意味の違い

規定と規程と規則の違いとは?言葉の使い方や使い分けをチェック

投稿日:

かたる男性

かたる男性

規定と規程と規則は、どれも決まりごとに関する言葉ですね。

ただ、どれも似たような意味があるように思えて、きちんと使い分けようとすると、よくわからなかったりしますね。

とくに『規定』と『規程』は、読み方は同じで、字が違うだけです。

その違いは、『定』と『程』だけです。

「どちらでもいいのでは?」

と思ってしまいますね。

しかし、規定と規程と規則は、厳密にはそれぞれ指し示すものが異なります。

その違いを知ってしまえば、使い分けは意外と簡単です。

ぜひ確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

『規定』と『規程』の違いは?

まず、それぞれの言葉にどんな意味があるのかを見てみると、規定には

『物事を一定の形に定めること』

という意味があります。

一方、規程には

『一定の目的のために定められた一連の条項の呼ぶ語』

という意味があります。

この言葉の意味から見てみると、

規定には『物事の枠組み、ルールを決める』

規程には『複数のルールをまとめた物の呼び名』

といった意味合いがあるようです。

とくに、この2つの言葉で分かりやすい違いは、規程が『複数のものをまとめた』ものであり、規定が『個別の物事の枠組みを決めたもの』であることです。

 

規定と規程の違いをもっと簡単に表すと、このようになります。

『規定』・・・個々の決まりごと

『規程』・・・個々の規定をまとめた、一連の決まりごと集

規定は規程の中の個々の条文になります。

規定と規程の関係を、もっと簡単なもので例えると、規定が1枚の書類だとすると、規程はこれをまとめて入れるバインダーになります。

 

『規定』と『規程』と『規則』の違いは?

規定と規程の違いは先ほど述べたように、規定が個々の決まりごとを表し、規程が規定をまとめたものになります。

ここには、規程が規定を含む、

『規程>規定』

という関係性があります。

では次に、規則とはどんなところが違うのかというと、規則はさらに規程をまとめた集大成的な意味を持ちます。

規則には、

『国会以外の諸機関によって制定される法の一種』

という意味があります。

このことから規則は、特定の機関で法として位置づけられるようなもの、と捉えらえることができます。

 

規定と規程と規則の関係性を簡単に表すと、

『規則>規程>規定』

になります。

先ほど例えとして、規程を『バインダー』、規定を『書類』としました。

この例えに規則を加えると、規則は『バインダー』を収める『キャビネット』といったところになります。

 

『規定』と『規程』と『規則』の使い方!具体例を紹介

ここでは、身近な例として就業規則を使って、『規定』と『規程』と『規則』の使い分けを見てみたいと思います。

就業規則とは、働く上で守るべきルールや労働条件を定め記したものです。

この就業規則は会社側が決めたものになります。

実際に会社と労働契約を結ぶ際に、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

この就業規則の個々の内容は会社ごとに異なります。

しかし、どんなものでもその構成は就業規則という大きな枠組みの中にカテゴリーとも言える規程があり、その規程の中に規定が存在しています。

もっと分かりやすく具体的に言うと、就業規則の中には人事に関する『人事規程』、賃金に関する『賃金規程』、経理処理に関する『経理規程』などの規程があります。

そして、各規程の中には、第○条というような細かな決まりごとが記載されている規定があります。

この就業規則の規則と規程と規定の関係をもっとわかりやすく例えると、こんな感じになります。

就業規則というキャビネットの中に人事規程、賃金規程、経理規程などのファイルがあり、各規程の中に規定というページがある。

『規定』と『規程』と『規則』の関係は、このようなものになっているのです。

 

『規定』と『規程』と『規則』を簡単に使い分けるには

『規定』、『規程』、『規則』、言葉が似た感じですから混乱するかもしれませんね。

そこでおすすめなのが、言葉をイメージで捉えてみることです。

『規定』、『規程』、『規則』の3つの言葉をイメージで捉えて、規則が『大』、規程が『中』、規定が『小』と捉えておくと、使い分けしやすいかもしれません。

例えば、イメージとして、この3つの言葉を『箱』として捉えてみます。

一番大きな箱が『規則』です。

次に大きいのが『規程』です。

もっとも小さい箱が『規定』とします。

そして、『規則』という大きな箱に『規程』という中サイズの箱が入り、『規程』という中サイズの箱に最も小さい箱である『規定』が入っている。

こんなふうに言葉をイメージとして捉えてみると覚えやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『規定』と『規程』と『規則』は、似たような言葉ですが、厳密にはそれぞれ意味するものが違います。

『規定』は個々の決まりごとを指し、『規程』は規定をまとめたフォルダーのようなもの指します。

そして、『規則』は、さらに規程というフォルダーをまとめて入れるキャビネットのようなものを指す言葉になります。

この3つの言葉は、

『規則>規程>規定』

という関係にあるのです。

規則の中に規程が、規程の中に規定が含まれています。

似たような印象の言葉ですが、的確に使えるように使い分けてみてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-意味の違い

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.