ジャニーズ

キンプリの歌唱力の評判は?下手過ぎて口パクデビュー炎上の真相

更新日:

ジャニーズ事務所の新アイドルグループ『King&Prince』(以下キンプリ)が、2018年5月23日にCDデビューを果たしました。

そして、デビュー日にキンプリが『ZIP!』に登場し、生歌を披露…。

と思ったのですが、なんと、その歌が口パクだったことが判明。

ファンからも大きな落胆の声が挙がっています。

生歌を聴かせられる実力がないほど下手なら、まだテレビでの生歌披露は時期尚早だったとしか言えません。

ただ、そうでなかったとしたら、あんな下手な口パクをさせたジャニーズサイドの方針に疑問を覚えます。

当記事では、ジャニーズ事務所の新アイドル『キンプリ』について、歌唱力の評判や、口パクデビューで炎上騒動の真相を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

King&Prince(キンプリ)とは?

『キンプリ』とは、ジャニーズ事務所の新アイドルグループです。

新アイドルグループとはいうものの、前身となる期間限定グループ『Mr.King vs Mr.Prince』が2015年にされ、活動自体はしていました。

その後、ジャニー喜多川社長に6人がデビュー直訴するなどを経て、2018年にデビューが発表。

一時期はデビュー最有力と言われていたのに、なかなかデビューできず、

「もうダメかと思った」

と思ったこともあったそうですよ。

そしてようやく、『Johnnys’Universe』(ジャニーズユニバース)の第一弾アーティストとして『King&Prince』のCDデビューが決定したのです。

メンバーは、

  • 平野紫耀
  • 永瀬廉
  • 髙橋海人
  • 岸優太
  • 神宮寺勇太
  • 岩橋玄樹

の6人からなります。

ようやく2018年5月23日のCDデビュー日を迎え、それを記念して『キンプリ』は『ZIP!』に出演。

デビュー曲の『シンデレラガール』を披露…のはずだったのですが…。

あまりに下手くそな口パクということで、口パクということもモロバレ。

称賛の声もありながら、批判の声も多く挙がり、ちょっとした炎上状態になってしまうのです。

 

キンプリが『ZIP』で口パクして炎上に?

『キンプリ』が2018年5月23日に『ZIP!』でデビュー曲の『シンデレラガール』を披露したのですが、

それが口パクだった

ということで批判を浴び、ネット上ではかなり多くの落胆の声が聞かれました。

『キンプリ』はなぜここまで批判され、炎上状態になってしまったのでしょうか?

その理由には…

口パクなのも問題なうえに、その口パクもバレバレなくらい下手すぎた

という部分にありました。

もう隠す気がないレベルで、全く口があっていない下手すぎる口パク…。

こんなクォリティの低いパフォーマンスを見せられては、いくらジャニーズファンといえど萎えてしまうでしょう。

「CD音源使ってるなら、別に歌う必要ないよね」

「生放送なのに口パクだったのは残念過ぎる」

「口パクすら下手すぎて萎えるわ」

「歌が下手でもいいから普通に歌ってほしかったわ…」

「バレバレの口パクだし、これだからジャニーズって駄目なんだよ」

と、かなり厳しい声が聞かれました。

とくに、

あまりに口パクが下手すぎる

というところに批判が集中していましたね。

『生歌を披露してほしい!』というのは、ファンの気持ちでしょうし、百歩譲って口パクでも、そうと気づかれないような口パクをやってほしいものです。

それなのに、こんな下手な口パクしかできないうえに、生歌すら披露できないわけですから、落胆も大きいでしょう。

ファンではない視聴者からすると、そこから発展して

歌も下手すぎるのではないか?

という疑いも抱いてしまい、最終的には、

「今まで何の練習してきてたの?」

「歌も下手、口パクも下手って、一から出直してきたら?」

と、

デビューが時期尚早だったのではないか?

という声すら挙がったのです。

実は、『キンプリ』は2018年3月に『CDTV』に出演した際にも口パク疑惑が出ているんですよね。

『明らかに最初と声が違った』

『全く息切れせずに声が変わらなかった』

など、最初の部分だけ生歌で、後は口パクだったことが濃厚になっています。

 

『関ジャニ∞』や『Kis-My-Ft2』が歌唱に重点をおいていただけに、いくら新アイドルグループとはいえ、『キンプリ』の無様さが目立ってしまった形になりました。

そもそも、音楽番組なのに口パクなんて、それならもはや出演する意味がないですからね。

適当にMVでも流しておけばいいだけですし…。

これが、『キンプリ』批判炎上の真相でした。

口パクだけでも批判されてしまうわけですし、その口パクもしっかりできていないのでは、もう何も言えないです…。

そもそも、昔のジャニーズは口パクもせず、しっかり生歌をしていたような気がするのですが…。

今の事務所の方針は、『口パクでもいい』と、視聴者をなめた態度をとるようになったのでしょうか?

口パクさせることは、視聴者やファンへ誠意に欠けていますし、何よりそれで批判の的になってしまうアイドル達本人がかわいそうです。

 

キンプリの歌唱力の評判は?

『キンプリ』の歌唱力の評判は、どうなっているのでしょうか?

まぁそもそもジャニーズアイドルは、ダンスで魅せることも大事な要素の1つなので、歌の上手い人が希少で、多くが下手です。

中には歌唱力としての評価で、『かなり上手い!』と言える人も、もちろんいます。

ただ、そういう例外を除くと、多くはジャニーズの中で上手いレベルなので、歌唱力そのものとして見ると、他に比べればマシレベルなんですよね。

まぁ、アイドルグループを本職のボーカリストと比べてしまっては失礼なので、この記事では、ジャニーズアイドルという括りだけで評価し、ボーカリストとして扱わないことにします。

 

そんな中、『キンプリ』の歌唱力は、どう評価されているのか?

ジャニーズアイドルの中では、比較的歌唱力は上の方だと言われていますが、

全体的に経験の浅さから上手いとは言えない

という評価も見られます。

ただ、歌唱力については

「成長も見られる」

というコメントも多いため、

あと数年もしたらジャニーズアイドルの中でもトップクラスの歌唱力になる

ということは考えられますね。

『キンプリ』は、それくらい、伸びしろを感じるアイドルグループでもあります。

ちなみに、ネット上の評価を見ている限りでは、『キンプリ』の中で、一番歌唱力が高いと評判なのは、岸優太さんみたいですね。

岸優太さんは、ダンスも歌も『キンプリ』の中ではレベルが高いと、ファンはよくSNSなどで感想を語っていました。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『キンプリ』が、デビュー日に『ZIP!』で歌を披露した…と思いきや、披露しませんでした。

何を言っているのかわかりませんが、要するに、口パクだったのです。

しかもその口パクが、口パクだとモロバレするくらい下手…。

『キンプリ』は口パクも下手、口パクしないといけないほど歌唱力も下手なのかと、視聴者からは批判を受けてしまいました。

ただ、それでも『キンプリ』はジャニーズアイドルの中でも歌唱力は高めなのです。

まだスタートを切ったばかりですし、今後の『キンプリ』に期待したいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-ジャニーズ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.