サッカー サッカー選手

忖度ジャパンの日本代表メンバーは年功序列?中島翔哉が落選の理由

投稿日:

遂に、サッカーロシアW杯に向けた、代表選考前の最後の親善試合ガーナ戦が始まろうとしています。

基本的には、この試合の代表に選出された27名の中から、最終23名を選考するそうです。

ただ、その基準となる27名の選出には違和感だらけ…。

中島翔哉選手が落選し、怪我などを理由に試合にも出られていない選手が選出するという意味不明な結果に、驚きを隠せないファンも続出…。

その結果、

  • 年功序列の選出
  • 忖度ジャパン

と揶揄され、炎上騒動になっている模様。

では、なぜこのような忖度ジャパンとなってしまったのか。

また中島翔哉選手が落選した理由なども踏まえて、本記事で探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

忖度ジャパンとまで言われたサッカー日本代表27名

いよいよワールドカップを後一ヶ月に控え、2018年5月30日に行なわれる親善試合・ガーナ戦を迎えようとしているサッカー男子日本代表。

監督も西野朗監督に変わり、数少ない貴重な親善試合を迎えようとしています。

しかし、その日本代表に選ばれたメンバーは、

GK

  • 川島永嗣
  • 東口順昭
  • 中村航輔

DF

  • 長友佑都
  • 槙野智章
  • 吉田麻也
  • 酒井宏樹
  • 酒井功徳
  • 昌子源
  • 遠藤航
  • 植田直通

MF

  • 長谷部誠
  • 青山敏弘
  • 本田圭佑
  • 乾貴士
  • 香川真司
  • 山口蛍
  • 原口元気
  • 宇佐美貴史
  • 柴崎岳
  • 大島僚太
  • 三竿健斗
  • 井手口陽介

FW

  • 岡崎慎司
  • 大迫勇也
  • 武藤嘉紀
  • 浅野拓磨

以上の27名。

このメンバーを見て、みなさんは何を感じましたか?

実際に『忖度ジャパン』とまで揶揄されてしまうほど、懐疑的なメンバーが集まってしまいましたよね。

西川周作の落選という意味不明な選考

まずGKの1番手として、川島永嗣選手が選ばれるのは分かるのですが、東口選手や中村選手よりも結果を残した浦和レッズの西川周作選手が落選…。

実際に浦和レッズの今シーズンの状態はよくありませんが、それは攻撃側の問題です。

失点に関しては、13失点と、G大阪・柏と比較しても少ないです。

もちろん、それぞれのチーム事情もあるでしょうし、 西川周作選手だけの功績ではないので、なんとも言えません。

ただ、それでもGKの2番手という印象は強く、彼が落選する理由が分かりません。

続いてDFですが、まぁこのポジションは完全に選手層が薄いので、選ばれた8名で異論はないです。

MF選考は忖度ジャパンの象徴?

次にMFですが、はっきり言って疑問だらけ…。

代表戦でも調子が良かった中島翔哉選手。

ベルギーに渡り、戦力としてコンスタントにパフォーマンスを発揮している森岡亮太選手。

その他にも小林祐希選手や、久保建英選手、堂安律選手、伊藤達哉選手など、まだまだ候補はたくさんいるはず…。

それなのに、ブラジルW杯とそれほど代わり映えしていないのは、全く意味が分かりません。

それこそ、

年功序列の忖度ジャパン

と言われている一番の所以と言えるでしょう。

最後に、FWにおいても久保裕也選手や小林悠選手など他にも候補がいる中で、代わり映えしない4名が選出されています。

話によると、小林悠選手に関しては、怪我もあり、どうしてもリストから外さざるを得なかったみたいなので仕方ありません。

ただ、久保裕也選手を外す意味合いはよく分からず、ここでも、忖度が伺えているような気がしてなりません。

慎重さゆえの選考にしても現在のパフォーマンスを無視しすぎ

一応、石橋を叩いても渡らないほど慎重を喫した代表メンバー選考の結果なのだと思われますが、それにしても違和感だらけ…。

正直なところ、香川真司選手、井手口陽介選手の二人は、怪我やスタメン落ちなどの理由で、あまり試合に出られていないのになぜ選出?

そして、パフォーマンスよりもネームバリューを重要視した、忖度ジャパンと成り果ててしまった…。

そんな印象を受けたサッカーファンも多いはずです。

この意味不明な代表メンバー選考を受け、多くのサッカーファンが日本代表に対して匙を投げてしまっているのだと思いますよ。

 

中島翔哉が日本代表メンバーから落ちた理由

中島翔哉

中島翔哉

先程もお話したとおり、今回のガーナ戦で、中島翔哉選手に限らず、これまでパフォーマンスを見せ続けた選手ばかり落選しているサッカー日本代表。

正直なところ、その理由がまったくもって理解できず、日本代表に対して強い憤りを感じているファンも多いと思います。

では、なぜ中島翔哉選手並びに、他の有力選手が落選する一方、香川真司選手など、ほとんど試合に出ていない選手が選ばれたのか…。

代表選考の基準はポリバレント(ユーティリティ性)

その一つには、これまでの実績を踏まえた上での

ユーティリティ性の違い

が挙げられています。

もちろん、これは西野朗監督の判断によるものですが、香川真司選手は、いろんなポジションができ、替えの聞かない選手と判断されている模様。

そのため、ガーナ戦では選出して様子見し、パフォーマンスが戻らなかったら替える(そのため追加招集も可能性あり…)と考えているようです。

一方、中島翔哉選手に対しては、

「一年間ポリバレント(複数ポジションをこなすユーティリティ性)できていない」

と判断され、代表メンバーから外したんだそうです。

中島翔哉がポリバレントできていないのは嘘?

しかし、筆者自身、どうみても中島翔哉選手がポリバレントできていないとは、とても思えないのです。

実際に途中出場ながら、親善試合(マリ戦)で同点ゴールを入れたのは、他ならぬ中島翔哉選手です。

代表戦でも結果を出し、自身が所属するポルトガルリーグでは、

4つのポジションをこなしながらも結果を出している

という話も聞きます。

さらに、元浦和レッズに所属、現在、中島翔哉選手の所属するクラブ『ポルティモネンセ』のテクニカルディレクターを務めるポンテさんも激怒。

西野監督に対して判断ミスをしているか、それとも何かしらの手心が加えられているかと感じているみたい…。

それだけ、中島翔哉選手の落選は、誰もが疑問を持つ事案なのです。

香川真司の現在のパフォーマンスは中島翔哉以下

しかも、香川選手は怪我などの影響で、ほとんど試合に出ていないのに選出しているとくれば、誰もが納得いかないのも当然ですよね。

忖度ジャパンと言われている要因は、まさにここです。

パフォーマンスよりもネームバリューで選んでいるのかと思われているのです。

もちろん、誤解であってほしいですが…。

いずれにしても、差し替えもあると言っているので、もう少し動向を見守ろうと思います。

そして、ロシアW杯本番への代表選考23人は、何があっても間違えることなく、しっかり戦える選手を選んでほしいですね。

 

忖度ジャパンは年功序列という印象

もはやサッカー日本代表と言うより、忖度ジャパンと呼ばれてしまっている感が強いのですが、どうしても年功序列の印象も拭えませんよね。

それこそ、中心となる選手が、ブラジル・ワールドカップの中心メンバーとあれば、これまでの4年間は何だったのかと言いたくなります。

もちろん、選手層が薄くて誰も呼べなかったのであれば、どうすることもできませんし、ファンも納得したでしょう。

ネームバリュー先行の代表選考

しかし、現実は異なり、これまでの代表戦や、海外サッカー、Jリーグでの結果を見る限り、他の有力選手はたくさんいます。

それなのに、彼らを差し置いて、香川真司選手をはじめとする、あまり試合に出られていない選手が起用されている…。

まるで、それは年功序列と言わざるを得ない状況です。

これで、日本代表がロシアワールドカップに勝てるというのか…。

そもそも、このメンバーで、全力をもって戦うことなんてできるのか…。

あくまで筆者の印象でしかありませんが、はっきり言ってバックパスの嵐が巻き怒り、あっさりグループリーグで負けるのがオチでしょう。

もうネームバリューで代表を選ぶ時代は、とっくに終わっています。

そのことを西野朗監督がいち早く築き、代表選びを含め、修正してくれることを願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

サッカー日本代表の西野朗監督が、次の代表戦(ガーナ戦)に向けて27名の代表を選出し、その中からロシアW杯の日本代表メンバーを選ぶと発表。

しかし、フタを開けてみれば、試合で結果を出した選手よりも、試合にもろくに出ていない選手が選ばれる最悪の事態に…。

そのために、『忖度ジャパン』と揶揄され、ちょっとした炎上騒動にもなっています。

中島翔哉選手をはじめ、落選してしまった選手達の理由は、

ユーティリティの欠如

といったところみたいですが、その回答にも疑問が残ります。

やはり年功序列やネームバリューで決めた部分も大きいように思います。

今の現状を観て、しっかり代表選出してほしいと願うばかりですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-サッカー, サッカー選手

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.