映画

ロストワールド/ジュラシックパークの映画あらすじと結末ネタバレ

投稿日:

これまでも、ハリウッド映画で、

  • バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ
  • エイリアンシリーズ

など、タイムスリップや永遠の命(蘇生)などをテーマとして描かれた映画作品たち…。

まさに、人類の夢が映像化された一つの形ではないでしょうか。

そんな映画作品の一つとして、スティーブン・スピルバーグ監督の手がけた作品が、『ロストワールド/ジュラシックパーク』。

良くも悪くも、恐竜と人類が共存する姿が描かれています。

果たして、この共存が意味するものとは一体何か?

そこで本記事では、映画『ロストワールド/ジュラシックパーク』のあらすじや、結末ネタバレなどを、軽く紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

映画『ロストワールド/ジュラシックパーク』とは?

 

1997年に公開された、スティーブン・スピルバーグ監督の手がけたハリウッド映画『ロストワールド/ジュラシックパーク』。

本来、恐竜とは、太古の時代に滅びている生物であり、現代社会で生息することはありえません。

だからこそ、子供を中心に憧れの生物として注目されているところも多いのかもしれません。

そんな恐竜と、ある種、共存する姿が、映画『ロストワールド/ジュラシックパーク』で描かれています。

もちろん、共存といっても仲良く過ごすことではありません。

人間の一方的な私利私欲に振り回され、怒り心頭の恐竜たちが、暴走してしまい、人間社会がパニックに陥ってしまう話の流れです。

では、映画『ロストワールド/ジュラシックパーク』のあらすじを紹介していきたいと思います。

映画『ロストワールド/ジュラシックパーク』のあらすじ

ジェラシックパーク事件から4年。

数学者(カオス理論学者)であるイアン・マルコムは、インジェン社のハモンド会長に呼び出されていた…。

どうやら、サイドA以外にも恐竜が生息している地域があると判明したために、その調査に駆り出された模様…。

しかし、マルコムは、その調査依頼を断ります。

何よりも自身たちの身の安全を優先させているようです。

ところが、恋人のサラが既に調査に向っていると知らされると、無碍に断るわけには行かず、サラを連れ戻しに調査に加わることに…。

私利私欲に満ちたルドローの暴走行為

そんな中、ハモンドの甥で、インジェン社の社長に就任したピーター・ルドローが、会社再建のためにハンターを従え、恐竜捕獲のためにやってきます。

しかし、ハモンドの恐竜捕獲を妨害しようとカメラマンのニックが、あれこれ行動してしまうため、恐竜に襲われパニック状態に…。

なんとか窮地を脱出したマルコムたちでしたが、ルドローがティラノサウルスを島外に運び出してしまい、街に恐竜が放たれる事態に…。

果たして、街をも巻き込んだこの事態を、マルコムたちは収拾することができるのか…。

以上が、映画『ロストワールド/ジェラシックパーク』のあらすじです。

恐竜たちの生活を脅かした人間の愚かさ…

恐竜たちにとっては、サイドBという人類とも隔離された地域で安穏とした生活を過ごしていたのに、その地に人間が介入…。

結果、恐竜たちが街に降りてしまい、大騒動になってしまうのですから、本当に何やってんだかといった状況ですよね。

人間が私利私欲のために招いた自業自得な話で、現代社会にも合い通じるものを感じさせるストーリー…。

 

映画『ロストワールド/ジュラシックパーク』の結末ネタバレ

さて、一部の愚かな人間のために、街にティラノサウルスが舞い込み、大パニックを引き起こしてしまった『ロストワールド/ジェラシックパーク』。

ここでネタバレとして、結末部分を紹介していきます。

映画『ロストワールド/ジュラシックパーク』の結末ネタバレ

ルドローが、ティラノサウルスをサイドBから島外に運び出してしまったために、街に恐竜が降り大パニック!

結局、多数の犠牲者を出してしまう大事件となってしまいました。

史上最大級の大パニックとなってしまったわけですが、街に降りた恐竜たちは、大人ばかりではありませんでした。

子供のティラノサウルスまで街に迷い込んでいたために、マルコムたちは、その恐竜を捕獲。

その後、子供のティラノサウルスを使って、その親をおびき寄せ、貨物船まで引き込むと、再び街から恐竜たちを追いやることに成功…。

多くの犠牲は生まれたものの、なんとか平和がもたらされたのです。

 

以上が、『ロストワールド/ジュラシックパーク』の結末ネタバレとなっています。

 

映画『ロストワールド/ジュラシックパーク』のトリビア・ネタバレ

映画『ロストワールド/ジュラシックワールド』は、今の現実社会ではありえない、人類と恐竜との共存が一つのテーマとして描かれた映画作品です。

それだけでも見どころがたくさんある映画だと言えますが、細かいところを見ていくと、トリビア的なネタバレも隠されています。

では、そのネタバレを最後に紹介していきます。

原作と本編とはかけ離れた作品であった?

 

 

一部の原作ファンは知っているかもしれません。

というのも『ロストワールド』の原作小説と映画は、かなりかけ離れた内容となっています。

原作小説のストーリーは、サイトB(イスラ・ソルナ島)で生き残っている恐竜を観察して、恐竜絶滅の謎を探るストーリー。

つまり生体観測がメインとなっているのです。

一方、映画の方は、人間の浅はかな私利私欲が恐竜たちを刺激し、街で大暴れしていく姿が描かれています。

さらに、原作では登場しなかったハンターまでも登場…。

これはスティーブン・スピルバーグ監督がアクション要素を意識した結果だったと考えられます。

ただ、これ以上に意味深な話として、原作小説を手がけたマイケル・クライトンは、スピルバーグに、

「私も自由に書くから、映画も自由に作っていい」

と語ったんだそうです。

その結果、原作小説をあまり意識することなく、自由に映画作品として描かれていったんだとか…。

普通なら、原作を用いる場合、原作にリスペクトして描くのが通例ですが、本作は、良くも悪くも少し変わった作品と言えるでしょう。

イスラ・ソルナ島の意味は『皮肉の島』だった

恐竜たちが住む島(イスラ・ソルナ島:サイドB)は、スペイン語で

『皮肉の島』

という意味を持つそうです。

この『皮肉の島』いう意味を、スティーブン・スピルバーグが利用したかどうかは分かりません。

ただ、結果として、良くも悪くも現代社会の人類の浅ましさが描かれ、恐竜を用いてシンクロしたような描かれ方となっています。

自然を破壊し、やれ可愛いとか癒やされるとか言いながら、無闇に餌を与えてしまう人間たちの浅ましさが、野生の動物達を狂わせてしまった…。

これはリアルな現代社会での話で、ニュースでもよく取り上げられていますよね。

野生の猿などに襲われ、大捕物が展開されるニュースも耳にしますし、奈良公園のシカが、街にどっと押し寄せるニュースも…。

そういった部分を踏まえると、なんとも皮肉な作品と言えそうです。

映画『ロストワールド/ジェラシックパーク』は世界に警鐘を鳴らす作品

良くも悪くも、今の時代に警鐘を鳴らすような映画作品となっていることは一つの事実と言えるでしょう。

その結果、皮肉めいた表現も見られていますよね。

別に動物たちに餌をやるなとか、癒やされるな、というつもりはありません。

しかし、『ものには限度がある』ということです。

あまりに極端に人間の私欲に動物たちを振り回してしまうと、恐竜に襲われた『ロストワールド/ジェラシックパーク』のような光景も見られるかも…。

そんな最悪な事態にならないよう、一つの戒めとして捉え、動物たちと接するマナー・節度を考えたいと思う次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

映画『ロストワールド/ジュラシックパーク』は、人間が私欲を働かせ、恐竜を街に解き放ちパニックに陥る映画作品。

それは皮肉にも、今の社会の猿やシカの動物たちが街に降り、人を襲ったり暴走したりする様子に通じる何かを感じさせられます。

舞台となるイルタ・ソルタ島の島名の意味でもある『皮肉の島(スペイン語)』に沿った作品となったというのも、意味深なネタバレですよね。

本記事で紹介したネタバレは、ざっくり紹介しているだけに過ぎません。

結末ネタバレの部分も含めて、まずは本作品を一度観てもらえたらと思う次第です。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-映画

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.