ガジェット 雑学

スマホで公共料金をお得に支払う方法!LINEPayの使い方をチェック

投稿日:

linepay1

生活するうえでどうしても避けることのできない、公共料金の支払い。

口座振替や、カード払いなど様々な方法での決済が可能ですが、コンビニなどで請求書の支払いをしている人も少なくないでしょう。

しかしこの場合は、わざわざ現金を持ち歩いてコンビニなどに行く必要があり、少し手間がかかりますよね。

 

そこで、公共料金を支払うおすすめの方法として『LINE Pay』の利用があります。

LINE Payのサービスを使うことで、どこでも簡単に、しかもお得に公共料金の支払いを行うことができます。

 

この記事では、

LINE Payの使い方やそれを利用した公共料金の支払い方法、そのメリット

などを紹介します。

スポンサーリンク

LINE Payの使い方

LINEがインストールされているスマホさえあれば、簡単にLINE Payを利用することができるようになります。

LINE Payを使うまでの流れ

  1. LINEの『ウォレット』メニューから『LINE Payをはじめる』を選択します。
  2. 利用規約に同意すると『LINE Pay登録』が完了します。
  3. 画面に従って、決済や送金をする際に必要なパスワードを設定します。

この設定が終わると、

  • LINE Payへのチャージ
  • LINE Pay加盟店での決済

を行うことが可能になります。

LINE Payにお金をチャージする方法

以下の方法で、LINE Payにお金をチャージすることができます。

  • コンビニの端末を利用してチャージする。
  • 銀行口座を登録し、LINE Payの口座へチャージする。
  • LINE Payの最低残高を設定し、それを下回った際に、登録した銀行口座からオートチャージする。(自動)
  • LINE Payカードを使って、店舗のレジでチャージする。

なお、LINE Payカードはチャージ式のプリペイドカードのこと。

LINEのアプリから申し込みをすることで、指定した住所にカードが届きます。

このカードは、チャージだけでなく決済の際にも使うことができるため、持っていればスムーズにLINE Payを利用しやすくなりますよ。

LINE Payで決済する方法

LINE Payの口座にチャージされた残高を使って、様々な加盟店で決済をすることができます。

  • LINE Payカードを使う(JCB加盟店であれば可能)
  • バーコードを提示して、レジで読み取ってもらう(LINE Pay加盟店店舗でのみ可能)
  • オンラインで、決済手段としてLINE Payを選択する(オンラインのLINE Pay加盟店でのみ可能)

LINE Payでは、以上の方法で決済をすることが可能です。

LINE Payでできること

LINE Payではチャージや決済以外にも、

  • LINE Payに加入している友達への送金
  • LINE Pay残高の銀行口座への出金

などを行うことが可能です。

とくに、

友達への送金機能

は、相手の銀行口座を知らなくても使えるため、一時的に借りたお金を返す場合などに便利です。

 

なお、これらの機能を利用するためには、銀行口座の登録による本人確認が必要となります。

 

LINE Payで公共料金を支払う方法

linepay2

  • LINE Payを利用できるスマホ
  • 公共料金の請求書

この二つが手元にあれば、簡単に公共料金を支払うことが可能です。

LINE Payを利用して公共料金を支払う流れ

  1. 『LINE』アプリのメニューから『LINE Pay』を開き、『請求書支払い』を選択します。
  2. 画面内の案内を読んで『次へ』を選択します。
  3. バーコードリーダーが立ち上がるため、手元にある公共料金の請求書のバーコードを読み取ります。
  4. 請求内容が表示されるため、確認してから『決済』→『○○円の決済を行う』を選択して支払いを行います。
  5. LINE Payを利用するためのパスワードを入力します。
  6. 支払いが完了し、LINEアプリに支払い完了のメッセージが届きます。

以上の方法で、LINE Payの残高を利用して、公共料金の支払いを完了することができます。

LINE Payに対応している請求書

現在、LINE Payの請求書支払いサービスを利用可能なのは

  • 東京電力エナジーパートナー
  • 電算システム

の請求書のみとなっています。

ただ今後は、

  • SMBCファイナンスサービス
  • 三菱UFJファクター

に対応することも予定されています。

将来的には、幅広い請求書支払いにも対応できるサービスとなるでしょう。

公共料金の支払いにLINE Payを使うメリット

LINe Payを利用すれば、時間や場所を選ばずに公共料金の支払いが可能になります。

銀行口座を登録していれば、自宅でチャージをすることも可能で、コンビニなどに行かずとも決済することができるのです。

また、LINE Payカードの使用などで貯まるLINEポイントを、今後は請求書支払いにも利用することができるようになる見込みです。

スポンサーリンク

 

まとめ

LINE Payでは請求書のバーコードを読み込み、パスワードを入力するだけで、簡単に公共料金を支払うことができます。

時間や場所を選ばずに決算が可能であるほか、今後はポイントを利用することもできるようになる予定です。

さらにこれから、このサービスを利用可能な請求書の種類が増えていく見込みであるため、早いうちから利用方法を覚えておいて損はないでしょう。

またLINE Payを利用することで、様々な加盟店での決済や友達への送金なども簡単に行うことができます。

新しい公共料金の支払い方法をいち早く覚えて、日々の生活が少しでも楽になってくれることを願っています。

-ガジェット, 雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.