テレビ

モニタリングのヤラセがひどいと評判!一般人じゃない証拠とは?

投稿日:

何かと世間を賑わすテレビ業界のヤラセ問題。

そのヤラセが発覚するたびにテレビ業界はどんどん信頼を失い、若者の多くがテレビから離れてしまう最悪の結末を迎えているようです。

その中で、今度はTBS人間観察バラエティ『モニタリング』でもヤラセが発覚してしまいました。

それも、一般人になりすました芸能人の卵がいたとして、写真までも公開され、視聴者たちからはひどいと評判になることも…。

では一体、このヤラセとはどういうものだったのか?

また、その写真や、ヤラセが行なわれた背景も気になりますので、本記事で探りまとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

モニタリングもひどいヤラセがあったって本当?

モニタリング

モニタリング

近年、何かとテレビ業界で、視聴者に反感を受けることとなるヤラセ騒動が、たびたび行なわれていますよね。

かつては、堺正章さん・ヒロミさんがMCを務めた情報番組『発掘!あるある大事典』で、納豆が身体にいいと、ヤラセが展開…。

納豆が身体に良いことは事実ですが、効果には個人差があり、目に見えて効果が期待されるわけではありません。

しかし、それでは番組にならないと、ヤラセを用いて誇張表現を映し、社会問題となってしまったため、番組が打ち切りとなってしまいました。

このことは、まだ記憶している人もいると思います。

番組打ち切りとなった『ほこ×たて』ヤラセ問題

そして、同じくフジテレビ系列で、『ほこ×たて』ヤラセ問題が勃発!

もうまるで八百長でも仕掛けているかのようにヤラセが行なわれ、またしても番組打ち切りという事態に発展…。

こういったヤラセ騒動が行なわれるたびに、世間の視聴者はテレビから離れていき、最悪、テレビ番組そのものを観ない人も…。

今後も、この手のヤラセ騒動勃発するんだろうと思いながら、いろんなTV番組を見ていくと、他局でもやらせ問題が勃発。

TBSでも勃発したヤラセ問題

TBS『ピラミッドダービー』で、入れ替わる双子を見抜く競技『双子見極めダービー』でヤラセが発覚し告発を受ける事態に…。

その事態を受けて、最終的に番組は打ち切りへ…。

筆者も、この番組の『歌声見極めダービー』が好きで観ていたのですが、何の前触れもなく、突然番組終了…。

たまたま、番組表をみて"終"の文字が入っていたことに驚き、調べると、ヤラセ問題が発覚!

それも、番組出演し、対戦していた出演者が虐げられてしまうほどのひどいヤラセで、告発を受けたとニュースにもなりました。

その光景を後で知り、筆者自身、

『一体は何をやっているんだ!』

と、嘆くばかりでした。

ヤラセが人間観察バラエティ『モニタリング』にも

そして、同じくTBSにて、バラエティ番組『モニタリング』でのヤラセも発覚!

それも、噂とかいうレベルではありません。

完全に証拠写真も流出し、事態は騒然となってしまったわけです。

では、どんなヤラセが発覚したのか…。

それは、2015年2月に放送された

『路線バスに変なルールがあったら…』

というドッキリ企画でのこと。

この企画は、

一般人に突然変な路線バスの習慣を見せて、どのような反応が返ってくるか

をモニタリングする企画だったそうです。

しかし、後々になって、このドッキリを仕掛けられた一般人が、芸能事務所に所属するタレントだったと判明。

しかも、事前に企画を把握し、演技していたというのです。

視聴者は、ドッキリとしてみているのに、これがヤラセだというのですから、こんなひどい裏切り行為はありませんよね。

まぁ本当に打ち合わせしていたかどうかは別としても、その人物が、芸能人であることを示す宣材写真が公開されていたことは事実。

そのことを考えれば、十分ヤラセと言うことは言えるでしょう。

実際に評判としても、この一件に限らず、他にも多数のヤラセがあるらしく、とにかくひどいと評判…。

BPO(放送倫理・番組向上機構)では、グレーゾーンと容認

ちなみに、BPO(放送倫理・番組向上機構)は、この一般人になりすましたヤラセ問題に関して、容認している模様。

というのも、

まだ世間に認知されていない芸能人の卵

ということで、グレーゾーンの範疇と見られているようです。

確かに、認知度が高くない芸能人の卵と言われればそのとおりです。

一般人に近い存在として、認められる部分もあるのかもしれません。

とはいえ、ドッキリ企画で明らかなヤラセ部分があったとしたら、それがBPO的にグレーゾーンだとしても視聴者は白けます。

そして、ひどいヤラセが、一つの常識として放送されていたのだとしたら…。

もう、呆れ果てて開いた口がふさがりませんよね。

果たして、このヤラセ疑惑問題は、今後、どのような決着を見せていくのか。

『モニタリング』の動向を、今後も見守っていきたいものですね。

 

モニタリングで一般人を装った人物の写真

人間観察バラエティ『モニタリング』の中で、一般人を装った芸能人の卵がいると、先ほどお話しましたが、それって一体誰なのか?

おそらく、みなさんはヤラセの真相よりも、そちらの方が気になるのではないでしょうか。

その人物とは、細田悠生さんという方らしく、所属事務所の公式サイトにも写真が掲載されていたそうです。

細田悠生

細田悠生

ただ現在は、ヤラセ発覚が原因なのか、彼自身が事務所を辞めたのか、その経緯は分かりませんが、写真は削除されています。

とはいえ、このようなヤラセが発覚してしまったことは、『モニタリング』としては致命傷になりかねないと思います。

そして、ますます、テレビに対する信用がなくなり、テレビ離れする若者が増えていく一方となるでしょう。

一体いつになったら、テレビが視聴者の信頼を取り戻し、再び関心を持ってもらうようになるのでしょうか。

もう一度、原点に戻り、真摯な態度で番組制作に取り組んでほしいものです。

『モニタリング』のヤラセはなぜ発生したの?

一つは、

コンプライアンスが厳しすぎる世の中になったこと

が挙げられます。

世の中では、ちょっとしたことでパワハラ・セクハラなどハラスメントが取り上げられ、少しでも関わった人物が、批判の矢面に立たされていますよね。

もちろん、ニュースなどで取り上げられている人物は、かなり悪質なパワハラ・セクハラをしているので、擁護する気にもなりません。

ただ一方では、

ドッキリの対象となった人にドッキリが一切通用せず、反感を受け、ハラスメントと訴えられるケース

も増えてきているみたい…。

なので、人気のイケメン俳優が登場するドッキリや、事前に仕掛け人の友人をターゲットとし、後で承諾が受けやすい状況を作る工夫が求められる…。

ここまで工夫を凝らさないと、ドッキリ番組は成立しないというのです。

そのため、一般人をターゲットにドッキリは仕掛けづらく、芸能人の卵をターゲットにしてごまかさざるを得ないのです。

もちろん、知名度の高い芸能人をターゲットにドッキリを仕掛けるのも悪くはないと思うのですが、それだと、ヤラセのイメージが拭えません。

突然、一般人相手にドッキリを仕掛けて、その反応を楽しむ趣旨の企画だからこそ、ドッキリにリアリティがもたらされるのです。

そのことをわかった上で、この手のヤラセは行なわれているようです。

コンプライアンスの厳しさは言い訳でヤラセはNG

ただ、だからといってヤラセが仕方ないと誰も容認はしてくれません。

当然、発覚しようものなら、視聴者はテレビに信頼が持てず、離れていってしまいます。

と言うか、そもそも

バレなければやっても良い

という考えを持っている事自体が問題なのです。

モニタリングは、そのことへの配慮が全く足りていなかったと思われます。

本来ならば一番求められる番組制作に対する真摯な対応が、ことごとく欠けてしまっていて、面白ければ何をしてもOKと考えてしまった…。

そういった諸々の背景が、これほどまでにひどいヤラセを行なわせた一番の原因なのかもしれませんね。

もちろん、いろいろ事情があるのは分かります。

だからといって、真摯な態度が見られなくなったら、誰もテレビを信頼して見ようとは思わなくなります。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

人間観察バラエティ『モニタリング』で、芸能人の卵を一般人と称してドッキリ企画を放送したヤラセが発覚…。

その光景を見た視聴者から、

「ひどい!」

と大ブーイングとなりましたが、その裏では、ちょっとしたドッキリでも反感を持たれてしまう裏事情も…。

ただ、理由がどうであれ、堂々とヤラセをして良いわけではありません。

ヤラセが発覚したら、当然テレビへの信頼が薄れます。

それは、報道番組にまで影響し、ニュースですら嘘と思われてしまい、意外なところで風評被害が発生してしまうことも…。

それだけに、番組制作サイドは真摯な態度で、番組制作に携わり、ヤラセを行なわないように日々心がけてほしいと願うばかりです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-テレビ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.