言葉の意味・語源・由来

ヤブ医者の語源や由来とは?その特徴や見分け方をチェック!

投稿日:

ヤブ医者の見分け方

ヤブ医者の見分け方

病気になったり、具合が悪くなったら病院に行き、医者の言うことに疑うことなく治療を受けたり、薬を飲んだりします。

しかし世の中には、『ヤブ医者』というものが存在していて、治るはずの病気を治せないどころか、悪化させてしまう…。

そんな話を聞いたことがありませんか?

 

ただ、この『ヤブ医者』という言葉ですが、

適切な治療ができない、その能力がない人

に対して使いますが、その語源は実はとても意外な由来があります。

 

また、ヤブ医者には特徴があって、それを見分けるコツがあります。

せっかくなら、きちんとした治療を安心して受けたいものです。

ということで今回は、ヤブ医者の特徴や見分け方から、その言葉の語源や由来までを紹介していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

実は『ヤブ医者』は名医?その語源とは?

『ヤブ医者』という言葉が使われ出したのは、江戸時代にまで遡ります。

この時代に活躍していた松尾芭蕉の弟子に、森川許六(もりかわきょりく)という人がいました。

この許六が編集した書物に

『藪医者の解説』

があります。

 

その書物で解説されているのは、『ヤブ医者』は、

本来は腕のいい医者に対して使う言葉である

ということでした。

 

昔、但馬国(現在の兵庫県養父市)に、名医が住んでいて、そこに住む人たちに治療をおこなっていたそうです。

この人は、どんな難病も治してしまう凄腕の医師でした。

その評判が広く知れ渡ったことで、多くの医者が、この養父の名医を尊敬し真似するようになったのです。

『養父の医者』といえば、患者も信頼したそうです。

ところが、このブランドを悪用する人が現れ、大した技術もない医者が

『養父医者』

を名乗るようになったのです。

 

そのため、『養父医者』の信用が、どんどん落ちてしまったため、

腕のない医者をヤブ医者

を呼ぶようになったそうです。

ちなみに漢字は、当時の養父ではなく"藪"の字が、当てられるようになりました。

 

ヤブ医者の特徴とは?

ヤブ医者は腕のない医者。

では、腕の良い医者(名医)といわれる人には、どんな医者を思い浮かべますか?

有名大学病院の教授は名医だと思いますか?

 

答えは間違いです。

 

有名な大学に所属している人の中には、研究や論文を書くことを中心にしていて、

臨床経験がほとんどいない医者もいるのです。

そもそも大学の教授は、『教授会』と呼ばれる会議の選挙によって決まります。

ドラマほどではないにせよ、少なからず政治的な要素が強い世界なのです。

『教授になる条件』に、臨床経験の長さは関係ありません。

 

では、いつも病院が混んでいて、人気が医者はどうでしょうか?

 

こちらも安易に信用してはなりません。

 

病院にいる患者さんが、いつも同じ顔ぶれだとしたら、

病気が治っていないから通院させていること

になります。

これは病気を治す技術がない、あるいはあえて治さずズルズルと通院を続けさせている可能性すらあります。

『医療もビジネスである』ということを、おさえておかなければいけません。

最新施設、設備がある綺麗な病院であれば、なおさら経営が成り立つように、うまく運営しなければなりません。

 

ヤブ医者と名医の見分け方

では、『ヤブ医者』と『名医』をどうやって見分ければ良いのでしょうか?

 

まずは、受診する病院の看板をチェックしてみましょう。

たとえば

『内科、泌尿器科、皮膚科』

と、複数の専門分野が記載されていたとしても、その医者が3つの分野の専門とは限らないので気をつけてください。

看板に掲げる診療科目は、掲げる際に申請・審査などの必要はないので、その病院が自由に掲げることができます。

病院が、どんな診療科目を掲げるかは自己申告制

となっているのです。

だから、病院の規模に対して、あまりに多くの診療科目を掲げているようだと、注意が必要です。

 

次に、その病院の受付から待合い室にかけて、チェックしてみましょう。

スタッフの人数が、少なすぎはしないか見てください。

前述した通り、病院もビジネスでやっています。

人件費を削るために、必要最低限の人数で回していると、当然忙しくなり、ミスも増えてしまいます。

施設、設備はどうでしょうか。

清潔感がないところは、当然ダメですね。

病院の受付から待合室が、綺麗に整っていないと、実際に医療に使う器具もちゃんと清潔に保たれているのか心配です。

 

そして最も重要なのは、医者の対応です。

まず、コミュニケーション能力の低い医者には注意してください。

  • PCばかり見て、こちらと全然視線が合わない。
  • 質問をしても答えてくれない。
  • 手術が決定しても名刺を渡してくれない。
  • 患者の話を聞こうとしない

腕に自信のない医者ほど、患者の話も聞きません。

そもそも目も合わさないような人に、適切な治療はできません。

 

また、大した病気でもないのに、大量の薬を渡されたり、いつまでたっても通院が終わらない場合は要注意です。

病院の経営を優先し、長く通院させようとしているのかもしれません。

 

良い医者かどうか見極めるためには、病院内に飾ってある賞状などを確認してください。

『認定証』の賞状がある場合、腕に良い医者の可能性が高いです。

さらに『指導医』と書かれた賞状を持っている医者は、実績や経験が豊富なことが多いです。

指導経験のある医者は、医者から認められた者でもあります。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか。

ヤブ医者の語源は、とても意外だったと思います。

養父の名医のブランドを利用し、養父(藪)の医者だと名乗り悪用する人が増えたため、

腕のない医者

という意味で使われるようになりました。

あなたもヤブ医者には十分注意してください。

『医者がいうことは絶対』という時代は終わりました。

今はインフォームドコンセントが重要視されています。

患者側が、すべての治療の

  • 種類
  • 方法
  • 副作用

など、必要な情報を聞いた上で医師と相談して、どんな治療を受けるか決めることができます。

いつ病気にかかっても、安心して通院できるよう良い医者を探してみてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.