お金

利子と利息の違いと使い分けをチェック!借金返済金額は同じ?

投稿日:

違いを探す男性

違いを探す男性

『利子』と『利息』は、どちらもお金に縁のある言葉で、同じような意味を持つものといった印象がありますね。

『利子』と『利息』を厳密に知らなくても困ることは少ないですが、知っておいたほうが損をしないですむような気もします。

とくに借金を考えている場合には、思わぬ損をするのは避けたいところですから、きちんと確認しておきたいものですね。

『利子』と『利息』。

この二つにはどんな違いがあるのでしょうか?

また、借金をした場合、『利子』と『利息』で、返済金額が変わったりするものなのでしょうか?

スポンサーリンク

アドセンス

『利子』と『利息』の違いは?

『利子』と『利息』は、同じものを意味する言葉になります。

ただ、借主側から見た元本に追加して支払うお金を『利子』、貸主側から見た元本に追加して受け取るお金を『利息』と呼ぶことが多いようです。

利子・・・お金を借りた人が貸した人に支払う元本に追加して支払うお金
利息・・・お金を貸した人が元本に追加して受け取るお金

また、法律用語として『利息』、税法では『利子』が用いられたり、銀行では『利息』と呼ばれ、ゆうちょ銀行では『利子』と呼ばれたりします。

このように、『利子』と『利息』は同じものを示す言葉ですが、その使い分けはあいまいです。

『利子』と『利息』は、使う人の立場によって変わりますが、その意味するところは全く同じです。

なので、使い分けに神経質になる必要はないかもしれませんね。

 

借金の返済金額は『利子』と『利息』で変わる?

『利子』と『利息』は、貸したお金や借りた元本に対して追加されるお金のことを指します。

このことから、『利子』でも『利息』でも、その利子や利息が示す契約が同じであれば、言葉の違いによって借金の返済金額が増えてしまうことはありません。

『利子』や『利息』という言葉の違いで、借金の返済額が増えることはありません!

だから安心してくださいね。

 

借金を返す金額は、『金利』と『期間』により変わる

借金を返す金額が変わる大きな要因は、『金利』です。

まず、金利の意味を見てみると、

『元本に対する利子の比率。利率。』

とあります。

このことから金利は、借金などの元本に付加する利子・利息の割合を表すものになります。

つまり、『金利』が決まらなければ、『利子』も『利息』も決まらないことになります。

 

たとえば、お金を借りる場合の契約書に『年利5%』などと記載されています。

これは、

100万円借りたとしたら、1年間に5%の金利を付加して返済してください

という意味になります。

この条件で100万円借金した場合には、1年後に105万円返済しなければなりません。

ちなみに、この契約の場合、

元金:100万円

金利:5%

利子・利息:5万円

となります。

次にたとえば、100万円を借りる場合に金利が年利10%のところで借りたとしたら、1年後の返済額は110万円になります。

金利が年利5%の場合には105万円の返済でよかったものが、金利が年利10%になると110万円の返済が必要になります。

このように同じ金額を借りたとしても『金利』によって、その返済額は変わってしまいます。

借金の返済金額を抑えたいなら、

なるべく『金利』が低いところ

で借りることが大切になります。

 

もし借金をするなら

借金は返さなければならないお金です。

そして、借りる条件によっては、借りた元金に多くの『利子・利息』を付けて返済しなければなりません。

なるべく損をせずに借金をするためには、

『金利』と『返済期間』。

この2つに気を付けて借りるようにしてみてください。

なぜなら、『利子・利息』は、『金利』が高く、『返済期間』が長いほど高く支払うことになるからです。

借金をするなら、なるべく低金利で短期間で返済できるようにするのが、最も負担がかからない借り方になります。

実際に、少額で短期間の借金の場合には、金融機関によっては無金利の利息が0円で借りられる場合もあります。

借金はなるべくしないほうがいいものですが、やむを得ない場合には金利や返済条件をしっかりと確認して契約するようにしましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『利子』と『利息』は同じものを指し示す言葉で、

『元本に追加して支払うお金』

を意味します。

『利子』と『利息』の使い分けは、明確ではありません。

しかし、一般的にお金を借りた人側から見た元本に加えて支払うお金を『利子』。

お金を貸した人側から見た元本に加えて受けとるお金を『利息』としていることが多いようです。

また、『利子』と『利息』の違いによって借金の返済額が変わることはありません。

借金の返済額は、『利子』と『利息』よりも『金利』によって大きく変わります。

金利が低いほど返済額が少なく済みますから、借金をする場合には、なるべく金利が低いところから借りてくださいね。

少額、短期の借金なら、無金利で借りられる金融機関もあります。

色々な金融機関を比較検討して、返済金額のことまで考えて借りるとよいでしょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-お金

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.