スポーツ

日大アメフト選手の声明文の内容紹介!悪質タックル指示は監督?

投稿日:

日大アメフト部の悪質タックル問題が、大きく動きそうなニュースが入ってきましたね。

2018年5月29日に、日大アメフト部員たちによる声明文が発表されました。

この声明文は、日大アメフト部員のみのミーティングで内容が決定。

声明文の発表前の情報では、

  • 関西学院大学や被害選手に対する謝罪
  • けがをさせる指示が内田前監督と井上前コーチによるものだと結論付ける
  • すべてのコーチの退陣を求める
  • 宮川選手だけに責任を負わせない

という内容が盛り込まれているとされていました。

はたして、日大アメフト部員が語る真実とはどのようなものなのでしょうか。

今回は、日大アメフト選手の声明文の内容紹介し、悪質タックル指示は監督なのかを調査していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

日大アメフト選手の声明文の内容

2018年5月29日に発表された日大アメフト部員の声明文の内容を確認していきましょう。

まず、冒頭は関大QBの選手や家族、関係者や連盟に対しての謝罪の言葉から始まります。

原文はこちらです。

本年5月6日に行われました関西学院大学アメリカンフットボール部と私たち日本大学アメリカンフットボール部の第51回定期戦での私たちのチームメイトの反則行為について、ケガを負ったQBの選手とご家族の皆様にお見舞いを申し上げるとともに、関西学院大学アメリカンフットボール部関係者の皆様、関東学生アメリカンフットボール連盟その他の関係者の皆様に、多大なご迷惑とご心労をおかけしてしまったことを、私たち日本大学アメリカンフットボール部選手一同、心よりお詫び申し上げます。

本当に申し訳ありませんでした。

 

そして次に『アメフト』というスポーツに関わる人々へ謝罪しています。

また、私たちの行為によりアメリカンフットボールという競技そのものへの信頼が損なわれかねない状況に至ってしまったことについて、アメリカンフットボールを愛する全ての皆様、そして社会の皆様に深くお詫び申し上げます。

 

各方面への謝罪の言葉を述べてから、今回の事件の内容に入っていきます。

今回の件が起こってから、私たちは、どうしてこのようなことになってしまったのか皆で悩みながら何度も話し合ってきましたが、まだ明確な答えが見つけられたわけではなく、これからも話し合いは続けていきたいと思います。

また、これから捜査機関による捜査や大学が設置する第三者委員会の調査が行われるようですので、私たちも全面的に協力して、その結果も待ちたいと思います。

なお、それらの捜査・調査に際しては、関係者の皆様にも、私たちが信じているチームメイトのように、誠実にありのまま全てをお話しして、その責任をしっかり受け止めて頂きたいと思っています。

 

どうやら、明らかになったことは、声明文を出すまでに何度も何度も話し合いを行ったが

明確な答えはまだ見つかっていない

ということです。

これからも話し合いを続け、今後行われる調査については、会見でしっかりと説明責任を果たした宮川選手のように

誠実にありのまま全て

話し、責任をしっかりと受け止めるとしています。

 

そして、宮川選手へ対する想いが語られます。

ただ、少なくとも、私たちは、私たちの大切な仲間であるチームメイトがとても追い詰められた状態になっていたにもかかわらず、手助けすることができなかった私たちの責任はとても重いと考えています。

宮川選手が追い詰められた状態にあったことは、周囲の選手たちも察していたのですね。

しかし、チームのメンバーは、このときに手を差し伸べることができず

悪質タックルを止められなかった

責任を感じているとしています。

これが、今回の事件の責任を

宮川選手だけに負わせない

といった具体的な内容と言えますね。

 

そしてついに、監督とコーチとの関係性について語られます。

これまで、私たちは、監督やコーチに頼りきりになり、その指示に盲目的に従ってきてしまいました。

それがチームの勝利のために必要なことと深く考えることも無く信じきっていました。

また、監督・コーチとの間や選手間のコミュニケーションも十分ではありませんでした。

そのような私たちのふがいない姿勢が、今回の事態を招いてしまった一因であろうと深く反省しています。

選手が監督・コーチに頼ることは当然のことだと思いますが…。

『その指示に盲目的に従った』

これが今回の問題の肝と言えるでしょう。

しかし、これは監督・コーチの指示を盲目的に従った選手が悪かったのでしょうか?

スポーツ界の上下関係は厳しいもので、

『上の人が言うことは絶対』

という暗黙の了解がありますよね。

しかし、間違ったことを指示され、それをどうしてもしなければならない状況は明らかに異常。

さらにアメリカンフットボールは、選手同士が激しく身体をぶつけ合う競技であってルールに反したプレーは、一歩間違えれば、命を落としかねない激しいスポーツ。

きちんとしたルールの中で、『けがをしない、させないプレー』の指導が必要だったはずです。

さらに問題だと感じたのは、

『監督・コーチとの間や選手間のコミュニケーションも十分ではありませんでした』

という部分。

盲目的に指示に従う関係であるにも関わらず、その指示を出す監督・コーチ側と選手が、十分なコミュニケーションをとれていないとは、ありえない話です。

厳しい指導は、しっかりとした信頼関係があって成り立つもの。

ただ立場や力で選手をおさえつけるような指導などあってはならないのです。

 

次に、日大アメフト部の今後について語られています。

私たちは、日本大学アメリカンフットボール部全体が生まれ変わる必要があることを自覚しています。

今後、具体的に何をしていかなければならないかについては、これから選手一同とことん話し合って決めていきたいと思います。

ただし、絶対に必要だと今思っていることは、対戦相手やアメリカンフットボールに関わる全ての人々に対する尊敬の念を忘れないこと、真の意味でのスポーツマンシップを理解して実践すること、グラウンドではもちろんのこと、日常生活の中でも恥ずかしくない責任ある行動を心がけるなど常にフェアプレイ精神を持ち続けることを全員が徹底することです。

そのために何をしていく必要があるのか、皆様にご指導頂きながら、選手一人ひとりが自分自身に向き合って考え抜くとともに、チーム全体でよく話し合っていきたいと思います。

どうやら、今後について具体案は、まだでていないということですね。

発表前の話では、『すべてのコーチの退陣を求める』とありましたが、声明文にはそのような文言はありません。

しかし、

日本大学アメリカンフットボール部全体が生まれ変わる必要がある

という言葉に、その意味が含まれているとも考えられます。

日大アメフト部全体が生まれ変わる為には、

指導者を全員退陣させること

が、まず第一歩でしょう。

長年植え付けられてきた指導法や考え方は簡単には変わりません。

まず失った信頼を取り戻すためにも、現在の日大アメフト部を構成している指導者は、日大アメフト部から手を引くべきでしょう。

 

そして最後は、今後の日大アメフト部の活動について語られています。

そして、いつか、私たち日本大学アメリカンフットボール部が、部の指導体制も含め生まれ変わったと皆様に認めていただいた時には、私たちが心から愛するアメリカンフットボールを他のチームの仲間たちとともにプレーできる機会を、お許しいただければ有難いと思っています。

また、そのときには、もし可能であれば、私たちのチームメイトにも再びチームに戻ってきてもらい、一緒にプレーできればと願っています。

私たち選手一同の今の思いは以上のとおりです。

私たちは、今回の件の深い反省のもと、真剣に、謙虚に、一丸となってチーム改革を実行していく所存ですので、どうかご指導のほど、よろしくお願い致します。

平成30年5月29日

日本大学アメリカンフットボール部選手一同

宮川選手にも戻ってきてもらい、一緒にプレーできればという思いが綴られています。

 

宮川選手は会見で、

「もうフットボールはできない」

と言っていました。

しかし、被害に遭った関大QBの選手も

宮川選手はフットボールをする権利がないと言っているけど、それはまた違う。

フットボールの選手として戻ってきて、グラウンドで正々堂々とルールの中で勝負できたらと思います。

と語っているのです。

 

チームメイトの声明文と、関大QBの選手のコメントを見て、宮川選手はどう感じたでしょうか。

将来有望な選手たちの未来が明るいものであってほしいと願います。

 

悪質タックルの指示は監督のものなのか?

今回、この声明文によって

けがをさせる指示が内田前監督と井上前コーチの指示によるものと結論づける

とありましたが、やはりはっきりとした言葉で結論づけることはできていません。

声明文を出した日大アメフト部員たちも、かなり慎重に言葉を選んでいるように感じる文章でした。

 

しかし、この文章を読んでわかるように、

監督・コーチの指示に盲目的に従う

としていることから、指示があってあのプレーが行われたことになるでしょう。

このような上下関係の中、選手個人が勝手なプレーをした場合には

すぐにベンチにさげられているはず

ですからね。

実際に、反則行為を繰り返して退場となるまで、宮川選手はプレーを続けていました。

反則行為があって、審判にも反則をとられているのに監督・コーチが、それに気づかなかったなんてことは、まずありえないでしょう。

そうしたことからも、

監督の指示があってのプレー

だからこそ、ベンチにさげられなかったと考える方が自然ですね。

そして何より、日大アメフト部員たちが、わざわざ声明文を出しているということが、何よりの証拠と言えるでしょう。

 

内田前監督と井上前コーチの処分は?

最後に、日大アメフト部の内田正人前監督と井上奨前コーチについて、

永久追放に相当する『除名』処分

と決定しました。

これは、処分の中でも最も重い処分となります。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、日大アメフト選手の声明文の内容紹介し、悪質タックル指示は監督なのかを調査しました。

 

日大アメフト部員の声明文には、

  • 関大QBの選手や家族、関係者や連盟に対しての謝罪の言葉
  • 追い詰められた宮川選手を手助けできなかったことに対する責任
  • 監督・コーチの指示に盲目的に従っていたこと
  • 日本大学アメリカンフットボール部全体が生まれ変わる必要があること

について書かれていました。

ただ、相手に怪我をさせる指示が監督・コーチの指示であったと結論づける決定的なコメントはなし。

 

しかし、

監督・コーチの指示に盲目的に従う

体制から、監督の指示があったということだと推測できます。

 

そして内田前監督と井上前コーチについては

永久追放に相当する『除名』処分

と決定。

最も重い処分となりました。

 

今後、関係者がきちんと

誠実にありのまま全て

話すことで、真実を明らかにし、今後の日大アメフト部の再生にも繋げていってほしいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-スポーツ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.