スポーツ 時事

日大アメフト選手の声明文をパワハラで阻止?コーチと弁護士は誰?

投稿日:

日大の悪質タックル問題は、終息する気配はなく日々過熱する一方ですね。

日大の不誠実な対応によって、被害者の父親、加害者となった日大DL選手が会見を開きました。

日大DL選手の会見後、日大の内田前監督と井上前コーチの会見が開かれましたが、その内容がまたまたお粗末なもの。

日大の黒い部分が露呈されることなりました。

 

そして今回、テレビ朝日の取材によって近日中に発表される

日大アメフト部員たちが声明文

の内容が明らかに。

当事者同士の意見が一致しない今、第三者の意見はかなり重要なものです。

はたして、この問題の打開策となるのでしょうか。

 

今回は、日大アメフト選手の声明文をパワハラで阻止しているのは本当なのか。

そのコーチと弁護士は誰なのかを調査していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

日大アメフト選手の声明文とは?

アメリカンフットボール

アメリカンフットボール

テレビ朝日の取材で明らかになった近日中に発表される

日大アメフト部員たちの危険タックル問題に関する声明文

の内容とはどのようなものなのでしょうか。

 

この声明文は

部員だけのミーティングで出た意見

をまとめられているようです。

 

その声明文の内容は、

  • 関西学院大学や被害選手に対する謝罪
  • けがをさせる指示が内田前監督と井上前コーチによるものだと結論づける
  • すべてのコーチの退陣を求める
  • 宮川選手だけに責任を負わせない

という内容。

 

この内容から、日大アメフト部が、どのような組織だったのかがうかがえますね。

日大アメフト部員たちが日ごろの練習や試合などから、

内田前監督や井上前コーチの指示に問題がある

と思っていたことが明らかです。

 

さらに今回、会見を開いた内田前監督と井上前コーチ以外の

すべてのコーチに退陣を求める

という異常事態。

これは、内田前監督や井上前コーチだけではなく、

すべてのコーチの指導に問題があった

ということなのでしょう。

 

日大アメフト部の

組織全体に大きな問題

があったことが明らかです。

 

そして日大アメフト部員たちからは、そんな監督やコーチの指示だったことが明らかである為

宮川選手だけに責任を負わせない

と考えているのです。

 

日大の内田前監督や井上前コーチの会見を見て、本当に悲しい気持ちになりました。

宮川選手は、全てを失ってでも顔や本名を出して、謝罪し説明責任を果たしました。

それに対して、内田前監督や井上前コーチは宮川選手を守ることもなく、指導者として最後まで本当にありえない対応だと感じましたね。

そんな会見を見た宮川選手はどう思ったことだろうと、とても心配しました。

 

しかし、一番近くで自分を見てくれて一緒に戦ってきた仲間が、勇気を持って、きちんと声明文を発表してくれることとなりましたね。

声明文を出す日大アメフト部員たちは、何もしなければ自分たちには注目が集まるなどの問題もなかったはず。

声明文を出すことで、自分たちに注目を集め、色々と不利になることもあるのかもしれません。

そんなことも関係なく勇気を出してくれた日大アメフト部員の仲間たちの絆は素晴らしいものです。

 

しかし!

そんな声明文を

パワハラで阻止

しようとしているというとんでもない話が…。

次にこの件について調べていきます。

 

日大アメフト部員の声明文をパワハラで阻止?

近日中に発表すると言われている日大アメフト部員の声明文の内容は、かなり重い内容です。

会見では全く明らかにされなかった、

内田前監督と井上前コーチからタックルの指示

について、

『指示があった』

という結論であること。

この再発防止策としては、

すべてのコーチの退陣要求

という、日大アメフト部の上層が一掃されるという内容。

 

しかし、この声明文についてコーチたちから

声明文を出したら自分たちの首をしめるぞ

とパワハラ発言があったというのです。

 

この発言は、選手たちが声明文を出すためのミーティングをしていると

井上前コーチとは別のコーチと弁護士

が、共に突然現れて、言い放ったとのこと。

 

また、他に別の日には

隣の部屋にコーチがほぼ全員集まって、ミーティング中の選手たちを6時間ずっと監視していた

というのです。

これは、はっきり言って異常ですね。

こうしたことから、日大アメフト部の監督・コーチと選手の関係性が見えてきそうです。

もはや

指導の域を超えている

ことは明らかです。

 

声明文を阻止したコーチと弁護士は誰?

日大アメフト部員がミーティングしている中に、突然やってきたコーチと弁護士は誰なのか調べました。

しかし、まだわかりませんでした。

 

日大アメフト部には、井上前コーチの他に

コーチが12人

もいるようです。(公式ホームページ調べ)

なので、この中の誰かなのでしょう。

 

しかし、弁護士まで引き連れて

自分たちの首をしめるぞ

という脅迫をしているわけですから、本当に普通じゃないですよね。

指導者として選手を育成し、いざとなったら選手を守るべき立場が指導者のはずです。

それが、このような発言をするなんて本当に信じられません。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、日大アメフト選手の声明文をパワハラで阻止しているのは本当なのか、コーチと弁護士は誰なのかを調査しました。

 

日大アメフト部員は、

  • 関西学院大学や被害選手に対する謝罪
  • けがをさせる指示が内田前監督と井上前コーチによるものだと結論づける
  • すべてのコーチの退陣を求める
  • 宮川選手だけに責任を負わせない

という内容の声明文を近日中に発表するということ。

 

しかし、日大アメフト部員のみのミーティング中に突然、

井上前コーチ以外のコーチと弁護士

が現れます。

そして

声明文出したら自分たちの首をしめるぞ

とパワハラ発言し、脅迫したのです。

選手を指導、育成する立場の指導者としてありえない発言。

この発言をしたコーチと弁護士については、明らかになっていません。

はたして日大アメフト部の問題は一体どのようになっていくのでしょうか。

選手たちの声明文の発表を待ちたいと思います。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-スポーツ, 時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.