アナウンサー 女優

加藤綾子のドラマ・ブラックペアンでの演技力の評判や評価を紹介

投稿日:

二宮和也さん、小泉孝太郎さん、葵わかなさんをメインキャストに据えて、本格医療ドラマとなったTBSドラマ『ブラックペアン』。

そんな医療ドラマのキーパーソンとして、連ドラ初出演となる加藤綾子さんが起用されました。

正直なところ、彼女は女優としてよりもキャスター・アナウンサーとしてのイメージが強いですよね。

実際に、彼女がドラマにキャスティングされた裏事情まで、ネットで囁かれていますし、彼女の女優としての評価・演技力も含めて気になるところ…。

そこで本記事で、加藤綾子さんの女優としての演技力・評価・評判、ドラマ『ブラックペアン』での起用理由や役どころを探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

『ブラックペアン』での加藤綾子の役どころ

 

単発ドラマや、映画などでのアナウンサーとしての出演はあるみたいですが、連ドラで女優としての出演は初めて、という加藤綾子さん。

そんな彼女が出演しているTBSドラマ『ブラックペアン』。

5話放送終了時点での、平均視聴率は12.96%。

『半沢直樹』、『99.9』など、大ヒットドラマ作品を生み出してきたTBSの日曜21:00枠と考えると物足りなさを感じてしまいます。

ただ、今期のドラマは、いずれも調子が悪い印象なので、そのことを考えると、まずまずの結果ではないでしょうか。

 

さて、そんなTBSドラマ『ブラックペアン』で、加藤綾子さんが演じている役は、木下香織というキャラクター。

では、この人物がどんなキャラクターなのか、もう少し掘り下げて紹介していきましょう。

ブラックペアンで『木下香織』を演じた加藤綾子の役どころ

木下香織という人物は、元看護師で治験コーディネーターという経歴の持ち主。

医師・看護師という立場で、医療業界に携わっているわけではありません。

しかし、治験コーディネーターという視点で、医療業界を牽引している女性ではあります。

新薬や機器開発の治験の窓口になっている女性で、佐伯教授(役:内野聖陽さん)や、渡海征司郎(役:二宮和也さん)と対等に渡り合っています。

さらに、高階権太(役:小泉孝太郎さん)とも接触するキーパーソンでもあるので、彼女の演技力によってドラマの評価が左右されることも…。

それだけに、加藤綾子さんにとっては大きな挑戦と言ったところでしょうね。

 

加藤綾子が『ブラックペアン』に起用された裏事情

 

加藤綾子さん自身、ドラマ・映画に全く出演したことがないわけではないものの、本格的な女優としての連ドラは、今回が初出演。

そんな彼女が、なぜTBSドラマ『ブラックペアン』に起用されたのでしょうか?

もちろん、その理由は、ドラマのキャラ設定にあわせて、キャスト選びした結果なんだと思いますが、一部では、意味深な裏事情も囁かれています。

ドラマ『ブラックペアン』に出演する加藤綾子にまつわる意味深な裏事情

どういうことかと言うと、加藤綾子さんが、

有名俳優が所属する芸能事務所に所属していること

が影響しているようです。

ちなみに、加藤綾子さんの所属事務所は、ジャパン・ミュージックエンターテインメント。

ユースケ・サンタマリアさんや篠原涼子さんなども所属している有名芸能事務所です。

実は今回、TBSサイドとしては、どうやら事務所に恩を売る形で、加藤綾子さんへのオファーをしているみたい…。

つまり、

彼女を新人女優として起用する代わりに、次は事務所の看板俳優をブッキングさせてね!

といったところなのでしょう。

制作サイドと芸能事務所の恩の売り買いはよくある話…

もちろん、これは完全なる噂の領域で、どこまで本当なのかは分かりません。

まぁバーターとして出演させる話や、恩の売り買い的なキャスティングは、よくある話です。

実際にコネで、キャスティングされてチャンスを得て、そこから大物へと成長していく俳優も数多くいます。

なので、あながち嘘とも言いきれない話ですが、いずれにしても加藤綾子さんにとって、大チャンスを得ているのは事実。

それだけに、このチャンスを活かして、女優として大きく飛躍するきっかけにしてほしいですね。

 

加藤綾子の演技力の評判・評価は?

今回、連ドラとしては初出演の加藤綾子さんですが、彼女の演技力は、視聴者たちにどのような評価(評判)を受けているのでしょうか。

実際に調べてみると、滑舌の良さなど基本的な部分では評価されているものの、

芝居としては、あまり評価されていない

というのが率直なところ…

やはり、良くも悪くもアナウンサーの域を脱していない評価をされているみたいですね。

実際に評価が高かった意見を見ても、その多くが、

『優等生タイプの役なら上手くこなしていくだろう』

といったものばかり…。

まぁ、キャスター・アナウンサーと役者では土壌が違いますからね。

キャリアの低さが演技力の評価・評判に直結している現状…

キャリアの乏しい彼女が役者として絶賛されるには、もう少し時間が必要ということなのでしょう。

それは、東山紀之さんに対するキャスターとしての評価に似たものかもしれません。

彼の場合は加藤綾子アナとは逆に、アイドル・俳優としての実績は高いものの、キャスターとしての実績はこれからといったところです。

おそらく、キャスター・俳優の二刀流を成功させているのは、関口宏さんくらいだと思いますし、関口さんと比較したらキャリアの差は歴然。

それだけに、まぁ彼女のこれからを見てあげたいなといったところですね。

あくまで、女優としては、これからが期待の加藤綾子さんだけに、この『ブラックペアン』の出演が女優としての転機になることを期待したいです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

事務所と制作サイドの絡みもあり、恩を売る形でキャスティングされ、ドラマ出演が決まった噂もある加藤綾子さん。

もちろん、それは噂で、本当は『ブラックペアン』で彼女が演じる、治験コーディネーター・木下香織という、キャラに合わせたものと思われます。

ただ、女優としてのキャリアは低く、そのためキャラを演じていくことに不慣れな部分も出ているため、そのような噂も出てしまうのかもしれません。

彼女の演技力に対する評価・評判も、まだまだアナウンサーとしての領域を脱することができていない評価にとどまっている模様。

演技という部分は、まだまだこれからなので、今後に期待と言ったところでしょうね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-アナウンサー, 女優

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.