アルバイト

エキストラのアルバイトのなり方とは?収入やデメリット等を紹介

投稿日:

芸能界にとても興味がある人だと、ドラマや映画のエキストラのアルバイトにも興味があるかもしれませんね。

また、芸能人を直接見たりできるので、ミーハーな人も、エキストラに興味を持つことがあると思います。

しかし、具体的にエキストラの仕事って、どんなことをするのでしょうか?

収入がどのくらいか、エキストラのアルバイトにはなり方なども気になります。

当記事では、エキストラのアルバイトについて、なり方や収入、そのメリットやデメリットについても紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

ドラマや映画などのエキストラのアルバイトのなり方

エキストラとは、通行人、群集など物語で重要性の少ない役を演じる出演者のことです。

ドラマの中で、大通りを歩く人たちとか、怪獣映画で怪獣から逃げ惑う人々といった、いわゆるセットの一部、背景としての役割を担います。

芸能界に憧れる人だと、

「撮影がどんな風におこなわれてるのか体験してみたい!」

「芸能人に会えるから参加したい!」

という理由で、エキストラのアルバイトに参加している人は結構いるみたいですね。

また、参加してみたいけど、なり方がわからない人もいるかと思われます。

実際のところ、エキストラのアルバイトって、どうやったらなれるのでしょう?

 

さっそく紹介すると、エキストラのアルバイトのなり方は、基本的には2つあります。

  • 求人サイトやテレビ局の番組公式サイトで募集しているエキストラ募集のページで応募
  • エキストラ派遣をしている事務所に登録する

という方法の2つです。

求人サイトやテレビ局の番組公式サイトでの募集

1つ目は、求人サイトやテレビ局の番組公式サイトでの募集からエキストラになるパターン。

この場合は、どちらかというと

エキストラのアルバイトというよりボランティア

になります。

また、事務所に所属するわけではないので、その案件1回限りの付き合いとなり、また別のドラマなどのエキストラで呼ばれることはありません。

応募自体にお金がかかることはありませんが、

基本的に交通費など全て自己負担

なので気をつけましょう。

 

求人や番組が募集するエキストラの場合は、

「○○歳~○○歳の人募集!」

「若い女性限定募集」

「見た目が怖そうな男性募集」

という、シーンにあった、詳しい人材条件が載っていることが多いです。

後は、採用されたら連絡が届くと思うので、その指示に従って当日に指定場所に集まり、現場の指示に従って演技をした後、解散となります。

事務所所属のエキストラ

2つ目のエキストラ派遣事務所への登録は、事務所所属のエキストラとなって派遣されるというパターン。

エキストラのアルバイト、という意味なら、この事務所所属のエキストラのことを指すことが適切かもしれません。

実際にエキストラとして働き、出演料ももらうわけですし。

事務所に登録するには登録料が数千円くらいのお金がかかり、履歴書での書類面接や、実際に出向いての面接をするところもあるなど、採用形態はさまざま。

ただ、基本的に落ちることはなく採用されますし、複数の事務所に登録しても大丈夫です。

特別な資格もないので、

採用される確率は非常に高いアルバイト

と言えますね。

登録すると、事務所からエキストラの仕事の案件紹介がメールで届いたり、会員用ページに載っている案件リストから自分でエキストラとして応募したりします。

そして、その案件について電話や説明会などで必要な服装や集合時間といった詳細を聞き、その後、当日に集合して現場の指示に従って演技、その後解散…。

という流れになります。

基本的にエキストラのアルバイトをしたいなら、事務所に登録するべきでしょう。

 

エキストラのアルバイトの収入はどのくらい?

エキストラのアルバイトをするうえで気になるのは、収入面ですよね。

エキストラをすると、一体どのくらいの収入が得られるのでしょうか?

………

調べてみると、非常に残念なお知らせをすることになりました。

エキストラのアルバイトは、

収入目的でやるのはおすすめしない

と言えます。

ミーハー精神が強かったり、芸能界やドラマ・バラエティ制作現場の勉強をしたい人でなければ、続かないと思います。

それくらい、給料は期待できないのです。

エキストラの給料体系は事務所によって違いますが、

基本的には固定給で1本いくら、月末にまとめて給料として渡される

という形になります。

そして、給料がいくらになるかは番組によって異なりますが…。

1本1,000円~5,000円

くらいが、大体の相場です。

中には、2時間5,000円というような高い案件もありますが、案件によりけりなので、いつ出会えるかはわからないのです。

しかし、給料だけでなく、その他の出費も含めた収入で見るならば、正直なところ期待はできないんです。

なぜなら、基本的にボランティアと同じで交通費は出ませんし、拘束時間は大体の終了時間は教えてもらえますが、

大体半日くらいは拘束される

と考えた方がいいです。

 

6時間くらいというスケジュール予定になっていても…。

  • 機材の状態の悪さ
  • エキストラ以外の人の演技が上手くいかなかったことでのリテイク
  • 天候状況の悪さ

など、さまざまな条件があって撮影は大体伸びます。

その間、エキストラは自分の番が来るまで、ずっと待機し続けなければなりません。

半日くらいの拘束時間があるのに、5,000円だったら、薄給と言われるコンビニバイトよりも悲惨な収入額です。

それプラス交通費も飛んでいくわけで、エキストラのアルバイトは本当に割に合わないのです。

 

エキストラのアルバイトのメリット・デメリットは?

エキストラのアルバイトのメリットやデメリットについてまとめてみました。

エキストラのメリット

まずは、エキストラのアルバイトをすることによるメリットです。

メリットは、やはり、

芸能界を知ることができる

という点が真っ先に挙げられます。

基本的に、普通に生活していると芸能界の仕事に関わることはまずありません。

さらに芸能人を間近で見る機会ができるだけではありません。

エキストラのアルバイトをすることで、

  • 普段は見られない幕間やNGシーン
  • 芸能人が1つの収録にどれだけの念入りな準備や姿勢で臨んでいるか

という部分も見られます。

ドラマやCMが、どんな風に作られているかというのを、メイキングでも映らない部分まで見ることができますし、とても貴重な体験だと思います。

将来は『役者になりたい』という人は、プロの演技を見ることもできるので、非常に勉強にもなるでしょう。

エキストラのデメリット

続いては、エキストラのアルバイトのデメリットです。

正直なところ、デメリットの方が多く、そしてかなり自分への負担が大きいです。

エキストラのアルバイトをやりたい場合は、デメリットもしっかり頭に入れておきましょう。

 

まず1つ目のエキストラのアルバイトのデメリットは、

待ち時間が長い

ということ。

数秒のシーンのために5~6時間待つことは普通にあります。

その間に何かできるわけではありません。

ただひたすら待ち続けなければいけないため、その日は1日空けなければいけません。

割に合わない仕事で、1日をつぶさなければいけないのは、本当に辛いところです。

 

冬場や夏場だと、さらにかなり厳しい労働環境になります。

エキストラは待遇がよくないため、防寒具などは当然ありません。

猛暑や極寒の中で待機し続ける必要があるので、体力がないと長く続けられないでしょう。

 

2つ目のエキストラのアルバイトのデメリットは、

時間が不規則

ということです。

先述したように、エキストラは機材トラブルや役者のリテイクなどがあるせいで、時間が読めないケースが多いアルバイトなのです。

そのため、朝来たのに終わったら夜になってたという場合も…。

事前に終了時間を聞いてしまっていると、延びる度に精神的に疲れてしまうので、忍耐強い人でないとエキストラのアルバイトには向いてないかもしれません。

ただ、終電がなくなってしまう時間になった場合は、

タクシー券を支給してもらえることがある

ので、そこはまだ救いがあると見るべきだと思います。

また、集合時間が朝だったり深夜だったり、かなり不規則なのもデメリットと言えるでしょうね。

さらに言えば、案件そのものもいつ来るかわからないというほど不定期です。

急に前日になって

「明日どうですか?」

と連絡が来たりするので、決まった時間にエキストラとして働くのは難しいです。

 

3つ目のエキストラのアルバイトのデメリットは、

費用の自己負担

という部分です。

さきほど、交通費は自費になると言いましたが、実はまだ自己負担でお金が減っていくものがあります。

それが…

衣装

です。

エキストラのアルバイトに応募して、その案件に採用された場合、時間などと一緒に、当日着用してほしい服装も連絡されます。

仮に指定の服装がなかった場合、指定された条件に合った服を新しく買わなければならないのです。

無計画にエキストラのアルバイトを受けまくると、交通費と必要な衣装代で大赤字!ということもありえるため、注意が必要ですよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、エキストラのアルバイトについて、なり方や収入面、メリットやデメリットなどを紹介しました。

エキストラのアルバイトがどんなものかまとめるとするならば…。

芸能界を体験できることに大きな意義を感じる人でない限り、全く割に合わない仕事

ということですね。

たしかに貴重な体験ができます。

でも芸能界志望だったり、芸能人を見ることが趣味というミーハーな人でもない限り、エキストラのアルバイトは全く割に合いません。

守秘義務もあるから内容も喋れませんしね。

  • 時間拘束は長い
  • 衣装代や交通費は自己負担
  • 給料は安い

と労働環境だけならブラックアルバイトそのものです。

収入のためにアルバイトをするのなら、エキストラは間違いなく向かないと思いますよ。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-アルバイト

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.