言葉の意味・語源・由来

体育座り・体操座り・三角座りの地域による言葉の違いと語源を調査

投稿日:

体育の時間、先生の話を聞くときにしていたあの座り方。

全校集会でも、この座り方をしていませんでしたか?

「先生の話が長くなると腰が痛かった」

「冬になるとおしりが冷たくて」

などの記憶がよみがえってきます。

お尻を地面につけて、ひざを三角形に立てて、両手で抱えている座り方でしたよね。

実はこの座り方、地域によって呼び名が違っているそうなのです。

みなさんは何と呼んでいましたか?

『体育座り』『体操座り』『三角座り』

など、いくつかの呼び名があるのです。

「私はこの呼び方をしていた」

「この呼び方は知らない」

と思う人もいるでしょう。

なぜ呼び名が違うのでしょうか。

今回は『体育座り』『体操座り』『三角座り』の地域による呼び名の違いや語源について調査していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

『体育座り』『体操座り』『三角座り』の地域による言葉の違い

体育座り・体操座り・三角座り

体育座り・体操座り・三角座り

なぜ地域によって座り方の言葉が違うのか

この座り方は、学校でしましたよね。

そうなのです。

学校で教えられたのが、この座り方のはじまりなのです。

 

この座り方を教えられた卒業生が、多くなるにつれて、広まっていきました。

しかし、学習指導要領にはこの座り方の名前はありません。

なので、

全国的に呼び名が統一されていない

ということになります。

地域によって言葉が違うのには、このような理由があるのでしょう。

さて、2015年に体育の時間のこの座り方について、Twitterでアンケートが行われました。

行ったのは、国語辞典編集者の飯間浩明さん。

最終的に、1400人もの人がアンケートに回答してくれました。

その結果は、

『体育座り』『体操座り』『三角座り』

が主な呼び名だったのです。

『体育座り』

全国的に呼ばれていることが多いです。

学習指導要領には、座り方についての名前がなかったことは説明しましたよね。

でも、教育現場では『体育座り』と載っている手引きや、教材があったのです。

まさに、体育の時間に座るかたちですからね。

このために、『体育座り』は全国的に知られることになったのでしょう。

『体育座り』といえば、ほぼほぼ通じます。

『体操座り』

『体育座り』と同じく、体操の時間に座るかたちですね。

なので、『体操座り』になったのでしょう。

この言葉は、

  • 中部地方
  • 福岡県
  • 兵庫県

に多く使われています。

学校のホームページなどで『体操座り』と載せているところもあり、地域に浸透しているのが分かります。

『三角座り』

関西地方(兵庫県を除く)

に集中して多く使われています。

ということは、『三角座り』は関西弁になるのです。

この事実に気がついている人は少ないようです。

関西出身の人が、『三角座り』といって通じるのは、近畿圏だけなので気をつけましょう。

たとえば

「『三角座り』が東京で言って通じなかった」

というのは、あるある話ですね。

その他として

『体育座り』『体操座り』『三角座り』のほかに少数派の言葉もわかってきました。

いくつか紹介しましょう。

『安座』(北海道・東北地方)

『体育会座り』(山形県)

『箱座り』(山形県)

『お膝抱っこ』(静岡県)

などがありました。

いろいろな呼び名があるのですね。

いずれも、『体育座り』と共に用いられています。

また、幼稚園のときには

『お山座り』

と呼んでいた人も多くいたようです。

体育の授業がないので、呼び名が違うのは仕方ないでしょうね。

 

『体育座り』『体操座り』『三角座り』の語源について

体育座り・体操座り・三角座り

体育座り・体操座り・三角座り

『体育座り』『体操座り』『三角座り』の由来について紹介します。

この座り方は、いつから学校教育に取り入れられたものなのでしょうか。

それについては、昭和40年に作られた『集団行動の手引き』がきっかけになっているようです。

その中の『姿勢』の項目で、

『腰を下ろして休む姿勢』

として、しめされています。

  • ただしゃがむよりも前後方向の安定性が高い。
  • ひざや足を若干離すことによって、左右のバランスも安定する。

などのことから、この座り方が体育の時間に取り入れられました。

さらに、全校での朝礼や集会、野外活動などでも、この座り方が用いられたのです。

なぜなら、長い時間立ったままだと、

貧血を起こしてしまう生徒

が出てくるからです。

「腰を下ろして休め」

と言うのが合図である、としめされています。

それだけで、この座り方の名前は、特にしめされていないのです。

そのため、『体育座り』『体操座り』『三角座り』などの言葉の違いがでてきたのです。

この他にも呼び名はありますが、

座り方が指示される場面座っているときの形

がもとになって、それぞれの呼び名がつけられていますね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は『体育座り』『体操座り』『三角座り』の言葉の違いについて調査しました。

この座り方に

統一された呼び名がない

というのは意外な結果でした。

また、体育の時間にしていた座り方には、この3つの言葉の他にもたくさんの呼び名のありましたね。

かわいらしい呼び名が多かったのが印象的でした。

日本語は、バラエティー豊かとあらためて感じられます。

言葉の違いから、その地域の個性が見えてくるようです。

「この座り方、なんて呼んでる?」

と、周りの人に聞いてみるのもいいでしょう。

それで、その人のだいたいの出身地が分かるかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.