スポーツ 時事

日大トップ田中英寿理事長の経歴プロフィールと評判をチェック!

投稿日:

日大DLが、関大QBに悪質タックルによって負傷させた件は、大きな社会問題になっています。

2018年5月22日に悪質タックルをした日大DLの宮川泰介さんが会見を開き、悪質タックルに至るまでの経緯を説明し、謝罪しました。

監督・コーチが説明責任を果たさない中、20歳の選手がたった1人で、大勢の記者の前で、しっかりと説明責任を果たした姿は立派に見えました。

このように、選手が顔や本名を公表して会見を開く、という勇気ある行動をしたにも関わらず日大の対応はあまりにも不誠実。

日大のトップである、田中英寿理事長にも注目が集まっています。

今回は、日大トップ田中英寿理事長の経歴プロフィールや評判をチェックしていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

日大トップの田中英寿理事長のプロフィールは?

田中英寿理事長

田中英寿理事長

名前:田中英寿(たなか ひでとし)

生年月日:1946年12月6日

出身地:青森県五所川原市

最終学歴:日本大学経済学部経済学科卒

日本大学理事長

彼は2018年に、御年72歳になります。

自身の出身大学も日本大学だったんですね。

顔をいる限りでは、とっても強面です…。

 

日大トップ田中英寿理事長の経歴は?

田中英寿理事長は、小学低学年のころに相撲を習い始めたのだそう。

日本大学に在学中、相撲部に所属していて選手として活躍、

3年生のときに学生横綱

となっています。

とっても相撲が強かったんですね。

 

1969年に、日本大学経済学部経済学科を卒業。

卒業後、日本大学農獣医学部体育助手兼相撲部コーチに就任しています。

1983年に、日本大学相撲部監督に就任。

あの舞の海などの力士を育成しています。

 

田中英寿理事長自身の相撲の成績は、1969年・1970年・1974年に

3度アマチュア横綱

となって

34タイトルを獲得。

1980年に相撲を現役引退しています。

身体が大きいのは、相撲で鍛えられたからだったのですね。

力士としても、指導者としても立派な経歴です。

 

1994年には、財団法人日本オリンピック委員会理事長に就任。

後に副会長になっています。

その後は

1999年に学校法人日本大学理事長

2000年に日本大学保健体育事務局長

2001年に日本大学校友会本部事務局長

2002年に学校法人日本大学常務理事

2005年に日本大学校友会会長

を歴任。

2008年から第12代目の学校法人日本大学理事局長を務めています。

 

このように、ずっと日本大学に関わってきたんですね。

トントン拍子で、上へ上へと登っていると感じる経歴です。

常に指導者であったり、上の立場にいて教育や選手育成に携わっていた人だということがわかりました。

 

田中英寿理事長の評判は?

問題になっている、悪質タックルについては

日大の体制

に最も問題があると考えられます。

そしてその日大のトップに君臨する田中英寿理事長が

元凶

なのではないかという話もあります。

 

学校法人日本大学の理事長に、体育会出身者が就くのは、彼で3人目なのだそう。

田中英寿理事長は、その経歴からもわかるように

『日大体育会のドン』

として君臨。

日大体育会では、

恐れられ絶対に逆らうことなどできない存在であること

は明らかです。

 

そんな田中英寿理事長の

側近中の側近

といわれるのが、内田正人監督だといいます。

そのような関係性から、内田正人監督がすべて独断で指導していることはなかなか考えにくいですね。

スポーツ界の上下関係は、とても厳しく

上の命令・指導は絶対

というのが暗黙のルール。

 

このような選手育成方法をとっているのは、

田中英寿理事長の考え

であると考える方が自然。

田中英寿理事長には、黒い噂もたくさんあります。

2015年に指定○○団のトップと田中英寿理事長の親密な写真が出回りました。

米誌『VICE』に掲載された画像は、親密さが伝わるものでした。

日大トップと○○団トップに関係があることで

東京オリンピックは暴力オリンピック

と書かれてしまったのです。

 

さらに、日本大学の工事を受注している建設会社から

約6年間に計500万円以上

を受け取っていたといいます。

1回あたり10万円前後で50回以上、金銭を受け取っていたということです。

この件について大学側の第三者委員会の調査結果は、

「『工事発注に伴う謝礼ではない』ということだった」

と、答弁しています。

 

黒い噂が、真っ黒すぎておそろしくなりますね。

このような人が日大のトップであり、誰も逆らえない存在になっていると考えると本当にこわいです。

今回の、この社会的にも大きな問題となった悪質タックルによって、日大の選手育成方法を根底から変えてもらうことを願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、日大トップ田中英寿理事長の経歴プロフィールや評判をチェックしました。

 

田中英寿理事長は、

  • 日大を卒業
  • 相撲で好成績を残した
  • 力士育成も行った
  • 日大のトップへと上り詰めた

相撲と教育者として、成功を収めてきたと言える経歴でした。

 

しかし、彼には黒い噂があり

  • 指定○○団トップと親密?
  • 建設会社から金銭を受け取った?

ということが噂されていました。

真実は闇の中なのですが、全くの潔白なら、このような報道すらされないのでは?という感じですね。

『火の無い所に煙は立たぬ』というか…。

 

今回、悪質タックルで日大の黒い部分が露呈されることになりました。

ここで大きな問題にならずに流されていたら、今後どのようなことになっていったのかと思うとおそろしいです…。

選手はスポーツが大好きで頑張っています。

間違った指導で選手の人生を狂わせることなど絶対に許されません。

今回の件で、日大の指導方法や考え方が変わること、改善することを願っています。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-スポーツ, 時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.