著名人

日大会見の批判炎上司会者・米倉久邦の経歴を調査!【広報部?】

投稿日:

日大アメフト部問題は、2018年5月23日に緊急会見がおこなわれましたが、ここで新たな炎上材料が投下されてしまいます。

それが、日大広報部で、炎上会見の司会者を担当した『米倉久邦』という人物です。

この米倉久邦という人物、かなりふんぞり返った態度で、ひどい司会をしていましたが、経歴を調べてみると…。

元共同通信の人物

だったことが判明しました。

あの炎上ブチギレ司会・米倉久邦とは一体どんな人物なのか?

当記事で、米倉久邦氏について、その経歴や過去の言動を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

日大の緊急会見でブチギレ司会者・米倉久邦が炎上

2018年5月23日の日大・内田前監督と井上コーチの緊急会見は、歴史上最低会見のダントツトップに躍り出るほどの醜態だったのではないでしょうか。

現在は、隠居生活をしている雪印乳業元社長・石川哲郎氏の

「私は寝てないんだよ!!」

という逆ギレ会見。

さらには、船場吉兆の耳打ち会見など。

今までにひどい会見はいくつかありましたが、間違いなくこれらを超えた酷い会見でした。

内田前監督は全て責任転嫁する発言ばかりで、保身に走る。

そして井上コーチはしどろもどろになり、もはや言っていることが支離滅裂…。

ちなみに、この井上コーチは、過去にとあるビデオ出演をしていたことが一瞬でバレてしまい、タイトルまで特定されたとか…。

それはさておき、しまいには、会見の司会をした『米倉久邦』という人物が、

ブチギレ司会

をしたことで、火に油を注ぐかたちで、さらに炎上しました。

 

このブチギレ司会者・米倉久邦氏は何が酷かったかというと、会見中、

常に上から目線でふんぞり返り、気に入らない質問や展開になるとブチギレ

という、とても75歳を過ぎた老人とは思えないような幼稚っぷりを発揮。

見事、ネット上では老害認定されました。

そのブチギレ問題発言を振り返ると、きりがないほど出てきます。

「やめてください。やめてください!次にマイク渡して!みんな質問したいのだから!」(質問の長い記者に対して)

 

「後ほど?今からやりますよ!」

(内田前監督の常任理事の進退について、「後ほど説明する」と回答した後、「後ほどはいつですか」と問われ)

 

「記者会見、これで21時30分すぎたので終わります。みんなやるのですか?何十人もやるのですか?いつまでかかるかわかりませんよ。」

 

「みんな同じ質問を何度も繰り返されたら迷惑ですから。」

 

「質問をやめないなら記者会見を打ち切りますよ!」

 

「あなたは黙ってください!」

 

「もういいですから。喋らないでください。」

 

「全員から聞けないですよ、もう十分に聞きました。」

(予定時間を過ぎた後、質問に対してブチギレ始める)

 

「見てても、見てなくてもいいんです!」

(このやりとりについて、「会見はみんな見てますよ」と記者に言われ)

 

「落ちません!(怒)」

(記者に「司会者のあなたの発言で日大のブランドが落ちてしまうかもしれませんよ」と言われ)

とまぁ、何ともひどいブチギレぶりを披露。

よく言われる、最近のキレる老人というやつですね。

非常に見苦しく、醜いです。

『落ちません』発言の後は、さすがに

『何を言っているんだこいつ』

という雰囲気に包まれ、会場全体から嘲笑を買っていました。

このような問題発言ばかりをしたブチギレ司会者・米倉久邦氏は、緊急会見で内田前監督・井上コーチよりも目立ってしまい、あまりの司会のひどさは、あの橋下徹さんもTwitterで怒りをあらわにするほどでした。

 

はたして、この炎上ブチギレ司会者、米倉久邦氏とはどんな人物なのか?

調べてみると、いい経歴を持っていながら、日大に来てからは老害ぶりを発揮している人物であることがわかりました。

 

ブチギレ炎上司会者・米倉久邦の経歴を紹介

日大の緊急会見で炎上したブチギレ司会者・米倉久邦氏について調べてみると、なんと…。

元共同通信の論説委員長

だということが判明しました。

ただ、元マスコミで立場も結構上にいたことを考えると、マスコミの記者たちを格下に見ていたのでしょう。

あのふんぞり返った上から目線な態度だったのも頷けますね。

『睨みを利かせておけば黙るだろう』とでも思っていたのでしょう。

 

続いて、米倉久邦氏のプロフィールについて確認しましょう。

米倉久邦氏は、1942年生まれで、東京都出身。

1968年に早稲田大学を卒業すると、共同通信に入社。

ワシントン特派員~経済部長~ニュースセンター長~論説委員長~客員論説委員

とキャリアを積み、現在は日大の広報部に入ったんですね。

年齢を考えると、再雇用といったところでしょうか?

また、ジャーナリストとしての一面のほかに、森林インストラクターとしても活動。

もともと、学生時代から山に親しんでいたようで、50代後半から山行を再開。

森林インストラクターのほかにも日本山岳会会員、東京スキー山岳会会員でもあります。

また、米倉久邦氏は森林インストラクターとして著書も出していて、

  • 『そうだ、山へ登ろう!――森林インストラクターになっちゃった』
  • 『森のチカラ――日本の森林再生プロジェクト』

を出版しています。

 

Amazonのこれらの著書のページには、米倉久邦氏のことを知ったネット民によって、会見のことを揶揄ったレビューが投稿されていましたよ。

仕事が早いです。

 

ちなみに、中にはまだ米倉久邦氏が、元共同通信論説委員長と同一人物だとするのは、尚早だという人もいますが…。

NPO法人『日本樹木育成研究会』の平成23年11月3日に活動報告にあった講演している画像を見る限り、同一人物に見えます。

また、2018年5月24日の『羽鳥慎一モーニングショー』で、テレ朝の報道局コメンテーター室解説委員・玉川徹氏が

実はこの方ですね、共同通信の記者だったんですね。

取材する側の立場にいた人なんですよ。

だから、納得がいかなければ、何回でも質問を繰り返すことはあるっていうことは分かっている人なんですね。

と暴露しているので、ほぼ真実と見て間違いないと思います。

また、玉川徹氏は米倉久邦氏について、

監督やコーチたちがまだ答えるつもりがあるわけですよね。

本当にメディアっていうのを知らない、今までメディア対応をしたことがない大学の広報の人だったら、もしかして、ずっと立っていて疲れちゃってね。

何かイライラしてきたから、もうやめちゃおうかなっていうのがあるのかもしれないけど。

でも、この人、記者だったんですよ。

質問する側の人ですよ。

それが何でこういうことをやっているのかっていうのが、ボクは何かの意図を感じますよ。

とコメントしていました。

 

そしてこの米倉久邦氏、実は日大の広報部になってから、今回以外でも問題発言や酷い態度を見せています。

それが、日大の名誉教授が2015年に、

山◯組から借金をして未返済だったこと

が判明したという一件。

 

この時、米倉久邦氏は

「相手がどんな活動をしているのか報告義務はないし、大学として関知していない」

と知らぬ存ぜぬの態度を見せたことで、批判炎上したのです。

 

なるほど…。

 

米倉久邦氏の老害ぶりは、昔から変わりなかったということですね。

マスコミに身を置いていたことがありながら、この態度…。

いや、マスコミに身を置いていたからこその、このふんぞり返った態度なのかもしれません。

ちなみに、反社会勢力と日大の関わりというと、日大の田中英寿理事長が◯口組トップ・司忍氏とのツーショット写真が流出、密接さを感じさせる事実も判明しています。

 

もう、日大という大学そのものが黒く染まってしまっているでは…?

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、日大の会見でブチギレ炎上司会をおこなった、日大広報部の米倉久邦の経歴を探りました。

まさかの

共同通信の元論説委員長

で、マスコミに身を置いていた人物だったとは…。

それにしても、米倉久邦氏は、司会者としてひどい態度でしたよね。

まるで、

『日大側は何も責任がないかのような司会進行をしろ』

と言われていたような、異様な雰囲気でした。

日本最大の反社会的勢力の組長と理事長が仲が良い事実も判明しましたし、まるで日大のバックに◯口組がついているから何をしてもいいぞ…。

邪推すると、そんな意図が見えるような会見でした。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-著名人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.