お金 美容・健康

年収が低い人に肥満が多い理由を紹介!貧乏な食事だから太るの?

投稿日:

肥満男性

肥満男性

『年収と肥満に関係があるかもしれない』

こんなふうに聞くと、意外な感じがするかもしれませんね。

しかし、年収と肥満には少し関係があるようなのです。

年収が低い人が、必ず肥満になるわけではありませんが、

太りやすい食事内容になりやすい

という傾向があるようです。

年収が低めで肥満体の人は、この年収と肥満の関係を知ることで、スッキリとした体形に変わる決意が生まれるかもしれませんね。

ここでは、年収が低い人に肥満が多い理由について紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

年収が低い人に肥満が多い理由は?

年収が低い人に肥満が多いのは、その

『食事内容』

のためだと言われています。

年収が低い人は年収が高い人に比べて、

『炭水化物の摂取量が多く、野菜の摂取量が少ない傾向がある』

ということなのです。

炭水化物の摂取量が多くなると、太る原因となる糖質の摂取量が増えることになります。

そのため、どうしても太りやすくなってしまうのです。

実際に、年収の低い人と年収の高い人で、炭水化物の摂取量にどの程度の差があるのか、それがわかる調査結果があります。

これは世帯年収ごとに、炭水化物がエネルギーに占める割合を表したものです。

世帯年収が600万円以上

  • 男性58.6%
  • 女性56.8%

世帯年収が200万~600万円未満

  • 男性59.5%
  • 女性58.6%

世帯年収が200万円未満

  • 男性61.1%
  • 女性59.7%

この調査結果を見てみると、世帯年収が下がるほど炭水化物をエネルギー源として摂取する割合が増えています。

200万円以下の世帯年収の場合には、1日に摂取するエネルギーの約6割が炭水化物に占められています。

炭水化物はエネルギー効率の良い食べ物ですから、少しでも多く摂りすぎると、活動量をよほど増やさない限りは太りやすくなります。

 

世帯年収が600万円以上の世帯と、200万円未満の世帯では数パーセントの違いです。

しかし、炭水化物の摂取量が多くなることは、より太りやすい食事内容であることは間違いないでしょう。

 

年収が低いと食事に炭水化物が増えるわけは?

年収が低いほど、食事に占める炭水化物の割合が増えるのは、炭水化物が

『安い・手軽・お腹いっぱいになる』

の3拍子が揃っているためです。

これは、

年収が低い人は時間的なゆとりも少ない人が多いため、調理をする手間が長く確保できず、簡単にお腹を満たす傾向があるため

と言われています。

確かに、炭水化物の代表ともいえるご飯やパンを思い浮かべてみると、炭水化物が『安い・手軽・お腹いっぱいになる』を満たしていることがわかりやすいです。

例えば、菓子パンです。

菓子パンは、比較的値段が安く、さらにそのまま手軽に食べられ、2個3個と食べればお腹がいっぱいになります。

また、どんぶりなどもご飯の上におかずをトッピングするだけで完成し、単品メニューでも食べるとお腹いっぱいになります。

『貧乏暇なし』と言われていますが、本当かもしれませんね。

 

貧乏な食事内容は太る原因になる

年収が低い人に肥満が多いのは、その食事に占める炭水化物の割合が高いためであると言われています。

これは炭水化物中心のバリエーションに欠ける、いわゆる貧乏な食事内容であるためとも言えます。

実際に1日あたりの野菜の摂取量は、

若年齢、低収入であるほど少ない傾向

があります。

これは野菜を食べるためには、切ったり、調理したりする必要があり、手間がかかるためだとされています。

また、食卓に野菜を加えるためには、それなりにお金がかかることになります。

例えば、野菜を1日あたり350g摂る人と、あまり摂らない人とでは、1ヵ月の食費に約8,000円の差があります。

このあたりも、低収入の人の食事が、炭水化物中心の貧しい内容になりやくなる原因かもしれませんね。

野菜を食事に多く摂り入れると、食事から摂れる栄養が豊かになるだけではなく、血糖値の急上昇を抑えて肥満防止にも役立ちます。

野菜を食べることが少ない人は、少しずつ野菜を摂る量を増やしてみてくださいね。

たとえば、食事に必ずサラダや野菜を使った料理の小鉢を加えるなどのルールを作り、それを守るだけでも違ってきます。

また、野菜は食事の一番最初に摂ると、より効果的に血糖値の上昇を抑えることができます。

これはベジファーストとも呼ばれている食べ方です。

ベジファーストするだけで体重が減ることもありますから、ぜひ試してみてくださいね。

おまけ

緑黄色野菜の1日の摂取目標量は120g以上と言われています。(厚生労働省推進『健康日本21』より)

これを毎日クリアするには、時間がない人にとっては、かなり大変なことです。

でも、ファンケルの青汁なら、

たった1本で1食分の緑黄色野菜の量を補うこと

が可能です。

「どうしても野菜は無理…」

という人なら、青汁で代用してみてはいかがでしょうか?

最近の青汁は、飲みやすくて気にならないですよ。

】ファンケルの本搾り青汁ベーシック

まとめ

年収が低いからといって必ず肥満になるわけではありませんが、炭水化物中心の食事を摂ることが多いようなら注意が必要です。

年収が低いと肥満になりやすいのは、結局のところ、

『食事の用意に割ける時間や食材にかけられるお金が少ない』

ためです。

ご飯やパンなどの炭水化物は、手軽に食べられて、すぐにお腹がいっぱいになるというメリットがあります。

しかし、太りたくないなら栄養バランスを考えた食事を摂るようにしてみてください。

栄養バランスの良い食事は、肥満防止だけではなく、健康のためにも摂りたいものになります。

一度立ち止まって、自分の食生活を見直してみてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-お金, 美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.