著名人

脇坂英理子がやった詐欺事件の内容や手口を紹介!裏の顔がヤバイ!

投稿日:

西川史子さんがバラエティ番組などに出演して以来、何かと女医・タレントとして活躍する方が増え、その一人として登場した脇坂英理子さん。

セクシー女医としてバラエティ番組に出演する他、恋愛指南書などもリリースされ、一時期に注目を浴びていましたよね。

そんな脇坂英理子さんが、2016年7月に医療費の水増し請求詐欺を働き逮捕され、懲役3年、執行猶予4年の判決がくだされました。

この判決には賛否が分かれ、悪質な詐欺を働きながら刑罰が軽いという人も…。

では、脇坂英理子さんが働いた詐欺事件の内容は、どんな手口で悪質と批判されているのか。

彼女の性格や裏の顔もあわせて、本記事で探っていきます。

スポンサーリンク

脇坂英理子の人生を狂わせた詐欺事件の内容

脇坂英理子

脇坂英理子

『サンデー・ジャポン』などの情報番組や、『ネプリーグ』、『Qさま!』などの番組など、いろんな番組にも出演していた脇坂英理子さん。

西川史子さん、おおたわ史絵さんなどの女医タレントと同じくして、女医でセレブなタレントとして、テレビの世界で活躍し始めた脇坂英理子さん…。

何でも、

『使った金額だけ、後で倍以上になって返ってくる!』

なんて話もしていたらしく、ホスト通いも激しくて、相当に豪遊していたそうです。

そんな彼女を見て、番組関係者の多くは、

どこからそんなお金が降って湧いてくるのか?

と首をかしげていたそうですよ。

そんな中、2016年とんでもない事件が勃発してしまいます。

脇坂英理子が起こした詐欺事件

それは、医師として絶対に起こしてはならない詐欺事件でした。

みなさんは『レセプト』って言葉を聞いたことがありますか?

このレセプトは、診療を受けた際の内容の詳細が記載されている明細のことを指します。

 

そこで、『診療費水増し医療請求』という不正請求で、本当は診療していないのに、その点数を水増し、虚偽の請求してしまう…。

その結果、国などから診療報酬をだまし取ってしまう詐欺事件でした。

脇坂英理子さんは、この詐欺に手を染め、

2年間で約7000万円

も、騙し取ってしまったのです。

裏社会から指南も

もともとは、裏社会から指南を受けた形で、彼女は詐欺事件に加担したんだそうですが、次第に自ら手を染めていくことに…。

その理由として挙げられるのが、ホスト通いによって、医療器具のレンタル料すら払えないほど、借金を重ねてしまったためと言われています。

結局、番組関係者が疑問視していた、ホスト通い(豪遊)の資金源は、この不正請求や借金によるものだったみたい…。

それにしても一つの借金が、ここまで人の人生をも狂わせ、犯罪者にまで仕立て上げてしまうとは…。

いろんな意味で怖い話ですね。

詐欺事件に関与していた者たちの末路

結局、彼女に手口を指南していた、

  • 三戸慶太郎被告(50)
  • 東京都杉並区の接骨医院元経営者
  • 千葉県の歯科医院元院長

以上3名が、詐欺事件に関与していた人物として逮捕、起訴されてしまいました。

そして、同じく詐欺事件に関与した脇坂英理子さんも逮捕され、

懲役3年・執行猶予4年

の判決がくだされたのです。

脇坂英理子の現在

ちなみに、現在は保釈され、ブログなども再開しているみたいですが、ライターとして活動していることで批判も殺到しているんだとか…。

というのも、現在、彼女には医業停止命令がくだされているので、

それを違反しているのでは?

と見ている人が多いというのです。

医業は停止しているかもしれませんが、別にライターとして情報提示することは禁じられていません。

ましてや、医師免許を剥奪されているわけでもありません。

経歴として、医師であることを書くことがダメということでもありません。

なので、一切問題はありません。

ただ、この詐欺事件を犯したという事実と、医業停止命令がくだされたという短編的な事実で、誹謗中傷しているのでしょう。

勝手な決めつけで再生のチャンスを潰してしまう世間の冷たい目

一部で、再生のチャンスを与えるなんて話をしていながら、再生のチャンスすら踏み潰すような、このような仕打ちを与えるとは…。

厳罰化するなら厳罰化すべきですし、勝手な決めつけや断片的な事実だけで、面白がって、こんな中途半端に誹謗中傷を繰り返すなんて…。

なんだか悲しい話です。

脇坂英理子の詐欺事件の手口は悪質?

診療してないのに、診療したこととみなして診療代に水増し請求を行う詐欺事件…。

脇坂英理子さんは、その手法を裏社会の人物から指南され、自らお金欲しさに詐欺行為を働いてしまいました。

懲役3年、執行猶予4年と判決がくだりながら、現在は保釈され、ブログなども始めている…。

ただ、多くの人が、

彼女の刑罰は甘い

と激怒するほど、その手口はかなり悪質…。

というのも、彼女が詐欺に利用したのは、

医療費を免除されている生活保護受給者

だsというのです。

生活保護受給者を利用した詐欺事件の悪質な手口

簡単にその手口を振り返ってみると、こんな感じ…。

まず、脇坂英理子さんが、『健康相談』と言う名目で、生活保護受給者に医院に来るように話を持ちかけます。

その際、

「お金払わなくていいし、話をしに来るだけでも良いから医院に遊びに来ませんか?」

と誘うのです。

しかも、『健康相談』という名目上で誘うので、誘われた方としては、

  • 健康上の相談を無料で受けてくれる。
  • なにかしらの悩みを打ち明け、相談に乗ってくれる。

など、精神的なカウンセリングも含め、

無料で治療を施してもらえる!

と喜んで医院に行ってしまうのです。

とくに生活保護受給者の中のお年寄りは、心の支えを失い、誰かに話し相手なってほしい気持ちも持っているはず…。

弱者の心の隙間につけ込んだ医師としてあるまじき行為

そういった弱者の弱みに付け込んで、脇坂英理子さんは上手く誘い、医院に生活保護受給者を呼び寄せることに成功!

すると、全く診療行為を行わずとも、保険証の提示をしてもらっただけで、診療行為をみなしたと嘘のレセプト(明細書)を発行…。

完全に水増しした状態で、国などを相手に水増し請求を行い、詐欺行為を働いたのです。

当然、患者側の多くは、生活保護受給者なので、医療費免除ということもあり、あまり明細書はチェックしていませんし、なかなか詐欺が見抜けない…。

法制度の盲点を付いた、姑息で悪質な手口なのです。

まぁこの手の詐欺事件では、患者と結託して行う場合もありますが、いずれにしても、かなり最低な行為であることは事実。

一人の医師として恥ずかしくないのかと、彼女の心に問いかけたいと思うのは、筆者だけではないでしょうね。

 

脇坂英理子の性格・裏の顔とは?

悪質な行為で詐欺を働きた脇坂英理子さん。

彼女の性格を探ってみると、なんでも、幼少の頃は

とても地味ながら優しい性格

の持ち主だったことが判明。

しかし、イケメンと結婚し、自身のワガママを受け入れてもらったことから性格がワガママになってしまったそうです。

まぁ、

ちょっと羽目がはずれれば、どこまでも転げ落ちてしまうタイプ

なのでしょう。

それは、タレントとして活動していた頃の彼女を見ると、なんとなく分かる気もしてきます。

どこか大胆でオープンな性格で、甘い誘惑に乗りやすいタイプ…。

そんな印象は、多くの人が感じていたそうですよ。

転げ落ちた脇坂英理子の転落人生

そういった性格のため、彼女は、借金返済もせずに、不正請求した金額を、そのままホストに流してしまったのでしょう。

人間は誰しも、大なり小なり心の闇を抱えています。

中には、法では裁かれていない罪を犯したものもいるでしょう。

筆者も、かつて、実の母を傷つける言葉を投げ掛けたことがあります。

その結果、親を泣かせたことも多々あります。

もちろん、ただの喧嘩と言われればそれまでですが、相手を言葉で傷つけたことは事実です。

そして、理由はともかく、その罪にさいなまれることもあります。

反抗期に親に歯向かい、暴言を吐くこともあるでしょうし、赤の他人なら、なおさら傷つけてしまうこともあるでしょう。

そういった弱さを誰もが抱えています。

しかし、多少の罪や弱さを抱えながらも、なんとかそれ以上の罪を犯さず、踏みとどまろうと必死にもがいていく…。

それが人間の良さではないかと思います。

正直、脇坂英理子さんの犯したことは、自身の甘えからくるものであり、許されるものではありません。

弱さに歯止めが聞かず転げ落ちたら、一生転げ落ちて破滅を生むだけでしょう。

それだけ、彼女の犯罪行為は、ただ悲しいと言わざるを得ないです。

脇坂英理子の逮捕時の顔の醜さと裏の顔の怖さ

脇坂英理子

脇坂英理子

たまたま、逮捕された時の彼女のすっぴん画像がニュースで映されていましたが、とても見られたものではありませんでした。

当時の彼女は、それだけ悪に手を染め、人相が悪くなってしまったのだと思います。

そして、裏の顔というか、裏社会とつながり、彼女自身が詐欺行為に及んだことは、恐ろしい話です。

医師と裏社会が繋がり、資金源として医療行為が使われる…。

それも、引き出されているのは社会保険からというのですから、考えただけでもゾッとしますよね。

本当に、こういう負の連鎖的なものが、一刻も早く撲滅していくことをただ願うばかりです。

スポンサーリンク

 

まとめ

かつて医療費の水増し請求詐欺事件を起こし逮捕され、医業停止命令をくだされ、懲役3年執行猶予4年を受けた脇坂英理子さん。

開業していた医院も潰れ、破滅の道を邁進してしまう格好になってしまったわけです。

まぁ生活保護受給者を利用した悪どい手口に手を染め、また裏社会との接点を持ち、犯罪に手を染めたのですから、当然の報いかもしれません。

ただ、根はおとなしく優しい性格だったみたいですし、改心してもう一度出直してほしいです。

そして、今度こそ立ち直り、一人の医師として、あるべき姿に戻って欲しいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-著名人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.