お笑い芸人

高木ブーが痩せた理由は病気で激ヤセ?現在と昔の伝説をチェック

投稿日:

『高木ブー伝説』として、筋肉少女帯の楽曲の題材にもなった、ドリフターズのメンバーの一人である高木ブーさん。

若い頃から太っていて、雷様のキャラクターとしても、多くのファンから愛されていますよね。

そんな高木ブーさんが、

激ヤセしているので心配

とネットで囁かれているそうですが、それは本当のことでしょうか。

一部で病気説も囁かれていますし、現在あまり姿を見かけないだけに非常に心配です。

そこで本記事で、高木ブーさんの現在や伝説に触れながら、一方で、病気で激ヤセしていると噂される理由・真相も併せて探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

高木ブーが激ヤセって本当?

若い頃から肥満体型で、自身の芸名の由来ともなった話もある、ドリフターズの高木ブーさん。

確かにあの小太り体型は、彼のトレードマークにもなっていましたよね。

リーダーだった、故・いかりや長介さんも、その小太りでコミカルなところに惚れ込んで、ドリフにスカウトしたという話も…。

それだけ他のメンバーに出せない魅力あふれるメンバーだと言えますね。

ウクレレ奏者としても活躍中

 

また一方で、ウクレレ奏者としても非常に魅力的な人で、現在は、ウクレレ初心者たちに、その魅力を伝え教える日々を過ごしているんだとか…。

どうしても

ドリフ=コントグループ

という印象が強いため、あまり想像できていませんでしたが、やはり生粋のバンドなんですね。

高木ブーさんも、普段はコミカルですが、音楽に精通している人なのです。

高木ブー激やせの噂…

伊右衛門のCM

伊右衛門のCM

さて、そんな高木ブーさんなんですが、ネット上では、激やせしたと話題になっているようです。

そのきっかけが、現在放送している、サントリー『伊右衛門』のテレビCM。

このCMは、宮澤りえさん・本木雅弘さんが、メインキャストとして、サントリーのお茶『伊右衛門』の魅力を伝えるテレビCMシリーズ。

そのCMに、加藤茶さん、仲本工事さん、高木ブーさんの三人で出演。

最後は、タライまで落ちるオチで締めくくられ、魅力的なCMでしたが、このCMで見せた高木ブーさんの体型に、衝撃を受けたファンが続出…。

高木ブー激ヤセに病気と心配する声も…

『8時だよ全員集合』や『ドリフ大爆笑』の頃の小太りした姿とまるで異なり、激やせしているように映っていたというのです。

確かに、若干痩せているような気はするのですが、それが激ヤセと言われると微妙な印象も見受けられます。

病気説による激ヤセ&逝去説は全くのデタラメ

ただ、ネット上で何かと噂されている、

病気をしていて痩せているという話はガセ!

ましてや逝去説は完全にデタラメです。

確かに、高木ブーさんが、ここ数年、あまりテレビでの姿がないのは事実ですが、だからといって根も葉もない噂が流れるなんて…。

本当にひどい話ですよね。

後ほど、激ヤセの理由はお話していきますが、あくまでダイエットの結果として痩せているわけで、至って元気だということだけは言っておきます。

 

高木ブーの痩せた理由は病気?

先程もお話したとおり、高木ブーさんが激やせした理由は、病気による激ヤセでは全くありません。

近年、西城秀樹さんや朝丘雪路さんなど、昭和のスターが亡くなっているため、不安な気持ちから、そのようなガセが流れているのでしょう。

まぁいずれにしても、高木ブーさんの激ヤセは、病気が引き起こしているものではありません。

ただ、厳密に言えば、ある怪我が、彼をダイエットに向かわせたことだけは事実のようです。

高木ブーにダイエットを決意させた本当の理由とは?

では、その病気(怪我)とは何だったのか…。

ズバリ!それは、ひざの軟骨が削れる

『変形性膝関節症』

という病気(怪我)です。

高木ブーさんの場合、小太りな体型でありながら、ギターを守りつつ、激しく転んだりしながら笑いを提供するタレント。

ドリフのコントでも、いくつもそのようなシーンも見られました。

それだけに、膝にも結構負担がかかるみたい…。

それで、以前から膝の状態があまり良くなく、ずっと痛みと戦い続けてきたそうです。

時に痛み止めの注射をうちながら仕事をしていたらしく、それも通用しなくなってきたことで、最終的に人工関節置換術に踏み切ったみたい…。

きっかけは病気!本当の理由は医師から推奨のダイエット

そして、その際に医師からダイエットをするように助言を受けて、膝に負担をかけないようにダイエットに努めていた模様…。

その結果、

約半年で10kgの減量

に成功。

『8時だよ全員集合』に出演していた頃の78kgまで体重を落とし、今も維持しているとのこと…。

そのため、健康的に痩せていても、久しぶりに高木ブーさんを見た人たちは、激やせしたと衝撃を受けたのでしょう。

実際にダイエットしたのは2009年の話…

ただ、10kgほど痩せたというのも2009年の人工関節置換術を受けた後の話ですから、別に急激に痩せたわけでもありません。

あくまで、今後、膝に負担をかけすぎないようにするための打開策として痩せたに過ぎないのです。

それにしても、2009年の話としても、高木ブーさんが70代前半の頃の話なのに、よくダイエット成功できましたよね。

高木ブーのダイエット法は食べ残しダイエット

何でも、食事の際に以下のルール

  • お酒は飲んでも1杯のみ
  • ご飯茶碗は子供用のものを使用
  • おかずは少量に留める
  • 野菜はたくさん食べる

を設けて、それらを守った上で食べ残していくことを心がけたそうです。

その結果、胃が小さくなり、ちょっと食べただけで、お腹が満足し、食べ過ぎを防ぐことができたみたい…。

 

どんなルールを設けたところで、それを守らなければ全く意味はありませんが、一度習慣づけたら意外と長期にわたって守れたりするもの…。

ぜひ、ダイエットが長続きしない人は、一度試してみると良いと思いますよ。

 

高木ブーの伝説・今昔物語

 

高木ブーさんといえば、やはり、誰もがドリフ大爆笑でおなじみの『雷様』を想像するかと思います。

もともとは、いかりや長介さんと伊東四朗さんが『雷の意義』について語っていたことがきっかけで、雷様のコントが誕生。

そして、いかりやさんが雷を落とし、仲本工事さんが雨を降らす中、高木ブーさんがやる気なく太鼓を叩き、いかりやさんにどやされていくコントに…。

ところが、この脱力系なところが面白いと評判になると、いつしか高木ブーさんのアドリブトークコーナーとして定着してしまったのです。

今では、高田純次さんが、いい加減そのものといった言動で、視聴者を楽しませてくれていますが、その元祖は高木ブーさんだったのではないか…。

そのように考えると、なんとも凄いキャラクターだったと言えそうですね。

現在はウクレレ講師!意外な接点とは?

 

また、高木ブーさんが中央大学経済学部在学中に所属していた音楽研究会『ルナ・ハワイアン』の先輩が、谷啓さん。

そして、高木ブーという芸名の名付け親は、元クレイジーキャッツのハナ肇さんだったみたい…。

なんとも凄い接点ですね。

現在の高木ブーさんは、先程も少し触れたとおり、ウクレレの普及を願い、多くの人たちにウクレレを教える活動を続けています。

ただ、教えるだけではなく、音楽活動としてウクレレを演奏しています。

その中で、ももクロのライブに参加し、ウクレレ演奏をしているなんてことも…。

自身の孫と同じか、それよりも若い年代のアイドルたちともセッションを続けていくのですから、そのバイタリティは凄いですよね。

だからこそ、伝説として語り継がれていくのでしょう。

筋肉少女帯と高木ブーの関係

 

かつて、『高木ブー伝説』という楽曲が、大槻ケンヂさん率いる筋肉少女帯によって歌われたことがありましたよね。

その楽曲は、ドリフの許可を得ていなかったのか、

いかりや長介さんの逆鱗に触れて、自主回収する羽目に陥った

という話も…

ただ実際のところ、本当にいかりやさんからクレームが入ったかはハッキリしていません。

いずれにしてもドリフ関係者からクレームがあったのは確かみたい…。

そんな中、高木ブーさんが、

「若い連中が必死に馬鹿やってるんだから、許してやろうよ!」

と、容認してくれたのです。

高木ブーさん直々に容認となれば、これ以上クレームを入れることもできません。

それで、『元祖高木ブー伝説』として再びリリースすることになったんだそうです。

そういった心の広さも一つの伝説となり、世代を超えて多くのファンから愛されているんだと思います。

ドリフという伝説のコミックバンドが誕生したのも、高木ブーさんという唯一無二の存在があったからだと思います。

そういう意味でも高木ブーさんは、かけがえのない人だと思います。

ぜひ、いつまでもお元気でいてほしいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

大槻ケンヂさん率いるバンド『筋肉少女帯』までが、『高木ブー伝説』という楽曲を歌うほど、一つの伝説を築き上げ、慕われているドリフの高木ブーさん。

現在、彼が出演するサントリー『伊右衛門』のテレビCMで、激やせした姿が映し出され、そのことで多くのファンが心配していますよね。

しかし、あくまで

膝に負荷をかけないようにするためにダイエットした結果

であって、病気によって激やせしてしまったわけではありません。

むしろ激やせして健康的になり、まずは、一安心といったところでしょう。

昭和の大スターが、次々とこの世を去っていくだけに、高木ブーさんにはより長く活躍し、多くのファンから慕われ続けてほしいものです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-お笑い芸人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.