで陰口を言われた場合は、落ち込まず、前向きになりましょう。

「次はミスしないように頑張ろう!」

と思うことが大事です。

気分転換しましょう

勤務中に聞いてしまった場合は、甘いものを食べるとか、好きな飲み物を飲むなどして、気分転換しましょう。

帰宅しても、モヤモヤするようなら、好きなことをして過ごしましょう。

好きな音楽を聴いたり、動画を見たり、ペットと遊んだりするのもいいですし、カラオケなどで思いっきり発散するのもいいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

さいごに

職場に限らず、人の陰口を言う人はどこにでもいるものです。

でも、自分が陰口を言われていると分かった時は、辛いものですよね。

陰口の内容が真実にせよ、嘘にせよ、まともに取り合わないのが一番ではないでしょうか。

陰口のせいで、周囲の人に誤解されることがあっても、誠意をもって接していれば、いつか誤解が解ける日がきます。

陰口ばかり言っている人は、いずれ周囲の人の信頼を失います。

そして、ちゃんと分かってくれている人もいるはずです。

『知る人ぞ知る』

という言葉のとおりですね。

『利口になった方が勝ち』

ですから、焦らず、怒らず、冷静に対処していきましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.